「 民法 」 一覧

家賃 滞納

借金ニュース

払えない...。家賃を滞納してから追い出されるまでの流れと対処法

家賃を滞納しそうな方や、家賃を滞納している方はいますか?家賃を滞納すると、退去になってしまうのか心配ですよね。実は、家賃を滞納してもすぐに退去になることはないのです。この記事では、などについて書いていきます。家賃を滞納したらどうすべきなのか知りたい方は、ぜ...

借金 死亡 返済

借金ニュース

誰が払うの?借金をしている人が死亡したら誰が返済をするのかを解説

 「借金をしている人が死亡したら借金はなくなるのかな?」「代わりに誰かが返済するのかな」多くの人が感じたことのある疑問なのではないでしょうか。この記事では、以下のことについて説明していきます。 借金をしている人が死亡した場合は誰が代わりに返済をするのか...

借金ニュース

借金を引き継ぎたくない...。相続放棄の方法とリスクを徹底解説

遺産を相続するときに、マイナスの財産(借金)があったら自分が借金を背負わなくてはいけないのかと不安になりますよね。「借金を背負わなくてはいけないの?」「借金なんか相続したくないよ」と考えている方も多いでしょう。この記事では、遺産のすべてを相続する単純承認。遺産の一...

個人 借金 時効

借金ニュース

お金に余裕がなく借金が返済できない。時効にして踏み倒す方法とリスク

「借金をしたけど返済ができない」と困っている方はいますか?実は、借金には時効があるのです。借金が時効になってしまえば借金を返済する必要はなくなります。この記事では、借金の時効について説明していきます。借金の時効について知りたい、借金の時効を成立させたいと思っている方はぜひ...

離婚 借金

借金ニュース

離婚したいけど...。別れた配偶者の借金がどうなるのかを徹底解説

「配偶者の借金癖が治らないから離婚したい」「離婚後に配偶者の借金が発覚した」身勝手な借金は夫婦にとって重大な問題といえますよね。この記事では、などについて書いていきます。配偶者のつくった借金に悩まされているのなら、この記事を読んでみてください。トッ...

親 借金 返済

借金ニュース

親の借金を自分が返済しないといけないの?ベストな対処法とは

あなたの両親は借金をしていますか?もしも、親が借金の返済をできなくなってしまったら「自分が肩代わりをしなくてはいけないのか」と焦りますよね。この記事では、に、ついて説明していきます。親が借金をしていて自分に被害がくるのではと不安に感じている方はぜひこの記事を読んで...

負債 借金

借金ニュース

負債と借金の違いが分からない!それぞれの意味と違いを徹底解説

あなたは借金と負債の違いについて理解できていますか?この記事を読んでいるということは、おそらく理解していないということですよね。この記事では、借金と負債の違いやそれぞれの用語について詳しく解説していきます。トップ画像出典:https//www.photo-ac.c...

借金ニュース

債務の意味とは?難しい用語も分かりやすく解説!

債務という単語は聞いたことあるけど、意外と意味は知らなかったりしませんか?お金に関することなので、調べようとしても難しい専門用語が多く出てきて読む気がなくなる経験は多くの方があると思います。私も分からない単語が多いとすぐにブラウザを閉じてしまいます。ですが、知らな...

借金ニュース

【借金時効援用】借金は請求されると時効がなくなる!?

借金が請求などによる時効中断の条件をはじめとした借金の時効援用全般について解説していきます。借金が返せない額まで膨らむと、「できることなら、この借金を0にしたい」、「借金を払わなくてよくなりたい」と思いますよね。その願いが叶います。それが時効援用です。時効の条件を満たし、手続きを行えば、あなたの借金は0になり、支払う義務もなくなります。   借金にも時効はある 「時効」と聞くと、犯罪の時効が一般的ですが、借金にも「時効」があります。 借金の時効のことを「消滅時効」と言います。貸主が借主を放置した状態で一定期間が経過した場合、消滅時効の権利が獲得できます。 消滅時効を成立させるためには、時効の満了と時効の援用手続きの2つを完了することが必要になります。   借金の時効は5年か10年 借金にも時効があることはわかったが、時効はどのくらいなのか、いつから計算するのか、という疑問に答えていきます。 借金の時効は、借主または貸主の条件により、時効消滅までの期間が異なります。その条件とは、借主または貸主のどちらか、もしくは両方が商人の場合です。借主または貸主が商人の場合、商法522条の商事債権により5年となります。反対に、借主または貸主がどちらも商人でない場合、10年となります。 しかし、2020年の民法改正後は、商法522条の削除により、商人でも10年となるので注意です。 ...

借金ニュース

【返済不要】個人が借金の時効を成立させる条件・方法を徹底解説

個人が借金をした場合にも時効があることはご存知でしょうか?ある満たし一定の条件を満たし時効が成立すれば、あなたは借金を返済する義務がなくなります。もしそうなれば、わざわざ自己破産せずに、借金を0にできます。   なぜ、個人の借金に時効があるのか? 一般的に考えて、借金をした人が借金を返す義務がなくなるというのは、おかしいと感じると思います。しかし、長期間借金を返済していなかった場合、借金が時効になり返済義務がなくなることがあるのです。それは以下の理由があるからです。   事実を証明することが困難 借金をした事実が遠い過去になると、請求書や契約書などを紛失している可能性が高まり、第三者に対して、借金をしていたという事実を証明することが困難になります。そうなると、裁判所などで白黒はっきり付けようと思っても、証拠がなくいつまでも平行線をたどってしまいます。 さらに、事実が曖昧だと、二重請求など事実と異なった請求をしてしまう可能性もあります。 これらのことは債権者と取ってもデメリットでしかありません。 社会的混乱を防ぐ 長期間借金を返済していない人は当然、その間借金がない生活をしているといっても過言ではありません。そしてその状態を基に生活が成り立ち、他者とのつながりも増えている事でしょう。 そんな時に、債権者が過去の事実を掘り返してしまうと、例え債権者にはメリットをもた ...

Copyright© DEBIT INSIDER , 2019 All Rights Reserved.