「 踏み倒し 」 一覧

個人 借金 時効

借金ニュース

お金に余裕がなく借金が返済できない。時効にして踏み倒す方法とリスク

「借金をしたけど返済ができない」と困っている方はいますか?実は、借金には時効があるのです。借金が時効になってしまえば借金を返済する必要はなくなります。この記事では、借金の時効について説明していきます。借金の時効について知りたい、借金の時効を成立させたいと思っている方はぜひ...

借金ニュース

【借金踏み倒し】借金を踏み倒す方法とデメリットを徹底解説!

借金の踏み倒しが成功すれば、返済しなくていいのです。借金踏み倒しを考えている方のために踏み倒しの方法とデメリットを解説します。   督促電話を無視し続けたらどうなる? 借金の返済を延滞すると、貸金業者から督促状や督促電話が届きます。督促を無視することは違法ではないですが、無視しすぎると、法的手段をとられる可能性があります。それが訴状や支払い督促などの書類で届きます。この書類を無視すると、差押えなどの強制執行が行われる可能性がありますので、注意して下さい。 詳しくはこちら→【借金裁判・訴状の対応解説】借金返済を滞納すると、裁判になる!?   借金の踏み倒しは可能か? 借金の踏み倒しは理論上可能です。債権者からの督促が無く、法的手段も取られなかった場合、踏み倒したことになります。しかし、そのためには督促状や督促電話を無視するだけでなく、携帯を他人名義に変える、住所を変えるなど様々な対処が必要になります。 実際に踏み倒した例もいくつかあります。その例に共通する点としては、「借金額が少なかった」という点です。 企業からの借入より、踏み倒ししやすい個人からの借入の場合について解説していきます。   個人間での借金は踏み倒し可能!? 個人間での借金の場合、債権者からの督促を無視することができれば、個人である債権者は法的手段を取るのが企業に比べて難しいため、踏み倒し ...

借金ニュース

【借金時効援用】借金は請求されると時効がなくなる!?

借金が請求などによる時効中断の条件をはじめとした借金の時効援用全般について解説していきます。借金が返せない額まで膨らむと、「できることなら、この借金を0にしたい」、「借金を払わなくてよくなりたい」と思いますよね。その願いが叶います。それが時効援用です。時効の条件を満たし、手続きを行えば、あなたの借金は0になり、支払う義務もなくなります。   借金にも時効はある 「時効」と聞くと、犯罪の時効が一般的ですが、借金にも「時効」があります。 借金の時効のことを「消滅時効」と言います。貸主が借主を放置した状態で一定期間が経過した場合、消滅時効の権利が獲得できます。 消滅時効を成立させるためには、時効の満了と時効の援用手続きの2つを完了することが必要になります。   借金の時効は5年か10年 借金にも時効があることはわかったが、時効はどのくらいなのか、いつから計算するのか、という疑問に答えていきます。 借金の時効は、借主または貸主の条件により、時効消滅までの期間が異なります。その条件とは、借主または貸主のどちらか、もしくは両方が商人の場合です。借主または貸主が商人の場合、商法522条の商事債権により5年となります。反対に、借主または貸主がどちらも商人でない場合、10年となります。 しかし、2020年の民法改正後は、商法522条の削除により、商人でも10年となるので注意です。 ...

Copyright© DEBIT INSIDER , 2019 All Rights Reserved.