仮想通貨をモバイルウォレットで管理するメリットとデメリット!

仮想通貨を手軽に管理できるモバイルウォレットですが、「正直言ってどんなものなのかよく分からない…」という人もいるでしょう。仮想通貨は金銭なので慎重になるのも当然ですよね。

そこでこの記事では、モバイルウォレットについて、メリットデメリットや安全に使用するためのコツなどを紹介していきます。

おすすめのモバイルウォレット2つもあわせて紹介していくので、参考にしてくださいね。

仮想通貨を管理するモバイルウォレットとは?

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%B3%AA%E5%95%8F-%E7%96%91%E5%95%8F%E7%AC%A6-%E8%AA%BF%E6%9F%BB-%E5%95%8F%E9%A1%8C-2736480/

仮想通貨を管理するためには、ウォレットと呼ばれるシステムが必要になります。

ウォレットにはいくつか種類がありますが、モバイルウォレットスマートフォンのアプリケーションを使って仮想通貨を管理するタイプのウォレットです。

いつも持ち歩くスマートフォンで手軽に管理できるのは嬉しいですね。

スマートフォンさえあればいつでも管理できますし、仮想通貨を支払いに使うこともできるのでウォレットの中でも使い勝手が良いのが特徴です。

モバイルウォレットはホットウォレットだから手軽で便利

https://unsplash.com/photos/82TpEld0_e4

ウォレットにはいくつか種類があると言いましたが、ウォレットを大別すると、ホットウォレットコールドウォレット2つに分類できます。

ホットウォレットとコールドウォレット
  • ホットウォレット…ネットに接続している状態で仮想通貨を管理する
  • コールドウォレット…ネットから隔離して仮想通貨を管理する

モバイルウォレットはホットウォレットに含まれます。そのため、時間や場所を選ばずに管理でき、取引や支払いに使いやすいという特徴を持っています。

次章では、他のウォレットを紹介していきます。他のウォレットの特徴を知っておくとモバイルウォレットの特徴がより深く理解できるので、確認しておいてくださいね。

ホットウォレットとコールドウォレットの違いと使い分け方を紹介!

2020年2月26日

仮想通貨を管理するウォレットの種類

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%B2%A1%E5%B8%83-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E7%8F%BE%E9%87%91-2292428/#content

前章で、ウォレットにはホットウォレットとコールドウォレットがあり、モバイルウォレットはホットウォレットに含まれることが分かりましたね。では、他のウォレットはどんなものがあるのでしょうか?

下記にウォレットの種類をホットウォレットとコールドウォレットに分類して、まとめてみました。

ウォレットの種類
  • ホットウォレット…モバイルウォレット、ウェブウォレット、デスクトップウォレット
  • コールドウォレット…ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット

さらに、それぞれの特徴やメリットデメリットをまとめると以下のようになります。時間がある方は、他のウォレットを紹介している他の記事も参考にしてみてくださいね。

メリット デメリット
ウェブウォレット 時間や場所を選ばない 安全面が不安
モバイルウォレット 時間や場所を選ばない・支払いに使える スマホをなくす不安
デスクトップウォレット 安全性が高い 1つの通貨しか扱えない
ペーパーウォレット 安全性が高い・人に渡しやすい 取引に手間がかかる
ハードウェアウォレット 安全性が高い・対応通貨が多い 値段が高い

仮想通貨をハードウェアウォレットで管理するメリットデメリット

2020年2月28日

仮想通貨のウェブウォレットとは?仕組みは銀行口座と一緒!

2020年3月2日

モバイルウォレットで仮想通貨を管理するメリット

https://www.pakutaso.com/20190649175post-21565.html

ここでは、モバイルウォレットで仮想通貨を管理するメリットを紹介していきます。メリットは全部で3つありますよ。

支払いに使える

モバイルウォレットは、管理している仮想通貨を支払いに使うことができます。他のウォレットでは、基本的に支払いに使うことができないので、この点はモバイルウォレット最大の魅力と言えるでしょう。

手軽に管理できる

スマートフォンさえあればいつでも管理できるので、とても手軽に利用することができます。仕事や家事で忙しく、時間のない場合でもスキマ時間で管理できてしまうのは助かりますね。

お金がかからない

アプリケーションの利用は無料なので、モバイルウォレットで仮想通貨を管理するのに費用は一切かかりません

他のウォレットでは初期費用が必要な場合もあるので、モバイルウォレットは最初のハードルが低いのが強みと言えるでしょう。

モバイルウォレットで仮想通貨を管理するデメリット

https://www.pakutaso.com/20190715204post-21794.html

ここでは、モバイルウォレットで仮想通貨を管理するデメリット2つを紹介していきます。前章のメリットとあわせて確認してみてください。

スマホ紛失・故障するリスク

モバイルウォレットはスマートフォンを使うため、スマートフォンが紛失・故障した場合に、仮想通貨が使えなくなってしまうリスクがあります。

次章でも取り上げますが、スマートフォンのデータをバックアップしておくことで、対策が可能ですよ。

安全面

スマートフォンでの管理においては、ハッキングやウイルス感染のリスクが伴います。支払いに使えたりいつでも管理できる手軽さがある反面、安全性が少し低いのがデメリットです。

次章で安全にモバイルウォレットを使うための注意点を紹介していくので、ぜひ、チェックしてくださいね。

モバイルウォレットで仮想通貨を管理する際の注意点

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84-%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-%E4%BD%9C%E3%82%8B-3819029/#content

前章で、モバイルウォレットにはスマートフォンの故障やウイルスなどで、仮想通貨がなくなってしまうリスクがあるとお伝えしました。しかし、しっかりと対策をすれば安全に利用できるんですよ。

ここでは、安全にモバイルウォレットを利用するために気を付けるべきこと6つを紹介していきます。トラブルにならないように、事前にしっかりと確認しておきましょう。

人前で操作しない

スマートフォンがあればいつでも管理できるのがモバイルウォレットの強みですが、なるべく人前では操作しないほうが無難です。

操作している手元を見ることでパスワードを盗み取ることができてしまうからです。また、画面を覗き込まれるとバレてしまう可能性もあります。

ウイルスやハッキングなどのリスクに比べれば小さいものですが、気を付けておけばより安全に利用できるので、なるべく実践するようにしてください。

ウイルス対策をする

スマートフォンのウイルス対策は自分で行う必要があります。ウイルスを検知するアプリケーションを入れたり、携帯会社が提供しているセキュリティサービスに加入するなどして、対策をしましょう。

スマホのバックアップ

スマートフォンが故障したり、紛失してしまったときのために、スマートフォンのデータはバックアップを取っておいてください

バックアップがあればスマートフォンが使えなくなっても、新しいスマートフォンにデータを入れることで引き続き仮想通貨の管理ができますよ。

スマホは画面ロックする

スマートフォンは、他人が勝手に操作できないように画面ロック機能を使うようにしましょう。画面ロック機能をしておけば仮想通貨の情報を盗み取られるリスクを軽減することができます。

フィッシング詐欺に気を付ける

本物そっくりのメールやサイトを使って、パスワードなどを抜き取るのがフィッシング詐欺です。フィッシング詐欺に引っ掛からないように、しっかりと対策をしましょう。

公式のメールアドレスを控えておき、普段とちょっとでも違う場合は開封を控えたり、公式サイトをブックマークに保存しておき、メールのURLはクリックしないようにしたりすることで対策できますよ。

パスワードなどの記録はアナログで

アプリケーションのログインに必要なパスワードや、仮想通貨の管理に必要な秘密キーなどの記録は、手書きのメモを利用するようにしましょう。

スクリーンショットなどで保存すると、他人でも簡単に見ることができてしまうからです。スクリーンショットのほうが手軽ですが、リスク管理のためにも手書きのメモを活用してください。

仮想通貨を管理しやすいモバイルウォレットの選び方

https://www.pakutaso.com/20160351085post-7392.html

モバイルウォレットを使うのであれば、なるべく自分が管理しやすいものを選びたいですよね。ここでは、モバイルウォレットの選び方を紹介していきます。選び方は全部で3つありますよ。

日本語対応しているか

まず、日本語に対応しているかを確認しましょう。仮想通貨は海外生まれのものが多いので、中には日本語に対応していないものもあります。

操作のしやすさを考えるのであれば、日本語が使えるものを選びましょう。

対応通貨の数

アプリケーションによって、対応している仮想通貨の種類や数が違います。自分が扱いたい通貨が対応しているのかを確認するようにしましょう。

セキュリティ対策

セキュリティ対策がしっかりとされているアプリケーションを選ぶようにしてください。二段階認証があるものや、秘密キーがネットから切り離して保存されるものが安全性が高いのでおすすめです。

次の章からは、上記のポイントを踏まえたオススメのモバイルウォレットを2つ紹介します。どれがいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめモバイルウォレット①Ginco

https://ginco.io/

一番おすすめなモバイルウォレットは、Ginco (ギンコ)です。Gincoは日本生まれのモバイルウォレットなので、日本語対応もばっちりです。

シンプルで分かりやすい画面なので、特に操作説明を読まなくても感覚的に使えてしまう手軽なアプリになっています。決済や送金に仮想通貨を使っても手数料がかからないのも魅力です。

秘密キーをウェブ上ではなく自分の端末上で管理できるので、ハッキングのリスクが低く、バックアップシステムもあるので安全性が高いんですよ。

対応通貨も20種類と豊富なので、「扱いたい通貨がない!」ということはあまりないでしょう。はじめてモバイルウォレットを使うという人におすすめのアプリです。

おすすめモバイルウォレット②Copay (コーペイ)

次におすすめするのは、Copay (コーペイ)です。Copay (コーペイ)は、ビットコインとビットコインキャッシュを扱うことができるアプリです。

対応通貨が2つしかないのが難点ですが、日本語対応もしていますし、セキュリティ対策もされているので安心して使うことができますよ。

セキュリティ対策には、仮想通貨を送金する際には、他の人や他の端末からもパスコードを入力する必要があるマルチシグネチャというシステムを採用しています。

ビットコインやビットコインキャッシュを扱いたい人におすすめのアプリです。android版の場合は、「 BitPay (ビットペイ)」という名前なので注意してください。

まとめ

モバイルウォレットについて、メリットデメリットや、おすすめアプリ2つを紹介してきました。実際にモバイルウォレットを使ってみるイメージが湧いたかと思います。

モバイルウォレットはホットウォレットの中でも安全性が高い管理方法です。さらに安全に使うための方法も紹介したので、実践して安全に仮想通貨を管理しましょう。

モバイルウォレットは、決済や取引にも利用できるので、この記事の内容を参考にして、使ってみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

あっしー

脱サラ目指してwebで執筆中。旅行、金融、インテリアに関するメディアで執筆しています。読者の視点に立った丁寧な記事作りを得意としており、SEOライティングでGoogle検索順位10位以内を多数獲得。「ハートは熱く、頭はクールに」「悪あがき上等」がモットー。あっしーという名だが、いわゆる「アッシー君」ではない。車は助手席に乗っているほうが好き。