借金を整理する5つの方法【合法で借金額を減らせる!?】

債務整理(借金整理)は、借金が返せなくなってしまった、借金を返す生活が辛いなど、借金問題を解決するための手続きです。今回は、借金を整理する方法を4つ紹介します。借金を減らしたい、今の苦しい生活から抜け出したいといった方はこの記事を読むことで、問題を解決できます。

 

債務整理(借金整理)とは

債務整理とは、返せなくなった借金を法的手続きを行い、借金額を減らしたり0にしたりすることです。自力での返済が不可能と裁判所から判断されることによって、借金の減額、帳消しが法的に可能になります。

今、借金の返済で苦しい生活を送っている人は債務整理をすることによって、その苦しい生活から解放され、再スタートを切り出すことができるということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

借金を整理する5つの方法

債務整理には4つの方法があります。

  1. 任意整理
  2. 過払い金請求
  3. 民事再生
  4. 特定調停
  5. 自己破産

これらの手続きは個人でも行うことができますが、専門知識は必須です。そこで、弁護士など専門家に相談、依頼することで手続きはかなり簡単になりますし、4つの債務整理の中でどの方法が最も最適かを判断してくれます。

注意ポイント

債務整理を行うことで借金を減らすことができますが、これら4つのどの方法を取っても信用情報機関に登録されます。俗に言うブラックリストに載るということです。ブラックリストに載ると5~7年の間、新たな借入やクレジットカードが使用できなくなります。

 

債務整理に向いてる人

  1. 長期間借金をしている人
  2. 借金額が合計100万円以上の人
  3. 返済に追われて食費を削ってる人
  4. 自力での返済が難しい人
  5. 借金をほかの人にばれずに返したい人

以上に当てはまる人は債務整理をするのに向いています。債務整理をすることで、今の借金額を減らしたり0にしたりすることができます。本当に借金に困っている人は債務整理を本気で考えましょう。

スポンサーリンク

借金整理の方法その1.【任意整理】

任意整理とは、弁護士などが依頼者の代理人となって、各債権者と交渉して利息を免除してもらい、月々の返済も減らして分割支払いによる和解を行うことです。

任意整理は次の2つが主な特徴です。

  1. 裁判所を介さず、直接金融業者と交渉する
  2. 利息を0にすることによって確実に元本を返済できる

任意整理は、各金融業者に個別に交渉をするため裁判所への申し立てが不要になり、その分手間も省けるので手続きを早く済ませることができます。

さらに、今後これから支払う利息を0にし、分割で月々支払うことで確実に元本を減らすことができます。

分割払いは36回払い、または、60回払いで組むのが一般的です。

借金整理の方法その2.【過払い金請求】

過払い金とは、消費者金融会社やクレジットカード会社へ払いすぎたお金のことです。

過払い金請求とは、過去に支払ってしまった過払い金を調べ、金融業者に返還を請求する手続きのことです。

この手続きをすることで、支払うはずのなかったお金を取り戻すことができるかもしれません。

借金の過払い金を取り戻す方法!100万円返ってくることも?

2018年10月1日
スポンサーリンク

借金整理の方法その3.【民事再生】

民事再生とは、裁判所を介して、住宅などの財産を維持したまま借金の一部を免除してもらい、残りの借金を3年間で分割して返済するという手続きです。民事再生は裁判所を通して行うため、弁護士に依頼することが最初のステップです。

任意整理では、将来支払うべき利息を免除することはできますが、元金そのものを免除することはできません。民事再生では、借金の元金を自分の資産を守りながら最大90%カットすることができます。

民事再生を利用するためには2つの条件があります。

  1. 借金が500万円以下であること。
  2. 将来、継続的、または反復的に収入が見込めること。

この2つの条件を満たしており、利息だけでなく元金そのものを減らさないととても返せる見込みがない、という人は民事再生を検討するべきでしょう。

借金整理の方法その4.【特定調停】

特定調停とは、任意整理と同じく各金融機関と交渉して将来支払うであろう利息を免除して残りの元本を分割して支払うという方法です。任意整理と違うのは、特定調停は裁判所を介して交渉を行うということです。

また、特定調停は他の債務整理よりも手続きが簡単で、勉強すれば自分で直接申し立てをすることができます。自分で直接申し立てをすることで、弁護士への依頼料を取られないので費用を安く済ませることができます。

借金整理の方法その5. 【自己破産】

自己破産とは、自力では返済不能と裁判所に認められたとき、自分の資産をすべて清算して残りの借金をすべて免除してもらう手続きのことです。貯金、家や車など自分の所有している資産をすべて売却、清算しなければなりませんが、残りの借金をすべて免除され、ゼロになるというのが自己破産の最大のメリットです。

さらに、破産手続きの申し立てを行い、手続きが開始されると金融業者の取り立てや督促が一切なくなります破産手続き開始後の差し押さえや取り立ては法律で禁止されているのでこれらがなくなり、精神的に楽になります。

自己破産は債務整理の中でも有名で聞いたことがある人も多くマイナスイメージが大きいですが、ほかの債務整理とデメリットは変わりません。ブラックリストに載り5~7年の間新たな借入を行うことができません。

自己破産最大のデメリットは、やはり資産の清算でしょう。一軒家に住んでいたり車を持っていた場合、それがローン返済中であっても、速やかに売却し清算しなければなりません。

しかし、もともと資産を持っておらず、清算する物がないという人はかなり有利な手続きになります。

債務整理をするなら裁判所に無料相談するべき

これまで、債務整理の4つの手続きについて説明しました。いづれの手続きも、書類をそろえれば個人で行うことはできますが、法律のかなり専門的な知識が必要になってきますので、債務整理を行うための最初の行動としては、弁護士を探すことというのがやはり妥当でしょう。

弁護士といってもそれぞれ得意分野が違います。債務整理に強い裁判所、弁護士を探す必要があります。こちらの記事では、債務整理に強い裁判所をピックアップし比較しています。債務整理を真剣に考えている方はこちらの記事から自分に合う裁判所を是非見つけてください。

借金に困っている時に相談するべき事務所まとめ

2018年10月13日

まとめ

これまで債務整理を行う5つの方法とその特徴について解説しました。それぞれの特性をよく理解して、自分に合った債務整理の方法を利用して借金額を減らしましょう。

また、この記事だけでは情報の一部しか伝えられず自分に合った債務整理の方法がわからないという方が多いと思います。弁護士などの専門家に相談をすることで自分に合った方法を見つけてくれます。債務整理を本気で考えている人は、まず、弁護士への無料相談を利用しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

DEBIT INSIDER 運営部

借金返済・債務整理・完済のための情報メディア「DEBIT INSIDER」運営部です。専門家や運営メンバー自身が債務整理をした経験をもとに、借金を抱えて困っている方が完済に向けて少しでも役に立つ情報を提供しようという思いのもと活動しています。