借金が会社にばれるとクビになってしまう?【自己破産経験者が解説】

この記事は、「借金で会社をクビになる可能性はあるのか知りたい」「借金でクビになるかもしれなくて不安だ」という方に向けて書かれています。

筆者は実際に借金で苦しんでいた人に育てられていたので、借金の苦しさはよくわかります。私自身も奨学金の返済で四苦八苦している身です。

実際に借金している人が返済に困ってしまって、仕事にどんな影響があったのかを経験を踏まえて書いるので悩み解決の参考にしていただければと思います。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20181011295post-17485.html

借金で会社をクビになる可能性はあるのか

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-%E5%8F%A5%E8%AA%AD%E7%82%B9-2215/

結論から言うと、一方的に仕事を辞めさせられる解雇や懲戒解雇にはなりませんが、借金で会社を辞めさせられるケースはあります。

それは、退職勧告という形で自主退職追いやられるケースです。例えば、返済の支払いが滞り、借入先からの催促をあなたが無視し続けた結果、業務妨害になるほど会社に連絡が頻繁にくる場合です。

支払催促を無視したり、違法金利でお金を貸している業者からお金を借りると、最悪の場合、自主退職に追い込まれてしまう可能性もあります。

特に、違法利率貸金業者から催促がある場合は、あなたと反社とのつながりを疑われてしまう危険性があります。では、その最悪の状態にならないためにはどうすればいいか解説していきます。

借金で実質「クビ」である自主退職にならないためには

https://www.pakutaso.com/20190703207post-22260.html

会社に自主退職に追い込まれないためには、借金の存在を会社に知られないことが大切です。

借金について会社の同僚たちにばれてしまうと悪い噂を立てられてしまい、「借金があって働かないといけないのに会社に居たくない。」という環境が出来上がってしまいます。

さらに、職場の環境を悪化させているという理由で「退職勧告」によって自主退職をするように言われる可能性はあります。

借金が会社の人にばれるケースは?

(https://www.photo-ac.com/main/detail/2564799?title=%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%83%A2%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%A4%E6%82%A9%E3%82%93%E3%81%A7%E9%A0%AD%E3%82%92%E6%8A%B1%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%80%80%E5%90%B9%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%A4%E3%81%8D)

借金が会社の人にばれてしまうケースは、2つあります。1つ目は、催促の電話によるものです。

あなたが返済を何回も遅らせてしまい、金融機関からの連絡を無視する場合は、やむをえずあなたの職場へ金融機関から電話がかかってきます。

2つ目は、借金を減らす債務整理を行って、あなたの情報が載った官報を職場の人に見られる場合です。官報とは、政府が毎日発行している新聞のようなものです。

債務整理のうち「自己破産」「個人再生」の2つは裁判所を通じて行うため、官報に記載されます。

借金でクビにならないためにできる2つのこと

https://www.pakutaso.com/20191105315post-24146.html

職場に借金がばれてしまって、クビにならないために、以下の2つの事を行っていきましょう。

  1. 金融機関からの電話に出る
  2. 債務整理を行う

先ほど、債務整理は官報によって会社にばれてしまうとご説明しました。しかし、官報を確認する職場や人はほとんどいません。

よって、債務整理をした方が債務整理をしないで支払いを延滞させるよりも借金がばれる危険性が低くなります。返済額を減額することであなた自身の生活も楽になりますよ。

100%会社にばれたくないという方は、金融機関からの催促の電話は必ず出るようにして、債務整理の中でも官報に情報が記載されない「任意整理」を行うようにしましょう。

なぜ借金の整理するとクビになりにくいのか【債務整理を経験】

https://pixabay.com/photos/wallet-credit-card-cash-investment-2292428/

なぜ、債務整理をすることで借金がばれる危険性が低いのかについて理由を説明します。

それは、職場で官報を毎日こまめにチェックしている人がいたとしても、たかが1人の従業員の名前を特定して会社に密告するような人はほとんど存在しないからです。

実際、私の育ての親は、債務整理である自己破産をしていますが職場を辞めたことはなかったです。今では、自己破産の制約もはずれ個人事業主として新しい人生をスタートしています。

借金の返済の事で消耗するよりも、債務整理を行って負担を軽くした方が、私の育ての親のように新しい人生をスタートできる可能性も高まります。

債務整理の3種類を解説

https://pixabay.com/ja/photos/小槌-オークション-法-2492011/

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。「任意整理」とは、借金の減額や利率の相談をすることで、生活に支障のない範囲で返済額を調整する方法です。

個人再生」とは、返済ができないことを裁判所に認めてもらい3年から5年にかけて減額した借金を返済していく方法です。財産を維持したまま、借金を減らすことができます。

自己破産」とは、財産がないことを裁判所に認めてもらい法律上、借金の支払いがなくなる方法です。しかし、家や車などの財産価値のあるものは手放す必要があります。

債務整理をして自主退職に追い込まれるリスクを減らしませんか?下の記事では、無料で24時間債務整理について相談に乗ってくれる弁護士事務所をまとめています。

【保存版】債務整理におすすめな法律事務所・相談所まとめ

2018年9月28日

返済の催促を無視すると人生危うい【借金でクビになる可能性大】

(https://www.photo-ac.com/main/detail/2483072?title=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E9%A9%9A%E3%81%8F%E5%A5%B3%E6%80%A7)

どうしても債務整理をしたくないという方は、金融機関からの催促の電話には必ず対応しましょう。

催促に応じなかった場合は職場に金融機関から催促が来て職場に借金がばれるだけでなく、あなたの財産を国が「差し押さえ」する可能性があります。

差し押さえとは、あなたの給与や預金や所有している車など価値のあるものを強制的に国が持って行ってしまう制度です。

差し押さえは、金融機関からの催促に応じず、無視し続けた結果起こってしまいます。このような事態を避けるためにも催促には真摯に対応してください。

借金でクビになりそうなときはどうしたらいい?

https://www.pakutaso.com/20190402112post-20541.html

借金のことが会社にばれてしまい、職場に居ずらくなった場合や退職勧告を受けた場合は退職することを受け入れることも一つの方法でしょう。

借金で悪い噂を立てられると、精神を消耗してしまって、精神的な病になってしまう可能性もあります。病気になってしまうと再度動けるようになるまで時間がかかりますよ。

実際に私は仕事のストレスで病気になってしまい、6カ月の間動けなくなってしまいました。

もしも、職場に借金がばれたことで強いストレスを感じるならば、早めに離れてしまうことをおすすめします。

借金でクビになってしまったら国に頼って新しい人生を見つけよう

https://pixabay.com/ja/photos/車のレース-フェラーリ-438467/

退職することになったとしても、お近くの役場で手続きを踏めば国から雇用保険などの公的保険がもらえる可能性があります。

雇用保険はどうやってもらえばいいのか、概要や具体的な手続き方法は厚生労働省のページをご覧ください。

また、厚生労働省では平成27年から生活に関わる相談窓口を各都道府県に設置しています。詳しくは厚生労働省のページで概要を確認できます。

「退職に追い込まれそうだ」「辛くて退職してしまった」「借金がありすぎて家計が苦しい」などの相談も行っていますので、1度お近くの役場の相談窓口電話をかけてみてください。

まとめ

借金でクビにならないためには、「職場にばれないこと」が最も重要です。職場にばれないためにも催促の連絡には必ず応じましょう。また、債務整理をしてあなたの負担を減らしましょう。

職場でばれてしまってクビになりそうであれば、受け入れてて次の職場を探すのも手段の1つです。辛くて病気になってしまうと人生も楽しめません。

生活が苦しくなりそうだという場合は、お近くの役場の相談窓口電話をかけてみてください。窓口の人が優しく相談に乗ってくれますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 「うつ病」という心の病気になった経験から現代の働き方や生き方について発信しています。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。