【完全保存版】借金を返す方法まとめ|コツ・順番・方法を徹底解説

借金を返したいとは皆が思うことです。しかし実際に借金を返す方法を知っている人はほとんどいません。なので、借金を返す為に何をすればいいのか、その具体的な方法について解説していきます。

 

借金を返すためにまず準備

借金を返したいなら、まずはその準備をしなければなりません。しっかりと返すために以下のことをしてください。

 

借金状況の再確認

これは複数の債権者から借金をしている人は特にしてください。これをしないと、結局借金をいくら返せばいいのか分からないため、目標も立てれず、キチンと完済に向かっているというモチベーションも持てません。借金を返すというのは、1日や2日で完結する話ではないので、目標モチベーションというのが後々借金をキチンと完済する人と、いつまでも借金を背負い続ける人の差になります。

 

1ヶ月の収支をまとめる

1ヶ月でどのくらい収入があって、どのくらい支出があったのかをまとめてください。まとめたからといってお金が増えるわけではありませんが、これは無駄な支出を減らすということと、借金返済の目標を立てる事ために必要となります。

1ヶ月の収支を見た上で、無駄遣いはしていないか削れる支出はないか、それを踏まえて月々いくら借金を返す為に使えそうか、を考えてみてください。

 

借金を返す計画を立てる

先ほどの収支をもとに月々いくら返済するのか、ボーナス臨時の収入なども考慮していつまでにいくら返すのか、いつまでに完済するのか計画を立てましょう

 

スポンサーリンク

借金を返す順番

なぜ借金を返す順番を考えなくてはいけないのかというと、借金に「金利」があるからです。そして金利は債権者によって違い、また借りている金額が低いほど金利が高いという傾向があります。これらのことを考慮しないで、やみくもに借金を返してしまうと、同じ金額を毎月返していても、金利の違いによってあなたが大きく損してしまう可能性があります。

なので、まずは金利が高い債権者、次に借りている金額が低い債権者という順番で借金を返していくようにしてください。

 

借金を返す方法①:借金をまとめる

複数の債権者から借金をしている方はまずコレをやって下さい。これをすれば、今後あなたが一つひとつの債権者の借入状況を確認して、計算してというめんどくさい工程がなくなります。更に金利の低い1つの債権者にまとめれば、総合的にかかる金利を安くすることができます。

 

スポンサーリンク

借金を返す方法②:節約

やはり節約はしなければなりません。これ以上節約するものがないと感じたら、準備で確認したあなたの収支を見てみてください。まだ節約できるところがあるはずです。その他の節約のテクニックを以下にまとめました。

 

財布に入れるお金を少なくする

財布にお金がたくさん入っていると、いつもよりお金使いが荒くなりませんか?余計なものにお金を使わない為に、財布の中のお金は必要最低限を入れるようにしましょう。

 

コンビニにはいかない

コンビニは食べ物から生活用品まで幅広く売っていてとても便利ですけど、スーパーなどに比べれそれらは高い傾向にあります。それにコンビニに行くとついつい余計なものを買ってしまいやすいです。普段コンビニに行く習慣があるなら、それをスーパーなどに変えてみてください。それだけでも毎日続ければ、かなりの節約になります。

 

1日に使えるお金を設定する

これをキチンと守れれば、衝動的に不必要なものを買うことはなくなります。

 

借金を返す方法③:バイトや副業などで収入源を増やす

ブログや、投資などの副業などは今世間で流行っていますよね。そのような副業で収入源を増やして、借金返済に当てるというのも一つの手です。しかし、そのような副業にはお金を稼げるようになるまでに、時間が掛かりますし、誰もが稼げるというものでもありません。

なので一番のおすすめはアルバイトです。日雇いのバイトなどをあなたの空いている時間にいれれば手っ取り早くお金を稼ぎ、借金返済に当てることが出来ます。

 

スポンサーリンク

借金を返す方法④:知人に借金を肩代わりしてもらう

これはあまり気が進まないとは思いますが、金利も無く借金を返済することが出来ます。ただし、人にお金をもらうという行為には贈与税がかかる場合があるので注意してください。

 

借金を返すコツ・テクニック

借金を返している期間は以下のことを頭に入れておいて下さい。これらのコツ・テクニックを実践すれば、最速で借金を返済することは出来ます。

 

繰り上げ返済をする

借金を返す時にのコツは繰り上げ返済をするということにつきます。繰り上げ返済をすればその分掛かる金利が少なくなり、返済額の合計が少なくなります。ボーナスなどの臨時収入が入った時などは、普段節約している分豪遊したくなってしまいますが、そこで使ってしまうと借金生活の期間が延びでしまうので、グッとこらえてください。

 

継続する為に適度な甘えを作る

やはり、どれほど節約が出来ていたとしても、継続できなければ借金を返すことは出来ません。なので、1週間にタバコ1箱までは良しとするなど、自分なりのルールで、適度に甘えられる要素を作ってください。

 

給料が入ったら、まず返済費用へあてる

借金の返済日の直前に用意しようと思っても、その時お金が手元にあることはそうそうないと思います。なので給料を貰ったらまず返済に当てましょう。最初に返済して生活できるか不安な場合は返済のお金を他のお金とは別の場所に保管してみましょう。

 

借金を返す気がない、返すあてがないという方へ

借金は必ず返すのがあなた自身ためです。これは世の中の道理としてとか、人としてなどというキレイごとではなく、借金を返さないというのは、あなたの将来の幅を狭めてしまうことなのです。返していないと将来後悔します。

なぜかと言うと、借金は例え債務者の住所が分からなくても、債権者は訴訟を起こして裁判沙汰に出来る権利を持っていますし、借金の時効は債権者が延ばそうと思えばいくらでも延ばすことが出来るようになっています。

そのため、借金を返さないというのは、あなたの経歴に自らの手で泥を塗っているようなもので、将来的にお金を借りるということが出来なくなる可能性が高いです。今は良くても、将来本当にお金が必要になる時が来ます。若い人は特にそうです。なので、借金はキチンと返すようにしましょう。

 

結局、借金を返すには債務整理が一番

以上で書いたようなのも借金を返す方法を実践するのももちろん大切ですが、それを全て行ったとしても債務整理を行った時のリターンの方が大きいです。

なぜなら、債務整理は借金そのものを減額することができ、場合によっては過払い金が戻ってくる可能性すらあるからです。日々の生活で極限までに節約して、借金を徐々に返していくよりも、借金そのものが簡単に減った方がいいと思いませんか?

さらに債務整理の相談は無料で行える事務所もあります。相談だけして、自分はやっぱり債務整理をしないと思ったなら、ただ無料で相談だけして終了というのも可能です。借金を返し終わってから、債務整理すればもっと簡単に早く借金を返せたと後悔するのでは遅いです。借金を本気で返そうと考えているなら一度、無料相談を受けてみることをおすすめします。

 

借金を返す方法のまとめ

いろいろ紹介してきましたが、結局一番簡単で確実なのは債務整理をするということです。弁護士や司法書士は人に借金を変えさせるプロです。専門的な知識であなたに最適な借金を返す方法を提示してくれることでしょう。なのでまズは無料相談を受け付けている事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

債務整理の相談ならおすすめはここ!

もし今あなたが未返済の借金について悩んでいるのであれば、債務整理を考えてみませんか?

法的手続きを取ることによって、未返済の借金を減額してもらえたり、0にすることもできるんです。そんな債務整理は個人でも手続きができるのですが、非常に難しいので専門家にお願いするのが一般的です。

債務整理を考えているならば、以下の記事で紹介している弁護士事務所がおすすめですよ。まずは一度目を通してみませんか?

【オススメまとめ】借金・債務整理を相談できる弁護士事務所紹介

2018年12月15日

ABOUTこの記事をかいた人

DEBIT INSIDER 運営部

借金返済・債務整理・完済のための情報メディア「DEBIT INSIDER」運営部です。専門家や運営メンバー自身が債務整理をした経験をもとに、借金を抱えて困っている方が完済に向けて少しでも役に立つ情報を提供しようという思いのもと活動しています。