【借金脱出法】借金地獄の生活を脱出した人にはある共通点があった

借金返済の為に生きている」そんな風に感じたことはありませんか?そんな生活を脱出するには、債務整理を行うことが賢明です。現に借金からの脱出に成功した人は、債務整理を行っている場合がほとんどです。

 

借金まみれは地獄

借金生活は地獄です。さらに、お金を借りるということのハードルが下がっている現代では、その地獄に落ちてしまう人は多くいます。ではなぜ、人は辛いと分かっている借金地獄に落ちてしまうのでしょうか。ほとんどに人が以下のような段階を踏んで、予期せずその地獄に落ちてしまっているのです。

 

軽い気持ちで借金をする

現在金融機関では、少額からお金を借りることができますし、クレジットカードはもっと少額を更に簡単に借りることができます。少額だからすぐ返せる、ただ今お金がないから一旦借りておこうと軽い気持ちで借金をしてしまいます。

その為、ギャンブルや豪遊をしない人でも、借金をするというのは、ごく一般的で、日本人の生活の一部になっています。

 

借金返済に追われる

例え少額ずつ借金をしていたとしても、チリも積もれば山となります。軽い気持ちで借りていたとしても、気づいた時には、毎日の生活費を削って返済をしなければいけなくなってしまっています。

 

借金返済の為に生きるようになる

借金は例え毎月返済していても、キチンと決められた額を返済し続けなければ、利子があることによっていつまでも借金が減らない、場合によっては段々と増えて行ってしまいます。

その状態になると、本当に地獄です。毎週のバイトや仕事は自分の欲しい物を買う為ではなく、全て借金を返済する為になってしまいます。更に借金をしているというのは、精神的に追い込まれやすいので、うつ病になったり、ノイローゼになったりする人も少なくありません。

あなたがもし、借金返済の為に生きていると感じたことがあるなら、今すぐ行動して、その地獄から抜け出す必要があります

 

スポンサーリンク

借金生活を脱出すれば人生が変わる

借金を完済し、借金生活から脱出することができれば、人生が大きく変わります。もちろん良い方向にです。

 

金銭面

借金をしているときは、例え収入があったとしても、それは全て最低限の生活費と借金返済に当てられます。当然、欲しい物を買うことも、旅行にいくなどのお金のかかる楽しみはすべて我慢する必要がありました。

しかし、借金を完済すれば、収入はほとんど有意義な生活をするために使えるのです。

 

精神面

借金をしている状態で、友人と遊んでも心から楽しむことができる人はほとんどいません。心のどこかに引っかかりがあり、全力で楽しむことができなくなっているのです。

そんな心の引っかかりがなくなるのです。今や将来が楽しくなり明るく感じられるのは、言うまでもありません。

 

周りの環境

借金を抱えていると自分に余裕がありません。余裕がない時に人は、他人を妬んだり、すぐにイライラしたりしてしまいます。

しかし自分に余裕が持てるようになれば、そんなことにはならず、他人に優しくできます。そうなれば、周りからのあなたへの接し方は今よりの更に心地よいものとなります。

 

借金地獄を脱出する為にする5つのこと

借金地獄を脱出するには行動を起こさなくてはなりません。ここではその具体的な行動について解説していきます。

 

クレジットカードは捨てる

クレジットカードは便利ですけどハサミで切って捨ててしまいましょう。クレジットカードはとても便利なものですが、支払いを後回しにできてしまう為、お金を払うハードルが現金で支払う時よりも低くなってしまいます。

その為、ついつい無駄遣いをしてしまったり、必要以上の物を買ってしまったりする可能性が高いです。

 

副業をする

借金地獄から脱出するのに一番シンプルな方法は、借金を完済できるだけのお金を手に入れることです。その為には、今の収入源の他に収入源を作る必要があります。

その方法はアルバイトやブログなどの個人ビジネスなど様々な方法があります。

 

節約をする・所有物を売る

お金を稼ぐというのは、大変ですが、お金を使わないようにする又は自身の所有物を売るというのは比較的簡単に行えます。

まず、食べ物をまとめ買いしたり、電気ガス水道などの生活費を節約すれば、その分返済に当てることができます。次に、所有物を売れば、素早く簡単にお金が手に入ります。家の中を見渡しても、普段使わないものがあるはずです。それらをメルカリなどで売ればいいだけです。

 

給料が入ったら、まず返済

給料を貰ったら、まず最初に返済に当てるお金を確保してしまいましょう。そうすれば、月末になって返済するお金が無くなることはありません。

最初に返済をしてしまうと、次の月の生活ができなくなってしまうと感じるかもしれませんが、意外にも無意識のうちに生活水準を落として、普通に生活できる人が多いです。もし、心配であれば、給料が入ったら、返済分のお金は別のところに保管しておくという方法をとっても良いでしょう。

 

借金をまとめる

借金はまとめられる状況であれば、絶対にまとめた方がいいです。なぜなら、複数から借金をしていると、最終的にあといくら返せばいいという目標が分からなくなってしまうからです。そうなれば、モチベーションが下がってしまい、いつまで経っても借金を返し終わらないということになりかねません。

なので、借金は金利の低い1つの金融会社にまとめましょう

借金 借り換え

返済額を減らせる!?借金の借り換えについて詳しく解説

2019年7月3日
スポンサーリンク

確実かつ安全な借金地獄の脱出法

以上で借金を少しでも、多く返済できる方法を紹介しましたが、一番いいのは、やはり債務整理をするということです。逆にお金が掛かってしまうと考えている方も多いですが、実際には、その費用を考慮したとしても、借金が減ったり、場合によってはお金が返ってくることもあるのです。

 

債務整理には以下ようなメリットがあります。
  • 借金が減る可能性がある
  • 過払い金が返ってくる可能性がある
  • 債権者からの督促が止まる
  • 月々の返済額が減る
  • その他、あなたに最適な手段を提示してくれる

 

債務整理をする為には、専門的な知識が必要で弁護士や司法書士に頼むのが一般的です。

相談だけであれば無料で行える事務所もありますので、どうせ自分には関係ないと思っている場合でも、相談してみるのがいいと思います。債務整理を行った人の中には、ダメ元で相談してみたら、本当に借金が減ったという人も多くいます。

 

借金地獄から脱出する際の注意点

借金地獄から脱出する為に「夜逃げは絶対ダメ」「一発で完済できると思ってはいけない」「最悪、借金があっても生きていける」ということを覚えておいてください。

 

夜逃げは絶対ダメ

夜逃げをすれば、借金から解放されると思っている人がいますが、実際そんなことがありません。当たり前ですが、債権者から逃げたとしても、借金がなくなった訳ではありません

その人が借金をしたという情報、まだ返済していないという情報はキチンとデータとして残っています。更に債権者は債務者の住所が分からなくても、裁判所で訴訟を起こすことができます。夜逃げをすると、一時的には借金から解放されると感じる事ができますが、将来的には人生の幅を狭めることに他なりません。

 

一発で完済できると思ってはいけない

もちろん、過払い金があった場合や、自己破産した場合には、一瞬にして、昨日まで追われていた借金から脱出できます。しかし、多くの場合が債務整理をしても、できることは借金を減額することまでです。過度な期待を持っていると、現実を突きつけられた時に、ショックを受けてしまいます。

なので、過度な期待はせずに、計画的に返済するという心構えを忘れてはいけません。

 

最悪、借金があっても生きていける

借金をしている方の中には、「自分の人生は終わった」と感じている人もいます。しかし、実際のところ、借金をいくら背負っていたからといって、死ぬことはありませんし、必要であれば自己破産して、借金を0にすることも出来ます。

なので、人生が終わりなどと思う必要はありません。

 

スポンサーリンク

借金脱出法のまとめ

借金の脱出法として、一番いいのはやはり債務整理です。弁護士や司法書士は人を借金地獄から脱出させるプロです。あなたが想像していなかった方法を提示してくれる可能性だってあります。もし本当に借金地獄から脱出したいなら、一度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

債務整理の相談ならおすすめはここ!

もし今あなたが未返済の借金について悩んでいるのであれば、債務整理を考えてみませんか?

法的手続きを取ることによって、未返済の借金を減額してもらえたり、0にすることもできるんです。そんな債務整理は個人でも手続きができるのですが、非常に難しいので専門家にお願いするのが一般的です。

債務整理を考えているならば、以下の記事で紹介している弁護士事務所がおすすめですよ。まずは一度目を通してみませんか?

【オススメまとめ】借金・債務整理を相談できる弁護士事務所紹介

2018年12月15日

ABOUTこの記事をかいた人

DEBIT INSIDER 運営部

借金返済・債務整理・完済のための情報メディア「DEBIT INSIDER」運営部です。専門家や運営メンバー自身が債務整理をした経験をもとに、借金を抱えて困っている方が完済に向けて少しでも役に立つ情報を提供しようという思いのもと活動しています。