返済が遅れそうな人必見!借金の取り立てはどのように行われるのか?

「借金をしてしまったけど、今月予想以上に使いすぎてしまって返済ができない」

といった経験がある人は多いかと思います。返済が遅れたとき、怖い借金の取り立てがあるのではないか?という不安がありますよね。今回の記事では、実際にどのようにして借金の取り立てが行われるのか借金の取り立ての対応策などを紹介します。

 

借金の怖い取り立ては行われない

まず、映画やドラマ、漫画などで行われているような怖い人たちがいきなり家に押しかけて取り立てに来るといったようなことは現実ではあり得ません。闇金や違法な業者でこのような取り立てを行っているところはもしかしたらあるかもしれません。

しかし、CMなどを出している大手金融業者や金融庁に認可された正規の金融機関から借り入れた場合は、怖い取り立ては一切ありません。

スポンサーリンク

借金の取り立ての順序

返済が遅れたときに債権者が実際に行う取り立ての手順を紹介します。

①スマホや携帯電話に電話がかかってくる

1番最初に行われるのが電話での取り立てです。取り立てといっても実際は、いつまでに返済が可能か?といった事務的なことを聞いてきます。よくドラマなどで見かける恐喝などは行われません。

返済が遅れると、罪悪感にかられて電話に出づらくなってしまい無視してしまうといった人を多く見かけますが、安心して電話に出ましょう。むしろ、この電話を無視し続けると後々厄介なことになります。

②自宅や職場に電話がくる

スマホからの電話を無視し続けると、今度は職場や実家に電話が行きます。電話をかけた時点では、債権者の身分を明かさないので借金をしていることはバレませんが、無視していると何度も電話がかかってくるので感の良い人には気づかれてしまうこともあります。

③督促状が自宅に届く

職場や実家への電話も無視していると、今度は自宅に督促状が届きます。督促状というのは、債務者に対する最終警告で、内容は「このまま無視していると法的な手続きを取ります。」といったことです。

④法的な手続き

督促状も無視していると債権者は実際に法的な手続きに移ります。法的な手続きとは、裁判所を通して法律にのっとり取り立てを行うということです。

これを行われてしまうと、最終的には給料や不動産などの資産を強制的に取り押さえられてしまうので早急に対応必要です。

借金取り立ての電話には必ず出ましょう

借金の返済が遅れて、債権者の取り立てをすべて無視してしまうと最終的には資産を最終的に取り押さえられてしまいます。法的な手続きを取られてしまうと、自分の信用情報に傷がついてしまう上に、資産まで強制的に取られてしまいます。

こうならないためにも、返済が遅れてしまった場合は最初の電話には必ず出るようにしましょう。また、仕事や所要などで出られなかった場合は、後日必ず折り返して電話してください。

スポンサーリンク

借金の取り立てに困ったときに頼れる相談先

借金の取り立てに追われていると、精神的に病んでしまうこともあります。また、大手金融機関から借り入れている場合は問題ないのですが、中小の金融機関や闇金からの借り入れがある場合は、高圧的な取り立てがある場合もあります。そんな時に、相談できる機関を紹介します。

国民生活センターに相談する

国民生活センターでは、多重債務者向けの相談窓口を設けています。多重債務や違法な取り立てなどで困っていると、1人では解決できないことが出てきます。その場合は信用できる機関や専門家に相談しましょう。

国民生活センターは、独立行政法人であり昭和45年に発足している古くから消費者に寄り添ってきた機関です。多重債務の相談窓口では無料で電話相談を行っています。

国民生活センター多重債務の相談窓口

借入先に直接相談する

大手の金融機関から借り入れをしていて、悪質な取り立てを行っていないところであれば、直接借入先に相談するのも1つの手です。

病気や事故など何らかの理由により支払いが滞っていた場合、直接相談することで支払いを延期したり、減額してくれたりする場合が多いです。返済が厳しい場合、今後の返済プランの見通しなども一緒に考えてくれます。

借入先に相談するというのは意外かもしれませんが、親身になって相談に乗ってくれますし、取り立ての電話もなくなるので一石二鳥です。

専門家に相談する

法律事務所では、借金に関する電話相談を無料でやっています。借金の取り立てや返済方法などありとあらゆる借金の問題を取り扱っていますし、弁護士のような法律の専門家に相談すれば安心です。

借金の問題をメインに取り扱っている法律事務所もあります。「お金はないけど、弁護士に相談してみたい。」といった方は利用してみるといいでしょう。

借金に困っている時に相談するべき事務所まとめ

事情によりどうしても返済できなくなった場合…

借金の額がかなり膨らんでしまった、多重債務で首が回らないといった理由で返済が厳しくなってしまった場合、弁護士などの専門家に相談しましょう。債務整理や自己破産申請をすれば今の借金を減額、もしくは0にすることができます。

今取り立ての電話に困っていたとしても、弁護士を通してしまえば債権者から取り立てられることはありません。債務整理や自己破産などの法的手続きを行うと、債権者が債務者に取り立てることは違法になるからです。

あなたが借金の取り立てに困っているならば、是非1度弁護士に相談してみてください。

借金に困っている時に相談するべき事務所まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

DEBIT INSIDER 運営部

借金返済・債務整理・完済のための情報メディア「DEBIT INSIDER」運営部です。専門家や運営メンバー自身が債務整理をした経験をもとに、借金を抱えて困っている方が完済に向けて少しでも役に立つ情報を提供しようという思いのもと活動しています。