ケチと節約の違いとは?【具体的な出費の減らし方を合わせて解説】

この記事は、「節約とケチの違いは何か知りたい」「将来のためにも節約をして貯金したい」方向けに書かれています。

「節約を一生懸命に行うと、ケチと思われないか不安だ」と思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事ではケチと節約がどう違うのかどんな場面で違いが表れるのかを解説していきます。

この記事を読むことで、ケチと節約の違いについて理解して、節約することができます。記事を参考にして、節約してみてください。

ケチと節約の違いは?

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-%E5%8F%A5%E8%AA%AD%E7%82%B9-2215/

ケチと節約はどちらも出費を抑えているという意味では同じように思えるかもしれません。そこで、この章ではケチと節約の違いについて解説していきます。

ケチと節約の違いは端的に言うと「無理をしているかどうか」です。「無理をして」出費を抑えているのならケチ、「無理をせず」無駄な出費だけを抑えているのなら節約というこです。

例えば、ケチな人は食費など生活に必要なものまで削ってしまいますが、節約する人はお得な契約プランなどで賢く生活の質を落とさず出費を減らします。

つまり、ケチと節約の一番の違いは、出費を落とすのに生活を犠牲にして無理をするかということです。次の章からは、より具体的なケチと節約の違いについて紹介していきます。

ケチと節約との5つの違い

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E7%84%A1-2313804/

「節約とケチの違いは『無理をしているかどうか』であることは分かった。もっと具体的な例を知りたい」というかたもいるのではないでしょうか。

そこで、この章からケチと節約との違いを5つ、紹介していきます。ケチと節約との違いは以下の通りです。

  1. 人へのプレゼントで出し惜しみをするかどうか
  2. 金欠アピールをしているかどうか
  3. 自分だけが得をする割り勘をしようとするかどうか
  4. 身だしなみを整えるためにお金をかけるかどうか
  5. 時間よりもお金を優先するかどうか

ケチな人の特徴は基本的にどんな時でも出費を抑えようとするので、思いやりの欠けたものが多いことが特徴です。次の章からより詳しく解説していきます。

ケチと節約との違い①人へのプレゼントで出し惜しみするか

ケチと節約との違い1つ目は、人へのプレゼントで出し惜しみをするかどうかです。節約は、自分の生活における費用を減らすことです。対して、ケチは人へのプレゼントに出し惜しみをします。

例えば、「プレゼントは割り勘でいいけど、私(俺)は1,500円までしかださないから」「なんでそんな高いものを買うの?」というような言動が挙げられます。

節約をしている人ではプレゼントで出し渋るようなことはありえません。節約はあくまでも自分の生活の無駄を減らすものですから人へのプレゼントは関係ありません。

自分の出費を減らすことだけを考えて、人へのプレゼントでさえもお金を出し渋る人はケチと言えます。

ケチと節約との違い②金欠をアピールしているかどうか

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E9%80%9A%E8%B2%A8-%E6%8A%95%E8%B3%87-%E4%BF%9D%E9%99%BA-948603/

ケチと節約との違いの2つ目は、おごってもらうために金欠アピールをしているかどうかです。

ケチな人は無理をしてでも出費を抑えたいので、金欠であるとアピールすることでおごってもらうことを狙っています。

例えば、「最近金欠で厳しいんだよね」「金欠で今金持ってなくて」といった言動が挙げられます。

そのため、頻繁に金欠であることをアピールしてくる人はケチである可能性が高いので注意が必要です。

ケチと節約との違い③自分だけが得する割り勘をしようとする

ケチと節約との違い3つ目は、自分だけが得をする割り勘をしようとするかどうかです。

節約をしている人は、自分の出費を抑えるために他の人の出費を増やし迷惑をかけません。反対にケチな人は、自分の出費を抑えるために必死になります。

例えば、「自分が料理を多く頼んだ時は割り勘を迫る」「自分があまり食べていない時は割り勘の値段を自分だけ少なくしようとする」などが挙げられます。

自分の得のためだけに割り勘でわがままを言う人はケチであるといって問題ないでしょう。

ケチと節約との違い④身だしなみにお金をかけるかどうか

ケチと節約との違い4つ目は、身だしなみを整えるためにお金をかけるかどうかです。

ケチな人は、服が汚くなっても、買い換えないなど自分の生活を犠牲にしている傾向にあります。

節約している人は、服の買い替えを我慢するのではなくリメイクをするなどお金をかけずに清潔・快適さを保つものです。

お金がかからないことを優先するあまりに、身だしなみが清潔ではなく快適さも損なわれているようであればケチと言って間違いないです。

ケチと節約との違い⑤時間よりもお金を優先する

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%87%90%E4%B8%AD%E6%99%82%E8%A8%88-%E9%81%8B%E5%8B%95-3179167/

ケチと節約との違い5つ目は、時間よりもお金を優先するかどうかです。ケチな人は、お金を最も大事にして、時間を無駄にしている傾向があります。

例えば、たった200円程度のお金のために5㎞もの距離を公共交通機関を使わず徒歩で移動するとします。5㎞の距離を徒歩で移動するには1時間ほど必要です。200円のために1時間も費やす価値はあるでしょうか。

出費を減らすためだけに必要以上の時間を費やしているのならばケチで間違いないです。節約する人は、タクシーなどの高い値段の移動手段を避け、運賃の安いJRや自転車などを利用している傾向にあります。

ケチと思われず節約する方法について解説します

ケチと節約の違いが分かった次は、節約をする方法について知りたいというかたも少なくないのではないでしょうか。そこで、この章ではケチと思われずに節約する方法について紹介していきます。

ケチと思われず節約する方法は、自分の生活の無駄な部分に限定して出費を抑えるということです。

なぜなら、生活を削ったり、他人にまで節約を押し付けてしまうと、無理をしてしまうことにも繋がりケチだと思われてしまうからです。

そのため、ケチと思われず節約するものは、交際費など生活に悪影響をもたらすものはそのままに、衝動買いを抑えるなど生活に影響が出ず他人に影響がでないものであることが大切です。

ケチとは思われない上手な節約方法3選

ここまでは、ケチと節約の違いについて解説してきました。ただ、ざっくりと違いを説明されただけだと、いまいちイメージが難しいかもしれません。

この章では、具体的な節約方法に関して解説していきます。具体的な節約方法は、以下の通りです。

ケチとは思われない上手な節約方法①固定費を安くする

具体的な節約方法1つ目は、固定費を安くすることです。固定費とは、生活に必要な出費のことを指します。具体的には、家賃やスマホの通信料、光熱費などです。

節約が上手な人は、家賃やスマホの通信料、光熱費をうまく抑えています。節約で浮いたお金を貯金することで、余裕のある生活を送っています。

家賃や通信代、光熱費を節約する具体的な方法は、下記記事で解説しています。合わせて読んでみてください。

【年間10万円以上の節約!】固定費の見直し方法を徹底解説します!

2020年8月6日

【一人暮らし必見!】あなたに合った通信費の節約術を公開

2020年7月16日

一人暮らしの節約法を紹介!光熱費の減らす6つのコツとは?

2020年7月15日

ケチとは思われない上手な節約方法②余計な物を買わない

具体的な節約方法2個目は、余計な物を買わないことです。節約が上手な人は、計画的に必要なものを購入しています。

たとえば、無計画にコンビニに立ち寄って飲み物を買ったり、お菓子、文房具を買ったりするとスーパーでそれらの物を購入するよりも割高になってしまいます。

購入するものを計画的に決めて、無駄な出費を抑えることで、賢く節約できますよ。

具体的な節約方法に関しては、下記記事で解説しています。日用品の管理をして無駄な買い物を控える方法に関して解説しています。

節約できる日用品の買い物は?賢い使い方も詳しく解説!

2020年8月19日

ケチとは思われない上手な節約方法③お金をかけずに遊びを楽しむ

具体的な節約方法3つ目は、お金をかけずに遊びを楽しむことです。上手に節約をしている人は、お金をなるべく使わずに遊んでいます。

たとえば、お弁当を作って公園でピクニックしてみたり、図書館で本を読むなどすればお金をほとんど使わずに遊べます。

まとめ

節約と無駄の違いは無理をしているかどうかでした。生活を犠牲にしてしまうと節約ではなくケチであるということを紹介しました。最後にケチと節約の違いを再度紹介します。

  1. 人へのプレゼントで出し惜しみをするかどうか
  2. 金欠アピールをしているかどうか
  3. 自分だけが得をする割り勘をしようとするかどうか
  4. 身だしなみを整えるためにお金をかけるかどうか
  5. 時間よりもお金を優先するかどうか

ケチと思われずに節約するには自分の生活を犠牲にせず、無駄な出費を抑えることが大切だと解説しました。

固定費を節約したり、無駄な買い物を省いたり、お金をかけない遊んだりすると、ケチと思われずにお金を節約できますよ。ぜひ、紹介した節約方法を実践してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。