新婚なのに…。借金を隠して結婚するリスクについて徹底解説!!

「婚約相手に借金を打ち明けたほうがいいのかな?」「借金してるなんて言いたくないな」などの悩みを抱えている方はいますか?

借金を結婚相手に打ち明けるべきかどうかって難しいですよね。この記事では、以下の借金の問題について書いていきます。

  • 借金を隠し通すことは可能か
  • 借金が隠し切れなくなる原因
  • 借金をしていることを隠すメリット・デメリット
  • 借金をしていることを正直に言うべきか

借金を結婚相手に打ち明けるべきかどうか迷っている方はぜひこの記事を読んでみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E4%B8%AD%E5%BF%83%E9%83%A8-%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F-%E7%B5%90%E5%A9%9A-%E6%89%8B-529607/)

新婚になっても借金を隠し通すことは可能

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/762176?title=%E7%9B%AE%E3%82%92%E9%9A%A0%E3%81%99%E5%AD%90%E4%BE%9B

新婚になってから借金を隠し通すことは可能なのでしょうか?結論から言うと、借金をしていることを隠し通すことは可能です。なぜなら、配偶者はあなたが借金をしているのかを調べる術がないからです。

以下の貸金業法第21条1項5号を見てもらえれば分かるように、貸金業者は債務者の借入に関する事実を債務者と保証人以外には明らかにしてはいけません。

貸金業法二十一条

貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

五 はり紙、立看板その他何らの方法をもつてするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。

出典:貸金業法第21条1項5号

たとえ、家族であってもあなたに借金があるのかを調べることはできないので安心してください。

新婚になってから借金が隠し切れなくなる原因

配偶者があなたの借金について調べることができなくても、借金がばれてしまう原因は4つほどあります。以下の4つがその原因です。

  • 契約書・明細書を見られる
  • 滞納による督促
  • 誤って言ってしまう
  • 1人で抱えきれなくなる

契約書・明細書を見られる

あなたが所持している契約書や郵送されてくる明細書を配偶者に見られてしまうと、あなたが借金をしていることがばれてしまうでしょう。

契約書は見つからない場所に隠しておき、明細書は郵送されてこないようにしておきましょう。

滞納による督促

借金の返済を滞納してしまうと、郵便による督促が送られてきます。それが配偶者に見つかると、あなたが借金をしていることがばれてしまいます。

返済の期日などをしっかりと把握して、滞納することがないようにしましょう。

誤って言ってしまう

誤って借金をしていると言ってしまうと、借金をしていることがばれてしまいます。口を滑らせないよう気を付けてください。

1人で抱えきれなくなる

借金を1人で抱えきれなくなれば、配偶者に相談するしかありません。そもそも、1人で抱えきれなくなる借金を隠して結婚するのはやめておいたほうが良いでしょう。

借金を隠して新婚になるメリット

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2395626?title=%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%88%E7%99%BD%E6%96%87%E5%AD%97%EF%BC%89

そもそも、結婚する際になぜ借金を隠しておきたいと思うのでしょうか。恐らく「隠し通せれば、何もなかったことにできる」からでしょう。

借金をしているという事実を伝えれば、相手が良い反応をすることはありません。婚約が決裂してしまうリスクさえあります。

借金がバレずることなく完済できれば、そもそも借金をしていなかったことにできます。1人で返しきる自信があるのであれば、隠しておくことも1つの手なのかもしれません。

借金を隠して新婚になるデメリット

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2328851?title=%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%88%EF%BC%B0%EF%BC%B3%EF%BC%A4%EF%BC%89

逆に、借金を隠して新婚になるデメリットも2つほどあります。以下の2つがそのデメリットです。

  • 罪悪感がある
  • 1人で返済しなくてはならない

罪悪感がある

借金を隠すということは配偶者を騙しているという行為に等しいです。借金が完済できるまでは罪悪感にさいなまれることになるかもしれません。

1人で返済しなくてはならない

借金を1人で返済しなくてはいけないのは大変なことでしょう。配偶者にばれないようにするには、あなた自身の自由に使えるお金を返済にあてることになります。

また、たった1人で返済しなくてはいけないという事実に心細く感じてしまうかもしれません。

新婚になる前に債務整理を行う

返済が厳しい額であれば、新婚になる前に債務整理を行うことで借金の負担を減らすことをおすすめします。主に行われる債務整理は以下の3つです。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理とは債権者と債務者が話し合いを行って借金を決めなおすことです。債務者の代理人として弁護士や司法書士が話し合いを行います。

任意整理を行うことで、将来発生する利息をカットできたり、返済期限を延長してもらうことができるかもしれません。

ただし、債務整理を行うと信用情報に登録されてしまい、借入やローン、クレジットカードの作成が5年間できなくなってしまいます。住宅ローンや自動車ローンを組むことができないことが結婚後に発覚し、債務整理をしたことがばれてしまうリスクがあります。

個人再生

個人再生とは裁判所を通して借金を減額できる制度です。個人再生には小規模個人再生給与所得者等再生の2つがあります。

小規模個人再生はサラリーマン、給与所得者等再生は事業主が行うものだと考えてもらえればよいです。

小規模個人再生を行うと最低弁済額と所有する財産の総額が多いほうを返済額とします。最低弁済額は以下の表に記します。

借金総額 最低弁済額
0円~100万円 全額
100万円~500万円 100万円
500万円~1500万円 借金の5分の1
1500万円~3000万円 300万円
3000万円~5000万円 借金の10分の1

個人再生を行うと信用情報に登録されるだけでなく、住所氏名が官報という国が発行する機関誌に掲載されてしまいます。

個人再生をしなければ返済が厳しいのであれば、結婚はまだやめておいたほうが良いでしょう。

また、結婚したとしてもローンを組もうとしたり、配偶者が官報を見たりすることで債務整理を行ったことがばれてしまいます。

自己破産

自己破産を行うと、借金の支払い義務を放棄することができます。

ただし、裁判所が定める一定以上の財産はすべて没収。信用機関への登録。官報への掲載。一部の職業・資格が制限されてしまうなどのデメリットがあります。

自己破産をしなければ返済が厳しいのであれば、結婚はまだやめておいたほうが良いでしょう。

また、結婚したとしても他の債務整理と同様、バレてしまう可能性はあります。

債務整理の相談ならおすすめはここ!

もし今あなたが未返済の借金について悩んでいるのであれば、債務整理を考えてみませんか?

法的手続きを取ることによって、未返済の借金を減額してもらえたり、0にすることもできるんです。そんな債務整理は個人でも手続きができるのですが、非常に難しいので専門家にお願いするのが一般的です。

債務整理を考えているならば、以下の記事で紹介している弁護士事務所がおすすめですよ。まずは一度目を通してみませんか?

【オススメまとめ】借金・債務整理を相談できる弁護士事務所紹介

2018年12月15日

新婚になってから借金がばれてしまったら

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2402880?title=%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF

新婚になってから借金がばれてしまったらどうなるのでしょうか。

借金を隠していたことを許してくれ、一緒に返済してくれるかもしれません。ですが、借金を隠していたことを許してもらえずに離婚に発展してしまう恐れもあります。

また、精神的苦痛を受けた損害賠償として慰謝料を請求される可能性もあります。

借金を隠していたことが離婚につながり、慰謝料まで請求されてしまったら大変ですね。借金を配偶者に隠すことは自由ですが、それ相応のリスクがあることを覚えておいてください。

新婚になる前に正直に言うべき

金額や状況にもよりますが、新婚になる前に借金があることを正直に伝えることがベストな選択肢だと思います。

借金があることを事前に伝えておけば、あとから借金が原因で問題になる可能性を回避できるかもしれません。

また、1人で借金を抱えることなく配偶者と協力して借金を返済していくことができます。

もちろん、正直に伝えることによって婚約が決裂する恐れもありますが、それでも後から問題になるよりも正直に伝えるほうが紳士的な対応でしょう。

借金を抱えたまま新婚になることについて

借金を正直に打ち明けたとしても、借金をしたまま結婚することで相手には迷惑をかけることになるでしょう。

返済を終えるまで収入の一部を返済にあてなければいけないので、家計に負担をかけてしまったり、娯楽にお金を使うことができなくなってしまうかもしれません。

借金をしていることを受け入れてくれたことや、一緒に返済してくれる配偶者に感謝の気持ちを忘れないようにしてください。

借金の原因によっては身を引くべき

あなたはどんな理由で借金をしましたか?学費。生活費。娯楽費。ギャンブル。など様々な理由が考えられます。

もしもあなたが、娯楽費やギャンブルのために借金をしたのであれば結婚することはまだやめておいたほうが良いでしょう。

借金をするほどまで娯楽やギャンブルにのめり込んでいるということは、買い物依存症やギャンブル依存症になっている可能性があります。

まずは、依存症を克服しないと再度同じ理由で借金をしてしまう可能性が高いです。まずは、依存症の治療や金銭感覚を通常に戻すところから始めましょう。

借金に関する相談ならおすすめはここ!

借金についてもし今あなたが悩んでいるのであれば、その悩みを専門家である弁護士に相談してみませんか?

例えばどのように返済計画を立てればいいのか、借入先を1つにまとめるためにはどうすればいいのかなどのあなたの相談を、詳しい弁護士に聞いてみてください。きっとあなたの悩みも解決するはずですよ。

以下の記事では当サイトがおすすめする弁護士事務所を紹介していますので、まずは1度目を通してみてくださいね。

【まとめ】借金問題を相談できるオススメ弁護士事務所紹介

2018年10月26日

まとめ

いかがでしたでしょうか。最後に今までの内容をまとめておさらいしましょう。

まとめ
  • 借金を隠し通すことは可能
  • 借金を内緒で完済できれば借金をしていた事実をなかったことにできる
  • 借金を秘密にしておくと、罪悪感と心細さに襲われる
  • 結婚前に債務整理を行っておくのもアリ
  • 借金を隠し通せなかった時のリスクは大きい
  • 借金は正直に打ち明けたほうが良い
  • 借金の原因によっては身を引くべき

借金を相手に伝えるのに抵抗があるのは分かりますが、1人で抱え込むよりも2人で乗り越えたほうが、2人で大きな壁を乗り越えたという絆も生まれるかもしれません。