良い・悪い借金の違いとは?お金を借りる意味を考えよう

あなたは借金についてどのようなイメージを持っていますか?おそらく多くの人が借金に対してあまり良くないイメージを抱いているのではないでしょうか。

しかし、借金は多くの人が思ってるような悪いものではなく、意味のある良い借金も多く存在します。

この記事では意味のある良い借金と意味のない悪い借金についてまとめていきます。

ぜひこの記事を読んで意味のある良い借金と意味のない悪い借金を見極められるようにしましょう。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84-%E8%B2%A7%E3%81%97%E3%81%84-%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%81%AA%E3%81%97-2070384/)

意味のある良い借金

では、意味のある良い借金とはいったいどのようなものなのでしょうか。

判断する基準は2つあります。それは、借金をする理由が前向きであるということ、借金をした以上のリターンを見込めるということです。

借金をする理由が自分の将来のためであれば前向きな借金といえますよね。また、借金をしても最終的に利益を出すことができプラスになれば、借金をした以上のリターンを得られたということです。

このような借金は意味のある良い借金といえます。このような借金は積極的にしていきましょう。

スポンサーリンク

住宅ローンは意味のある良い借金

住宅ローンは意味のある良い借金である場合が多いです。住宅ローンという借金をすることでマイホームを購入することができます。

マイホームを購入することにより人生をより豊かにすることができます。この場合、前向きな理由で借金をすることになるので意味のある良い借金といえるでしょう。

しかし、すべての人にとって住宅ローンが意味のある借金であるというわけではありません。

特にマイホームが欲しいとは思わないが何となく住宅ローンを組んで家を購入してしまった場合などは、良い借金をしたとはいえないので注意してください。

教育ローンは意味のある良い借金

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AA-%E6%95%B0%E5%AD%A6-%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0-1044090/

教育ローンも良い借金である場合が多いです。お金を借りて大学へ進学すれば、興味のあることをより深く学ぶことができたり学歴によって良い職業に就くことができたりします。

この場合も前向きな理由の借金であったり、将来より大きなリターンを見込める借金なので意味のある良い借金といえます。

しかし、何も考えずとりあえず周りに流されて特にネームバリューもない大学に進学した際の借金はあまり良い借金とはいえません。

スポンサーリンク

冠婚葬祭のための借金は意味のある良い借金

冠婚葬祭のための借金は意味のある良い借金なのでしょうか。結婚式や葬式は数少ない急な出費となりますよね。

そのような、急な出費に対応するための借金は前向きな理由となるので意味のある良い借金といえますね。

冠婚葬祭以外でも急な出費に対応するための借金をすることは問題ないです。急な出費に対応するためにお金を借りることは悪いことではないので、引け目を感じることなく借りて大丈夫です。

金融商品の購入や不動産投資のための借金は意味のある良い借金

金融商品の購入や不動産投資のための借金は意味のある良い借金です。

金融商品や不動産を購入のために借金をすることで、将来的に継続して収入を得ることができます。

結果として借りたお金以上のリターンを見込めるので、金融商品や不動産を購入するための借金は意味のある良い借金といえます。

ただし、金融商品や不動産商品は最終的に利益を得ることができない劣悪な商品が多く出回っています。悪い商品をつかまされないように気を付けて下さい。

スポンサーリンク

意味のない悪い借金

意味のある良い借金の後は意味のない悪い借金について紹介していきます。

意味のない悪い借金は、意味のある良い借金の逆の借金だと考えて下さい。つまり、後ろ向きな理由であったり将来的にリターンの見込めない借金が意味のない悪い借金です。

その場しのぎの借金や消費や浪費のための借金は、後ろ向きな理由であり将来的にリターンを見込めないので意味のない悪い借金の典型的な例といえます。

生活費のための借金は意味のない悪い借金

生活費のための借金は意味のない悪い借金です。生活費が足りないから仕方なく借りるという後ろ向きな理由であるうえに、消費のための借金であるので何のリターンも見込むことができません。

節約をして支出を減らす、もしくは副業などをして収入を増やすなどの対策を取り、支出が収入を上回っている状態を早急に改善して下さい。

生活費のために借金をしても何の解決にもつながらず、余計に家計を圧迫することになるので絶対にやめましょう。

ギャンブルをするための借金は意味のない悪い借金

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E7%9B%A4-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-1003120/

ギャンブルをするための借金も意味のない悪い借金です。ギャンブルで勝てることはほぼないため、ギャンブルのために借金をすることは将来的に考えて最悪です。

将来リターンが見込めないどころか、借りたお金すら返せなくなってしまうでしょう。

また、ギャンブル依存症になってしまえば、借金を繰り返して最後には破産するしかなくなってしまうかもしれません。

ギャンブルのために借金をしてしまうと後悔することになるので、ギャンブルのために借金をするのはやめておきましょう。

借金をする意味を考えよう

同じことに借金をしても、人によっては意味のある良い借金になったり、人によっては意味のない悪い借金になったりします。

自分が何のために借金をしようとしているのか、それをすることでどうなる可能性があるのかを考えてから借金をすることが大切です。

借金をする意味があると思えば借金に踏み込み、借金する意味がないと感じたのなら借金をするのはやめておくのが吉です。

後悔することがないよう、よく考えてから行動するようにしましょう。

まとめ

以上が意味のある良い借金と意味のない悪い借金についてまとめたものです。良い借金と悪い借金の違いを理解することができたでしょうか。

借金をしようか迷っているなら、意味のある良い借金なのか意味のない悪い借金なのか見極めてから借金をするのかどうか決めることをおすすめします。

意味のある良い借金は積極的にして、意味のない悪い借金をしないようにすることで将来大きなリターンを得ることができるでしょう。

この記事を読んだあなたが理想的な未来をつかんでいることを期待しています。最後まで読んでくださりありがとうございました。