債務と債権の意味をそれぞれ徹底解説。正しく言葉を理解しよう!

「債務と債権…。簡単に言えばお金を借りる側と貸す側ってことだけど、ちゃんと意味を理解してないかもしれない…。」

借金などでよく聞くのが、債務と債権という言葉です。この2つの意味をちゃんと理解している人は、案外少ないものです。

この記事では、債務と債権のそれぞれの意味について解説していきます。

DEBIT INSIDER編集部

この記事を読んで、債務と債権の意味を正しく理解して、借金などのトラブルを防いでいきましょう。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/質問マーク-質問-マーク-記号-1722862/

債務と債権の意味の違い①債務について

https://pixabay.com/ja/illustrations/債務-ローン-クレジット-お金-1500774/

まずは、債務という言葉について説明していきますね。債務とは、ある人が相手に対して一定の行動をしなければならない義務を負っている状態を指します。

例えば、Aさん(債権者)がBさん(債務者)に100円を貸したとします。この場合、Bさんに債務の義務が発生し、Aさんは債権者としてBさんに債務を履行する権利を主張できるのです。

なお、債務の義務を負っている債務者が義務を果たせない場合、債務不履行となり債権者から損害賠償請求や契約解除といった請求がされてしまいます。

債務者は債権者と比べて弱い立場にあり、義務を履行できない場合は様々なペナルティが課せられてしまうのです。

債務と債権の意味の違い②債権について

https://www.pakutaso.com/20190316063post-19851.html

次に、債権という言葉について説明していきますね。債権とは、ある人が相手に対して一定の行為を請求できる状態を指します。

Aさん(債権者)とBさん(債務者)の具体例で説明した通り、Bさんがお金を返してくれない場合、AさんはBさんに対して債務を履行するように主張できます。場合によっては、法的に訴えることもできるのです。

債務者よりも債権者の方が、立場的に強いです。債権者は、債務者に対して確実に債務を履行できるように権利を主張できます。

DEBIT INSIDER編集部

次の項目から、債務と債権の意味について具体例を踏まえながら解説していきます。

具体例から見る債務と債権の意味①売買契約について

https://pixabay.com/ja/photos/人-女の子-立っている-話-2581913/

まずは「売買契約」の具体例から、債務と債権の意味の違いについて解説していきます。日常で、私たちがなにげなくお店で買い物をしている時も、債務と債権の関係は成り立っているのです。

例を挙げると、スーパーで野菜を買う人はスーパーで野菜を売るお店側に対して、野菜を引き渡すように請求できる債権があると同時に、野菜のお金を払う債務が発生します。

一方で、スーパーで野菜を売るお店側は、野菜を買う人に対してお金の支払いを請求する債権と同時に、野菜を引き渡す債務が発生するのです。

このように、買う側と売る側の二者間に、債務と債権は発生しているのが分かります。

具体例から見る債務と債権の意味②雇用契約について

https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-オフィス-契約-達成-3167295/

次は「労働契約」の具体例から、債務と債権の意味の違いについて解説していきます。レストランなどでアルバイトをする場合や、会社で働く場合でも債務と債権の関係は成り立っているのです。

例を挙げると、あるレストランが学生をアルバイトとして雇ったとします。この場合、レストランは学生に対して労働を求める債権があると同時に、労働の対価に見合った給料を支払う債務を負うのです。

一方で、アルバイトの学生はレストランに対して、給料を請求する債権があるのと同時に、給料に見合った労働を提供する債務が発生します。

このように、雇う側と雇われる側の二者間に、債務と債権は発生しているのが分かります。

具体例から見る債務と債権の意味③借金の場合について

https://pixabay.com/ja/photos/契約-署名-リース-1464917/

次は「借金」の具体例から、債務と債権の意味の違いについて解説していきます。「借金」は法律的に「金銭消費貸借契約」に基づいて、債務と債権が成立しているのです。

例を挙げると、A銀行からBさんが借金をした場合、借り主であるBさんはA銀行に対して借りたお金を返す債務を負うことになります。

一方で、A銀行はBさんに対して、貸したお金を滞りなく返してもらうよう請求できる債権が発生するのです。

借金はお金を貸す側と借りる側の二者間に債務と債権が発生し、Bさんはお金を借りる債権があり、返す債務があります。一方で、B銀行はお金を返してもらう債権があり、貸す債務もあります。

片務契約における債務と債権の意味

https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-署名-契約-962359/

ここまで、債務と債権の意味について3つの具体例を踏まえて解説していきました。3つの具体例は、どれも二者間の契約に基づいて関係が成り立つものです。これを、「双務契約」と呼びます。

一般的に、債務と債権の関係は「双務契約」において成立しますが、例外的に「片務契約」と呼ばれる契約も存在するのです。

「片務契約」とは、当事者の一方だけが相手に対して債務を負っている契約のことをいいます。具体例を踏まえて説明すると以下のような状況を指します。

具体例

ある日、AさんがBさんに、無料でゲーム機をあげる契約をしました。

この時に、AさんはBさんに無料でゲーム機をあげる債務を負うことになります。一方で、Bさんは債務を負うことなく、ゲーム機を手に入れられるのです。

このように、当事者間の一方のみに債務を負っている状況が「片務契約」の特徴です。当事者の二者間で、債務と債権の関係が成り立っている「双務契約」とは対象的なのが分かりますね。

債権者が債務者に対してできること

https://pixabay.com/ja/photos/小槌-オークション-法-2492011/

債務者は債権者に対して、債務の義務を果たす必要があります。一方で、債権者は債務者に対して債務を履行するように権利を主張できます。

もし、債務者が義務を果たせなくなった場合、債権者は以下の手法を使って債務者に迫ります。

債権者が使える方法
  • 「強制執行」― 債務者が義務を果たせなくなった場合に、債権者が法的に財産を差し押さえて、強制的に義務を果たさせること
  • 「契約の解除」― 契約を初めからなかったこととして扱い、債権者が代金を支払った場合は返還する義務が発生すること。
  • 「損害賠償の請求」― 債務者が義務を果たさなかったことで、債権者が被った損失を債務者に対して請求すること

債権は譲渡されることもある

https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-書類-契約-3152586/

場合によっては、債権が譲渡されることもあります。債権の譲渡は、消費者金融や銀行などから借金をした場合に起こりうることです。

例を挙げると、Aさんが消費者金融Bからお金を借りて、しばらくの間延滞してしまったとします。消費者金融BはAさんの借金回収が困難などの理由で、債権を債権回収会社に売却するのです。

債権回収会社は、債務者から借金を取り立てることに長けたプロ集団が在籍しています。

そのため、債権が債権回収会社に移った場合、Aさんは消費者金融Bよりも厳しく借金返済を迫られる可能性があるのです。

債務と債権の意味は複雑になりがち。専門家に相談を

https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-レディ-女性-女の子-3560932/

ここまで債務と債権の意味などについて解説していきました。債務と債権の関係は、「双務契約」といった二者間のやり取りが通常ですが、第三者が登場したり、不動産が関わったりすると意味が複雑になります。

債務と債権の関係や意味が複雑で悩んでいるなら、法律事務所などの専門家に相談することをおすすめします。

私がおすすめするのは、「おしなり法律事務所」です。「おしなり法律事務所」がおすすめな理由は以下の通りです。

おすすめな理由
  • 全国で無料出張相談会を開催している
  • お手頃な価格で利用しやすい
  • 債務整理などの、借金に関する相談に強い
  • 代表の馬屋原潔氏の人柄が親しみやすい
  • 相談したその日のうちから即日対応

借金に関する相談に強いので、債権と債務の関係が複雑であっても、専門家が分かりやすくあなたに説明してくれます。

また、法律事務所の代表の性格がとても優しいので、どんな悩みでも相談に応じてくれますよ。

おしなり法律事務所

代表弁護士:馬屋原潔

相談:無料

TEL:03-6658-4796

特徴:全国対応、何度でも相談無料

馬屋原潔代表が「相談しやすい環境で弱者を助ける法律事務所」と表現している通り、どこよりも相談者に寄り添った法律事務所です。全国で受任していることに加え、委任前であれば、対面相談も無料。さらに、「匿名で相談したい」などの融通が利くところもおしなり法律事務所の特徴でしょう。

まとめ

ここまで、債務と債権の意味について解説していきました。内容をまとめますと、以下の通りです。

まとめ
  • 債務とは、ある人が相手に対して一定の行動をしなければならない義務を負っている状態のこと
  • 債権とは、ある人が相手に対して一定の行為を請求できる状態のこと
  • 債務と債権の関係は、「双務契約」と呼ばれる二者間のやり取りが通常。例外として「片務契約」と呼ばれる当事者の一方だけが相手に対して債務を負っている契約もある
  • 債権者は、債務者が義務を果たせない場合に、債務者に対して「強制執行」「契約の解除」「損害賠償の請求」を行える
  • 債権譲渡されることもあり、債権者が変わることで債務者は、債務の履行を厳しく迫られる可能性がある

債務と債権の意味は、状況に応じて複雑なものになりがちです。そんな時は法律事務所などの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

DEBIT INSIDER編集部

債務と債権の意味を正しく理解して、借金などのトラブルを防いでいきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

介護職員(6年目)として、毎日奮闘しながらwebライティングをしています。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②観光記事の執筆③納期厳守です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) twitterにて、私の書いた記事を毎月3つ公開しています。 Google検索10位以内の実績、Google検索数1000万のキーワードでトップの実績あり。 水族館に関する情報サイト、「ふぉむすい」を運営してます。 水族館と1人旅を愛する、おさかなさん。