ポケットハッシュ(Pocket Hash)とは?【特徴・仕組み・安全性を解説します!】

最近注目されているポケットハッシュとはどのようなサービスなのでしょうか。

そこで、今回はポケットハッシュの特徴や仕組み、安全性について解説していきます。この記事を読めばポケットハッシュがどのようなサービスなのか知ることができます。

なので、ポケットハッシュについて知りたい方はこの記事を読んでみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%89%B1%E6%B2%B9%E5%9C%A7%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%99%E3%83%AB-%E9%89%B1%E6%A5%AD-%E9%87%8D%E6%A9%9F-1736293/#content)

ポケットハッシュとは?

ポケットハッシュとは、集団でマイニングを行う「クラウドマイニング」というサービスです。

ポケットハッシュはPHTをマイニングすることで収益を得ることができます。PHTについては後述します。

マイニングとは新たなブロックを生成し、その報酬として仮想通貨を手に入れる行為のことです。一般的には、「採掘」を英訳した「マイニング」という名前で定着しています。マイニングの役割は「仮想通貨の新規発行」と「取引の承認」です。
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/glossary/mining

このポケットハッシュは2020年1月25日に日本でリリースされました。フィリピン、マレーシアに続いてのリリースだそうです。

様々なメディアが取り上げており、注目されているみたいなので期待されているのかもしれませんね。ゲームのような感覚でマイニングを行うことができるので使いやすそうな印象です。

ポケットハッシュの基本情報

基本情報

ポケットハッシュには独自トークンというものがあります。基本的に仮想通貨と同じですが、違いとしては仮想通貨は独自のブロックチェーン上に作られます。

しかし、トークンは既存のブロックチェーン技術で作られます。分かりやすく言えば仕組みをコピーしているということです。

ポケットハッシュはこのトークン(PHT)を使って取引をしていきます。つまり、PHTはポケットハッシュ内の通貨ということですね。

ポケットハッシュの特徴は?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9B%BB%E6%BA%90%E3%82%92%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%84%A1%E5%8A%B9%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B-2925962/#content

ポケットハッシュは大きく4つの特徴に分けることができます。それは以下の通りです。

  • ウォレット機能
  • 仮想通貨取引所機能
  • ニュース
  • コミュニティ

ポケットハッシュはこれらの機能が1つになったものです。この中でマイニング報酬を得るためにウォレット機能を使用します。

ウォレット機能には換金ウォレット採掘ウォレットがあり、2つの役割を理解しておくことが重要です。なので、2つの役割をそれぞれ解説していきます。

ポケットハッシュの換金ウォレットの機能とは?

まず、換金ウォレットの機能について解説していきます。換金ウォレットはマイニング報酬の受け取りやPHTを他の仮想通貨に換金できるウォレットです。

換金ウォレットにはログインボーナスがあり、ログインすることで0.1〜20PHT(10円〜2000円)のボーナスを獲得することができます。

この換金ウォレットで獲得したマイニング報酬やログインボーナスは採掘ウォレットに送金することもできますよ。

ポケットハッシュの採掘ウォレットの機能とは?

次に、採掘ウォレットについて解説します。採掘ウォレットはPHTの購入やPHTの運用をするウォレットです。採掘ウォレットでPHTを運用することで報酬を得ることができます。

PHTの使い方は、マイニングマシンを購入するかプールに送金することです。プールについては後で詳しく解説しますね。

マイニングマシンは5種類あり、高いものほど多く採掘することができるので利回りも大きくなります。

ポケットハッシュのプールとは?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3186755?title=%E6%A7%98%E3%80%85%E3%81%AA%E5%AE%B6%E8%A8%88%E3%81%AE%E8%A6%8B%E7%9B%B4%E3%81%97)

ポケットハッシュには、プールという機能があります。プールの機能を分かりやすく例えるなら資産運用ですね。

採掘ウォレットからPHTをプールに送金することで、PHTを運用することができます。プールに送金すれば、送金枚数に対して毎日0.2%が採掘ウォレットに還元されます。

また、この送金枚数は実際に送金した枚数の5倍で運用されるので、1000PHTを送金すれば5000PHTでの運用が可能です。

ポケットハッシュの等級とは?

ポケットハッシュには等級があり、等級は高いほどいいです。この等級が高いほど換金手数料が低くなり、換金限度額と換金枠の開放率が上がります。

等級は毎日のマイニング報酬額と換金枠の残高によって変わるので、等級を上げるためには工夫も必要なのかもしれません。

最初の作業員の換金手数料は25%ですが、一番上の社長まで等級が上がると換金手数料は6%まで低くなります。換金にかかる手数料が約20%も変われば利益にもかなり影響してきますね。

なので、ポケットハッシュを上手く利用するためには等級を上げていくことが重要です。

ポケットハッシュは紹介報酬もある

ポケットハッシュの報酬には紹介報酬というものがあります。紹介人数が多いほど報酬が大きくなっていきます。

自分の紹介者系列のメンバーのマイニング採掘量10%〜50%が報酬となるので、多くの人を紹介した方が良さそうです。

また、直接紹介者1名につき101PHTを受け取ることもできるので、紹介報酬を上手く使えば、報酬を増やしていくことができます。

さらに、紹介で得た報酬は等級を上げる条件にも反映されるので紹介報酬が多いほど、昇格しやすいです。なので、紹介報酬はポケットハッシュの攻略の鍵となるかもしれません。

ポケットハッシュの安全性は?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B5-%E8%BF%91%E4%BB%A3%E6%80%A7-2818664/

ポケットハッシュは安全なのかと心配になる方も多いと思います。今のところ問題になってはいませんが怪しいという人もいるので、賛否両論という感じです。

なので、現時点では正直なところなんとも言えません。確かなことは、ポケットハッシュは割と注目されているということと、今のところ問題にはなっていないということです。

怪しいという意見も確かにありますが、現時点で問題があるわけではありません。

しかし、これからポケットハッシュを利用するのであれば、自分でも常に最新情報を集めるなどの対策をしておきましょう。

まとめ

今回はポケットハッシュについて解説してきました。ポケットハッシュは複数のメディアに注目されているサービスです。なので、これから大きく広まっていく可能性は高いと言えます。

しかし、不安の声があるのも事実です。今のところ問題はないですが、大事なのはこれからですね。詐欺などではないことを願います。

そのような面も含めてポケットハッシュが今後、どのようになっていくのか注目していきたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

ユウキ

SEOライター/ 小学生のから野球を始める/ 大学時代、神宮ベスト8/ web+と出会い、SEOライティングを学ぶ/ 主にweb+の運営するメディアで執筆中/ 金融系が中心/ 他のジャンルにも対応可能/