Apple Payの安全性は?セキュリティ面について詳しく解説していきます!

最初に結論から言うと、Apple Payはセキュリティがしっかり整えられているので安全です。しかし、Apple Payのセキュリティについて不安に思う方は少なくありません。

そこで、この記事ではApple Payがどれだけ安全なのか解説し、後半では、Apple Payを使うメリットも解説していきます。

なので、この記事を読んで、Apple Payを使う際の参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%A4%9C%E9%96%B2-%E5%88%B6%E9%99%90-%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%94%B1-%E6%8A%91%E5%88%B6-610101/#content)

Apple Payのセキュリティは安全!

まず、Apple Payのセキュリティはとても安全です。Apple Payのセキュリティ機能はデバイスのハードウェアとソフトウェアの双方に組み込まれています。

これによって、利用者の取引を保護しています。かなり複雑なセキュリティになっているということですね。これは、実際にクレジットカードで支払いするよりも安全らしいです。

とはいえ、具体的にどんな安全対策が取られていないかが分からないと、納得できないですよね。なので、ここからはApple Payが安全な理由を4つ解説していきますね。

Apple Payが安全な理由①クレジットカードの暗号化

出典:https://unsplash.com/photos/gcgves5H_Ac

Apple Payを使うにあたって、クレジットカードを登録する必要があります。この際、クレジットカードの情報は暗号化されるので、情報が漏れる心配はありません。

Apple Payにクレジットカードを登録するとき、そのクレジットカードの情報は暗号化されてApple社に送信されるので情報が漏れる心配はいりません。

そして、最終的に各デバイス内にある「Secure Element」というところに保存されます。

Secure Element は、支払い情報の安全な保管のために設計された業界標準の公認チップです。これにより、通常のクレジットカード番号やデビットカード番号とは異なり、カード発行元はこの番号が磁気ストライプカードや Web サイト上で、あるいは電話を介して不正利用されるのを防止できます。
出典:https://support.apple.com/ja-jp/HT203027

Secure Element内の情報は、AppleのサーバやiCloudにもバックアップされません。なので、安全にApple Payを使用することができますよ。

Apple Payが安全な理由②本人確認

出典:https://unsplash.com/photos/RDufjtg6JpQ

Apple Payを使用するときには、Face IDかTouch IDで本人確認をします。顔や指紋はマネできるものではないので、安全性をかなり高めることがます。

暗証番号がバレたら悪用される可能性はありますが、それはクレジットカードでも同じです。ただ、複雑な暗証番号にしていれば、そう簡単にバレることはないですからね。

基本的に日常でiPhoneの暗証番号が知られることはないですし、iPhoneが盗まれる可能性も高くありません。

iPhoneを落としたとしても本人確認ができないとApple Payは使えないので、本人確認はかなり安全な機能です。

Apple Payが安全な理由③個人情報が保護されている

出典:https://unsplash.com/photos/u5Zt-HoocrM

Apple Payは個人情報を保護する仕組みも万全です。Apple Payで使用するカードの情報をApple社が保管したり、入手したりすることはありません。

Apple Payを使うとき、決済は利用者とApple Payの加盟店、カード発行元の三者間で完結します。なので、Appleが個人情報を特定するといったことはありません。

また、先述したようにApple Payのセキュリティ機能はデバイスのハードウェアとソフトウェアの双方に組み込まれています。そのため、クレジットカードで支払いするより安全と言われています。

個人情報の保護の仕組みは万全というだけあって、きちんと対策されているようです。

Apple Payが安全な理由④紛失しても大丈夫

出典:https://unsplash.com/photos/x3ysva6xtUc

万が一、iPhoneを紛失したとしても大丈夫です。「iPhoneを探す」の設定を事前にしておけば、iPhoneを紛失しても「紛失モード」を使うことができます。

「紛失モード」を使えば一時的にApple Payの使用を止めることができるので、「iPhoneを探す」の設定は事前にしておきましょう。

この設定をきちんとしておけば、iPhoneを紛失してもApple Payを悪用されることはありません。

Apple Payの安全性に関する評判

Apple Payに対して、セキュリティ面の不安を持つ方は少なくありません。やはり、セキュリティ面を気にする方は多いようです。

しかし、ここまで解説してきたようにApple Payの安全性はかなり信用できます。なので、世間が思っているほど、Apple Payのセキュリティ面に不安を持つ必要はないでしょう。

Apple Payは安全なだけでなく、便利に使うこともできます。その便利さについても簡単に解説していきますね。

Apple Payを使えば支払いが楽になる!

出典:https://www.apple.com/jp/apple-pay/

先ほども言いましたが、Apple Payを使えば支払いがとても楽になります。現金なら財布からお金を出してお釣りをもらわなければなりません。

しかし、Apple PayはiPhoneだけで支払いをすることができます。しかも、お釣りはでません。なので、支払いが楽になるだけでなく、支払いにかかる時間も短縮することができますよ。

また、複数のクレジットカードを登録できたり、Suicaも登録したりすることができるので、交通機関も利用することができます。

最初は慣れないかもしれませんが、使っていくうちに現金の不便さに気づくはずです。支払いを楽に、速く終わらせたいのであればApple Payはピッタリですよ。

Apple Payの使い方はとても簡単!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%AE%E3%82%93%E3%81%B3%E3%82%8A-%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%AA%E3%81%97-%E5%A5%A8%E5%8A%B1%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-3842473/#content

Apple Payの使い方はとても簡単です。 Walletというアプリにクレジットカードを登録すれば、すぐに使うことができます。

クレジットカードに登録する方法もとても簡単なので、5分もあれば登録できますよ。なので、今からApple Payを始めましょう。

Apple Payの使い方を詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてみてください。「Appleの公式サイトはこちら

Apple Payを使うときに気をつけること

Apple Payを使うときには、気をつけておかなければならないことがあります。

それは、iPhoneの充電が切れたら使うことができないということです。iPhoneをよく使う人であれば、充電が一日持たないこともありますよね。

電源が切れてしまってはApple Payは使えません。なので、充電がすぐに無くなる人は持ち運びの充電器を持っておくか、最低限の現金は持っておきましょう。

安全なApple Payを使おう!

Apple Payは安全で便利な機能を持っています。セキュリティ面に不安を持つ方は多いですが、きちんと対策されているので、その心配はいりません。

現金で払うよりとても楽に支払いができますし、使い方も簡単です。なので、この機会にApple Payを始めましょう。

最近はキャッシュレスなら5%還元されるキャンペーンもしているのでお得です。あなたもこの機会にApple Payを始めてみませんか。

iPhoneにWalletがダウンロードされていないという方はここからダウンロードできますよ。「Apple Walletのダウンロードはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

ユウキ

SEOライター/ 小学生のから野球を始める/ 大学時代、神宮ベスト8/ web+と出会い、SEOライティングを学ぶ/ 主にweb+の運営するメディアで執筆中/ 金融系が中心/ 他のジャンルにも対応可能/