FX

FXは何歳からできる?口座開設の年齢制限や申し込み基準を解説

FXに興味を持っているあなたは、「FXって何歳から始められるんだろう」と気になっているのではないでしょうか。

結論から言うと、FXは18歳以上から始めることが可能です。しかし、FX会社によって年齢制限や申し込み基準が異なるため、各社の条件を満たす必要があります。

そこで本記事では、FXの年齢制限や申し込み基準について詳しく解説します。また、取引を始める際の注意点や初心者におすすめのFX会社も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6801874/)

FXの年齢制限は何歳から何歳まで?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ぼかし-チャート-コンピューター-1853262/#content

FXの口座開設は、基本的に満18歳以上または満20歳以上から申し込むことが可能です。

2022年(令和4年)4月1日から、成年年齢が18歳に引き下げられたことにより、多くのFX会社では18歳から口座開設できるようになりました。

また、口座開設の年齢の上限は80歳前後が主流です。とは言え、各社によって年齢制限の条件は異なるので、必ず公式サイトにある情報もチェックするようにしましょう。

次の章からは、主要な国内・海外FXの年齢制限について解説していくので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

国内FXの年齢制限は何歳から何歳まで?

まずは国内FXの年齢制限の条件から紹介します。以下の表は、主要な国内FXにおける口座開設が可能な年齢になります。

外為どっとコム 満18歳以上・80歳以下
SBI FXトレード 満18歳以上・上限の記載なし
DMM FX 満20歳以上・75歳未満
GMOクリック証券 満20歳以上・上限の記載なし
みんなのFX 満20歳以上・80歳以下

上記の年齢を見て分かるように、国内FXの口座開設は満18歳・満20歳以上からというケースが多いです。

成年年齢は18歳に引き下げられましたが、FX会社によっては満20歳からとしているところもあります。

海外FXの年齢制限は何歳から何歳まで?

続いて、海外FXの年齢制限の条件について紹介します。各社の口座開設の年齢制限は以下の通りです。

XM 18歳以上・80歳未満
Axiory 18歳以上・上限なし
Tradeview 18歳以上・上限なし
FxPro 18歳以上・上限なし
FXDD 18歳以上・上限なし

海外FXの場合、基本的に18歳以上であれば口座を開設できます。諸外国は成年年齢が18歳であるところが多いため、FXの年齢も18歳に設定されていると考えられます。

一部のFX会社は何歳からでも口座開設できる

ここまでFXの年齢制限について解説してきましたが、 FX会社の中には「未成年口座」を取り扱っているところもあります。

未成年口座とは、その名の通り未成年者を対象にした口座のことで、年齢制限の条件(18歳・20歳以上)を満たしていなくても口座開設が可能です。

但し、原則として親権者の同意が必要で、「未成年の取引に関する同意書」や「親権者または法定代理人の本人確認書類」などの提出が求められます。

また、親権者が取引主体となり、資産運用を行う必要があります。様々な条件・制限はあるものの、未成年口座なら何歳からでも開設することが可能です。

FX口座を開設するには申し込み条件を満たす必要がある

https://pixabay.com/photos/home-office-workstation-office-336373/#content

FX会社では「口座開設基準」を設けており、ここにある条件を満たさなければ口座を開設できません。

各社によって求める条件は異なりますが、よく見られる基準として以下のようなものが挙げられます。

口座開設基準の一例
  • 日本国内に居住していること
  • 十分な金融資産があること
  • 常時連絡が取れること
  • 金融先物取引業者の従業員等ではないこと

特に難しい条件はありませんが、FX口座を開設するには年齢以外の条件もクリアする必要があることを頭に入れておきましょう。

なお、FXの口座開設基準については、各社の公式サイトの方から確認できます。

何歳から始めるべき?FXは早く始めるのがおすすめ

FXで継続的に利益を上げるには、それなりの知識や経験が必要です。何歳から始めても良いですが、「FXで収入を増やしたい」と考えているのなら、すぐにでも始めることをおすすめします。

早いうちに投資スキルを身に付ければ、それだけ多くの利益を得られる可能性が高まります。いずれFXを始めるのであれば、早いに越したことはないでしょう。

また、FXを始めると世界情勢や為替の動きについて自然と詳しくなります。時事問題や経済の仕組み、金融政策などに詳しくなることで、学業や就職に活かせる部分が出てくるかもしれません。

FX取引を始める際に注意すべき3つのポイント

出典:https://pixabay.com/ja/photos/チャート-取引-コース-3810586/#content

前章では「FXは早く始めるのがおすすめ」と紹介しましたが、FX取引は短期間で大きな利益を狙える反面、大損してしまう可能性もあります。

この章では、FX初心者が大きな失敗をしないために、注意すべきポイントを3つ紹介します。

FX初心者が注意すべきポイント
  • いきなり高額な取引をしない
  • レバレッジをかけすぎない
  • マイナー通貨に手を出さない

いきなり高額な取引をしない

すぐにFXで利益を上げたい気持ちも分かりますが、いきなり高額な取引をするのはリスキーと言えます。

最初から大金をかけしてしまうと、経験不足によって大きな損失を出したり、必要資金を失ったりする可能性がとても高いです。

ですので、FXに慣れるまでは少額で取引するようにしましょう。そうすれば、大損することはないですし、多くのトレード経験を積むことができます。

レバレッジをかけすぎない

FXには「レバレッジ」という仕組みがあり、預けた証拠金の最大25倍の金額で取引できる魅力があります。

少ない資金で大きな利益を狙える反面、レバレッジをかけた分だけ損失額も大きくなるので注意が必要です。

特にFX初心者は相場の動きを予想することが難しいため、ハイレバレッジの取引は大損する可能性が高いと言えます。

トレード経験が浅いうちは「最大でも3倍まで」というように、レバレッジを低く設定しておきましょう。

マイナー通貨に手を出さない

FXの取引通貨は、取引量が少ない「マイナー通貨」と取引量が多い「メジャー通貨」の2種類に大きく分けられます。

マイナー通貨は値動きが激しく、大きな利益を狙える反面、思わぬ損失を被る可能性が高いです。その点、流通量が多いメジャー通貨は、値動きが安定している特徴があります。

前述したように、FXで利益を上げるには知識と経験が必要です。これからFXを始める人は、損失リスクが低いメジャー通貨から取引を開始して、トレードの知識・経験を積んでいきましょう。

FXはどうやって始めれば良い?口座開設の流れを解説

これからFXを始めるにあたり、「どうやって始めれば良いんだろう」と不安に感じている人もいるでしょう。

一見、ハードルが高そうに思えるFXですが、申し込み手続きはとても簡単です。口座開設の大まかな流れは以下のようになります。

FXの口座開設の流れ
  1. 各社の公式サイトから口座開設を申し込む
  2. 本人確認書類・マイナンバー確認書類を提出する
  3. 口座開設審査の完了を待つ
  4. ログインID・PASSを受け取る

FX会社によって多少の違いはありますが、基本的な手続きの流れは上記の通りです。

また、ほとんどの会社は口座開設手数料と解約料が無料なので、誰でも気軽にFXを始められます。

トレード初心者におすすめのFX会社を2社厳選

現在、多くのFX会社が存在するため、どこで口座開設しようかと悩んでしまう人も多いでしょう。そこで、これからトレードを始める人に向けて、おすすめのFX会社を2社紹介します。

どちらの会社も満18歳以上から利用でき、初心者に優しいサービスを提供しているので、ぜひFX会社選びの参考にしてみてください。

トレード初心者におすすめのFX会社

外為どっとコム

外為どっとコムは、口座開設数が50万口座を突破している人気のFX会社です。取引に役立つ情報をたくさん提供しており、FXのノウハウを学ベることから、トレード初心者に高い人気を集めています。

また、取引コストが安く、高水準のスワップポイント(金利差による利益)がもらえるのも魅力です。効率良く利益を上げられ、短期・長期取引のどちらにも対応できるおすすめのFX会社です。

外為どっとコムで口座開設すると、取引量に応じて最大30万円のキャッシュバックを受け取れます。お得に取引を始めたい人、そしてFXの基礎から学びたい人は、ぜひ外為どっとコムを利用してみましょう。

SBI FXトレード

SBI FXトレードは、業界最狭水準のスプレッド(買値と売値の差)に強みを持つFX会社です。1通貨単位からの取引が可能で、少ない資金でも運用できるため、トレード経験を積むのに最適な会社と言えます。

少額投資が可能なSBI FXトレードなら、「多額の資金を用意する必要がない」「大損する心配がない」といったメリットがあるので、より安心してFXを始められるでしょう。

今なら取引高に応じて最大5万円のキャッシュバックがもらえるので、SBI FXトレードが気になる人は、ぜひこの機会に口座開設することをおすすめします。

まとめ:FXは何歳から始めるにしてもリスク管理が重要

今回は、FXの年齢制限や申し込み基準を中心に紹介しました。改めて記事の内容のポイントを簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • 大抵のFX会社は18歳以上から口座開設できる
  • 一部のFX会社では「未成年口座」を取り扱っている
  • 各社の申し込み条件を満たさないと口座開設できない
  • FXで利益を得たいなら早めに始めるのがおすすめ

申し込む会社にもよりますが、基本的にFXは18歳以上から始めることが可能です。なお、未成年であっても親権者の同意があれば、FX口座(未成年口座)を開設できます。

FXは短期間で大きな利益を狙えますが、取引の仕方によっては大損する可能性もあります。何歳から始めるにしてもリスク管理を徹底し、着実に利益を上げていきましょう。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。
固定費を見直して支出を減らそう!

自分のお金の流れを把握するなら「マネーフォワードME」

スマホ料金の見直しなら「楽天モバイル」

電気料金を一括比較するなら「インズウェブ」