借金

効果的な節約術はこれ!5つの費用を見直して賢くお金を貯めよう

節約術を取り入れて生活費を抑えれば、浮いたお金を貯金に回したり、投資の費用に充てたりできます。とは言え、節約に慣れていない人は「何から始めれば良いんだろう」と悩んでしまうでしょう。

そこで今回は、見直すべき5つの費用を紹介し、おすすめの節約術についても解説します。どの方法も節約効果が大きいので、実践すれば効率良くお金を貯めることが可能です。

ぜひ紹介する節約術を参考にしていただいて、あなたが求める“理想の暮らし”を実現させましょう。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4352138)

節約の基本!まずは1ヶ月の支出を把握しよう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23290617

生活費の節約は、まず1ヶ月の支出を把握することから始まります。と言うのも、毎月いくら使っているのかを把握していないと、どれだけ節約すれば良いのかが分からないからです。

例えば、社会人の1ヶ月の食費は、一般的に「収入の10〜15%」が理想とされています。この割合を見たときに、あなたは食費をいくらに抑えるべきか分かるでしょうか。

どんぶり勘定の節約は、どうしても甘えが出やすくなるため、大きな節約に繋がりにくいです。また、節約効果を実感しにくいことから、途中で節約をやめてしまう可能性が高いでしょう。

節約を成功させるためにも、まずは“自分がどれだけお金を使っているのか”を確認してみましょう。

一般的な支出はどれくらい?節約の目安をチェック

前章では、自身の支出を把握する重要性について解説しました。しかし、一般的な支出も知らないと、自分の支出が多いのか少ないのかが判断しにくいかと思います。

総務省統計局の家計調査によると、1人世帯の1ヶ月あたりの支出は以下の通りです。(下記は2019年の調査データになります。)

食費 40,331円
交通・通信費 20,989円
住居費 20,847円
水道光熱費 11,652円
医療費 7,666円
被服費 5,720円
その他(雑費や交際費など) 59,653円

(参照:政府統計の総合窓口(e-Stat)「家計調査 / 家計収支編 総世帯 詳細結果表」)

一般的な支出と比べて、あなたの毎月の支出はいかがでしょうか。人により生活費の割合は異なりますが、上記のデータも参考にして節約の目標額を考えてみると良いでしょう。

尚、目標額はなるべく現実的な金額を設定するのがポイントです。無理な節約はストレスになるため、長く続けることが難しくなります。

どの費用を節約するにも長く続けることが重要なので、無理のない範囲で生活費を抑えていきましょう。

何から手をつけるべき?節約効果が大きい生活費5選

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%81%8a%e9%87%91-%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3-%e6%8a%95%e8%b3%87-%e4%bb%95%e4%ba%8b-2724241/

一口に“生活費”と言っても、様々な種類の費用があります。そのため、節約に慣れていない人は「どの費用から見直せば良いんだろう…」と悩んでしまうでしょう。

以下の5つの費用は、生活費の中でも大きな節約効果を期待できるので、すぐにでも見直すことをおすすめします。

節約効果が大きい生活費
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 家賃
  • 固定費(保険料や定額サービスなど)

どの費用を見直しても数千円から数万円もの節約に繋がります。特に通信費などの「固定費」は、1度減額すると継続的な節約効果を得られるので、生活費を抑えるのにとても効果的です。

次の章からは、5つの費用を抑えるのにおすすめの節約方法を紹介していきます。ぜひやりやすいと思うものからトライしてみてください。

おすすめの節約方法①食費の節約術

出典:https://pixabay.com/ja/photos/スパゲッティ-パスタ-水を沸騰-569067/#content

流動費に当たる食費は、ちょっとした工夫をするだけで節約効果を期待できます。主な節約術として以下のようなものが挙げられます。

食費の節約術
  • 買い物に行く回数を減らす
  • コンビニは極力利用しない
  • できるだけ自炊をする
  • キャッシュレス決済で買い物をする

最も簡単な節約方法は「買い物に行く回数を減らす」ことです。週1〜2回などのペースにしておけば、基本的にお金を使うことがないですし、目移りして余計なものを買うこともありません。

また、食費を抑えるのに「自炊の回数を増やす」のは特に効果的です。外食の回数を減らせば、月々数千円から数万円の節約に繋がるので、自炊をメインにした生活に切り替えてみましょう。

尚、食費の節約は“毎日の積み重ね”であり、無理なく続けていくことが重要です。過度な節約はストレスや体調不良の原因にもなるので、できることから始めていきましょう。

おすすめの節約方法②水道光熱費の節約術

出典:https://unsplash.com/photos/MP0bgaS_d1c

毎日使うものだからこそ見直したいのが水道光熱費。以下の節約術を実践すれば、すぐに節約効果を実感できます。

水道光熱費の節約術
  • ガス・電気の料金プランを見直す
  • ガスの設定温度を低くする
  • 節約効果の高いアイテムを使う
  • まとめ洗いで節水する

ガス代と電気代は「料金プラン」を見直すことで大幅に節約できます。最適なプランを選べば年間数万円の節約に繋がることもあるので、1度ガス会社や電力会社に問い合わせてみると良いでしょう。

更に料金プランを見直せば半永久的な節約効果を得られます。これなら「細かな節約はちょと面倒…」という人も無理なく光熱費を節約できるでしょう。

また、消費電力が少ない家電や節水シャワーヘッドなど「節約効果が高いアイテム」を使うのもおすすめです。買い替えの費用は必要ですが、利用することで月々数千円ほどの節約高を期待できます。

水道光熱費の節約は、ガス・電気・水道の使い方を見直すだけでなく、料金プランや節約グッズに着目することも重要です。

おすすめの節約方法③通信費の節約術

出典:https://unsplash.com/photos/EhTcC9sYXsw

家庭でかかる通信費は「スマホ代(モバイル回線)」と「インターネット代(固定回線)」の2種類に分けられます。以下の節約術を取り入れれば、月々にかかるスマホ代・インターネット代を大幅に節約できます。

通信費の節約術
  • 料金プランを見直す
  • 格安SIMに乗り換える
  • 通信会社を切り替える
  • セット割を活用する(スマホ+光回線など)
  • モバイルルーターを使う

特におすすめなのが「料金プラン」の見直しです。次々とお得なプランが出ていることもあり、旧プランのままでは割高になるケースも少なくありません。

月額料金が2,000円違うだけでも、年間で24,000円の差が出るので、ぜひこの機会に料金プランを見直してみましょう。

また、利用料金が安い「格安SIM」に乗り換えるのもおすすめです。多くの格安SIMは1,000〜3,000円ほどで使えるので、大手キャリアよりも格段にスマホ代を抑えられます。

尚、通信費は「固定費」に当たるので、1度減額できれば継続的な節約効果を得られます。生活費の節約は“固定費から見直すのが基本”なので、優先的に節約すると良いでしょう。

おすすめの節約方法④家賃の節約術

出典:https://unsplash.com/photos/Cu2xZLKgn10

毎月支払う家賃は、生活費の中でも大きな割合を占めるので、積極的に節約することをおすすめします。主な節約術として以下のようなものが挙げられます。

家賃の節約術
  • 駅や中心地から離れた場所に住む
  • 新築・築浅物件を避ける
  • 1回の部屋や中部屋に引っ越す
  • 風呂とトイレが同室にある物件を選ぶ

家賃の節約は、基本的に引っ越すことが前提にありますが、1度引っ越せば継続的な節約効果を得られます。更に大きな節約に繋げるためには、なるべく家賃を抑えることが重要です。

エリアによって家賃の相場は異なりますが、どの地域の物件も人気の条件が多いものほど高くなります。例えば、「駅や中心地に近い」「築年数が浅い」「角部屋」といったものが人気の条件に該当します。

これらの条件を避けるだけで、同じエリア・間取りの物件でも数千円から数万円の違いが出てきます。仮に家賃が10,000円も安くなれば、年間で120,000円も節約することが可能です。

但し、節約のことばかり考えて、居心地の悪い家に住んでは本末転倒と言えるでしょう。ですので、自分のライフスタイルも考慮しながら、自分に合った物件を選ぶようにしてください。

おすすめの節約方法⑤固定費の節約術

出典:https://unsplash.com/photos/DkGUn0Y1VzA

生活費の中には、通信費や家賃以外にも様々な固定費があります。前述したように、固定費は1度見直せば半永久的に節約できるので、ぜひこの機会に見直してみると良いでしょう。

人により支払っている固定費は異なりますが、おすすめの節約術として以下のようなものがあります。

固定費の節約術
  • 安い駐車場を利用する
  • 自動車保険や生命保険を見直す
  • サブスクサービスの契約数を減らす

特におすすめなのが「保険」の見直しです。多くの人が「自動車保険」や「生命保険」に加入しているかと思いますが、新しい保険に切り替えた方がお得になることがよくあります。

年間で数万円の節約に繋がる場合もあるので、ぜひ他の保険と比較してみることをおすすめします。

また、使用頻度が低い「サブスクサービス」を解約するのも効果的です。月額1,000円と安く思えるものも、年間では12,000円の出費になるので、あまり使っていないサービスは解約するのが得策です。

上記のように、まとまった金額を自動的に節約するためにも、積極的に固定費は見直していきましょう。

生活費を節約する際に注意すべきポイント

「できるだけ生活費を抑えたい」という気持ちも分かりますが、過度な節約はストレスになるので注意が必要です。

ストレスにより気持ちが下がったり、体調を崩したりした場合、節約生活を続けることが難しくなります。

生活費の節約は、長く続けることで大きな効果を得られるので、やりやすいものからコツコツと取り組んでいきましょう。

先程も紹介したように、通信費や家賃などの「固定費」は、一旦手続きするだけで自動的に節約できます。ストレスなく生活費を抑えられるので、特に節約に慣れていない人におすすめです。

まとめ:節約術を取り入れて賢く生活費を抑えよう

今回は、見直すべき5つの費用やおすすめの節約術を紹介しました。改めて記事のポイントを簡単にまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 節約は「自分の支出」を把握してから始めるのが基本
  • 抑えるべきは食費・水道光熱費・通信費・家賃・固定費の5つ
  • 「固定費」は1度の見直しで継続的に節約できる
  • 生活費の節約は“無理なく続けていく”ことが大切

紹介した節約術を実践すれば、年間で数万円ものお金を浮かせることが可能です。今よりも家計のやりくりが楽になるので、より効率良くお金を貯められるでしょう。

ぜひこの記事も参考にしていただき、無理のない範囲で節約に努めてみてください。

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。
固定費を見直して支出を減らそう!

自分のお金の流れを把握するなら「マネーフォワードME」

スマホ料金の見直しなら「楽天モバイル」

電気料金を一括比較するなら「インズウェブ」