お金を増やす

【お得過ぎるネット銀行】楽天銀行の多彩なメリットを解説

「楽天銀行って実際どんなメリットがあるの?」、このような疑問にお答えします。

楽天銀行は、楽天グループが運営するネット銀行で金利最大0.1%、ポイントが貯まりやすいなど、他のネット銀行と比べて総合的にメリットが多いです。

本記事では、そんな楽天銀行の豊富にあるメリットや口座開設方法を解説していきます。

最後まで読めば、楽天銀行で口座開設するべきか検討できるはずです。ぜひ、参考にしてみてください。

トップ画像出展:https://www.photo-ac.com/main/detail/2171911?title=スマートフォンとお金&searchId=1937115523

楽天ネット銀行の基本情報

まずは、楽天銀行の金利各種手数料などの基本情報を簡単に紹介していきます。

楽天銀行の基本情報
普通預金金利
  • 通常:0.02%
  • マネーブリッジ時(後述します):最大0.10%
利用可能ATM セブン銀行、イオン銀行、PatSat、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、Enet、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、VIEW ALTTE
ATM入金手数料
  • 3万円以上の入金:無料
  • 3万円未満の入金:220円〜275円(ATMにより異なる)
ATM出金手数料 220円または275円(ATMにより異なる)
振り込み手数料
  • 当行宛:無料
  • 他行宛:168円 (3万円未満)、262円 (3万円以上)

上記のように、条件によっては手数料が無料、利用できるATMも多く、とても使いやすいネット銀行です。それではそんな楽天銀行のメリットを具体的に紹介していきます。

楽天ネット銀行のメリット①金利が最大0.1%

https://www.photo-ac.com/main/detail/4456352?title=上下する金利&searchId=3096744857#

楽天銀行の普通預金金利は、最大0.10%と一般的なメガバンクと比べて、なんと100倍も高くなっています。

この最大金利を得るための条件はとても簡単で、楽天証券の口座を開設して楽天銀行の口座と連携(マネーブリッジ)するだけです。

「楽天証券の口座?」、「投資を始めなきゃいけないの?」と思ったかもしれませんが、楽天証券の口座を開設したからといって必ず投資をしなければいけないわけではありません。

ただ口座をつくって連携するだけで良いので、投資に興味がないという人にとっても全く損はないんです。こういった条件の良さから、ほとんどの楽天銀行ユーザーはこのマネーブリッジを行なっています。

楽天ネット銀行のメリット②ハッピープログラムによる優遇特典

https://www.photo-ac.com/main/detail/852686?title=幸せのクローバー&searchId=2351511983

楽天グループのサービスには、ハッピープログラムというキャンペーンがあります。

このハッピープログラムに入っていると、下記の表のように会員ランク(ステージ)に応じて、ATM利用回数、振り込み手数料、楽天ポイント獲得倍率が優遇されていきます。

会員ランクによる優遇
条件 ATM利用無料回数 楽天ポイント獲得倍率 振り込み手数料の楽天ポイント払い
スーパーVIP 残高300万以上または取引30件以上 7回/月 3倍 支払い可能
VIP 残高100万以上または取引20件以上 3回/月 3倍
プレミアム 残高50万以上または取引10件以上 2回/月 2倍
アドバンスト 残高10万以上または取引5件以上 1回/月 1倍
ベーシック ハッピープログラムへのエントリー 1倍

※ 表:楽天銀行公式HPのQ&A:ハッピープログラムとは何ですか?を参考に作成

会員ランクは、残高を増やしたり、取引(入出金、振り込みなど)回数を増やすなどの条件であげることができます。

例えば、預金残高100万円以上にしておくだけで、楽天ポイント獲得倍率3倍が付与されるので、社会人やある程度お金に余裕がある人であれば、簡単に恩恵を受けることができます。

ハッピープログラムは、楽天会員の情報と口座情報を連携するだけでエントリーすることができるので口座開設したらすぐに行いましょう。

楽天ネット銀行のメリット③楽天ポイントが貯まる

https://www.photo-ac.com/main/detail/4172282?title=クレジットカード利用のイメージ&searchId=3904661474

楽天銀行の口座を開設すると、楽天ポイントが貯まる機会がかなり増えていきます。例えば、次のような機会があります。

楽天ポイントが貯まる機会
  • 他行からの入金
  • 他行への振り込み
  • 給与・賞与の受け取り
  • 年金の受け取り
  • カード払い

これだけ増える条件があると、普通に楽天銀行を利用しているだけで、楽天ポイントが知らないうちに貯まっていくはずです。

さらに、楽天銀行はSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象で倍率+1になり、他の楽天のサービスと組み合わせることで最大16倍のポイントがもらえるチャンスもあります。

ここで積極的に貯めれば、旅行できるくらいのポイントを貯めることも可能ですよ。

SPUとは

楽天グループのサービスを対象としたポイント倍率がアップするキャンペーン。対象サービスの利用など条件を満たせば適用されます。

>>SPUの対象サービスはこちら

貯まった楽天ポイントは、楽天ふるさと納税、楽天証券での投資、楽天トラベル、楽天加盟店での使用など、さまざな用途に使うことができます。

なお、楽天ポイントには通常1年間の有効期限があります。また、SPUなどのキャンペーンで得たポイントは期限が短め(約1ヶ月半)に設定されているので、期限内に使うように計画しておくと良いでしょう。

楽天ネット銀行のメリット④楽天証券への入出金が自動

先述したように、楽天銀行と楽天証券の口座を連携することで様々な恩恵を得ることができます。その一つが、楽天証券への入出金が自動にできるということです。

スイープという機能を使うことで、楽天証券での買い注文時に連携している楽天銀行の口座から自動で入金されます。具体的な例で説明すると次のようになります。

楽天証券で株を購入する流れの比較
  • 一般的な流れ:銀行口座にログイン→手動で振り込み→入金を確認→株を購入
  • スイープを利用した場合:株を購入(自動で入金され購入完了)

このようにスイープを利用すれば、普通に株を購入するより格段に手間が少ないんです。

また、楽天証券では楽天ポイント(現金と組合せ可)で投資信託を購入することもできます。ちなみに500円以上のポイント投資で楽天市場の買い物時、ポイント倍率が+1倍になります。

楽天証券は、つみたてNISAやiDeCoを始めてみたい投資初心者にもオススメなので、口座開設しても決して損はありませんよ。

楽天ネット銀行のメリット⑤アプリが使いやすい

https://www.photo-ac.com/main/detail/4215496?title=スマホを操作する女性&searchId=1239648017

楽天銀行のスマホアプリでは、残高の確認や振り込み、入出金、定期預金などあらゆる手続きが可能です。このアプリは使いやすいという評判が高く、2020年のGOOD DESIGN AWARDを受賞しています。

楽天銀行を始めとするネット銀行を選ぶ人は大抵の場合、窓口やATMになるべく行きたくないという人が多いでしょう。したがって、こういったアプリの使いやすさはネット銀行を選ぶ際の重要な要素になってきます。

また、楽天ペイと楽天銀行アプリを連携することで、楽天銀行口座から即時支払いが可能になり決済が簡単になります。

楽天ペイが使える店舗は現在も増え続けていて、有名なチェーン店であれば大体利用可能です。今後はどんなお店でも使えるようになるかもしれません。

>>現在楽天ペイが使えるお店はこちら

楽天ネット銀行のメリット⑥クラウドソーシングと相性が良い

https://www.photo-ac.com/main/detail/3542753?title=リモートワーク&searchId=3748894017

2018年は副業元年と言われ、そこから現在に至るまで本業の傍ら在宅で作業ができるクラウドソーシングなどを利用して、副業に取り組む人はどんどん増えてきています。

クラウドソーシングとは

仕事を発注したい人と、受注したい人をマッチングさせるインターネット上のサービスの総称。

このクラウドソーシングの大手である、クラウドワークスランサーズの振り込み口座に楽天銀行を設定しておけば、振り込み手数料が通常500円かかるところ100円になります。

サラリーマンなど本業の傍ら、副業でクラウドソーシングを利用する場合、副業収入は数千円〜数万円程度が一般的だと思います。そこで毎月500円の手数料かかるのはかなり大きく感じるはずです。

したがって、副業でクラウドソーシングを利用する場合は、楽天銀行口座を収入の受け取り口座に設定することをオススメします。

楽天ネット銀行のデメリット

https://www.photo-ac.com/main/detail/2597972?title=Demerit%E3%80%80デメリット&searchId=2125075689

楽天銀行は、総合的にはメリットが多いですが、デメリットも少なからずあります。

しかし、ここで紹介する項目は一部の人にとってデメリットに感じるというだけで、決定的にダメなポイントというわけではありません。

ATMを無料で利用できる回数が比較的少ない

人によってはATMを無料で利用できる回数が、他行に比べて少ないと感じるかもしれません。真ん中のランクであるプレミアム会員でも月2回まで無料なのでやや少ない印象です

とはいえ、VIP会員や最高ランクのスーパーVIPであればそれぞれ月5回、月7回無料なので、それくらいになれば不便に感じることはありませんよ。

楽天証券の口座を作らないとメリットを享受できない

先述しているように楽天銀行のメリットは、楽天証券口座を開設しなければ、あまり享受することはできません。

なんらかの理由で楽天証券の口座を作れない、あるいは作りたくない場合は、楽天銀行の口座開設はしないほうが良いかもしれませんね。

楽天銀行の口座開設の流れ

楽天銀行の口座は、運転免許証などの本人確認書類があれば、スマホやPCだけで簡単に無料で開設することができます。

口座開設の流れ
  1. 名前や住所などの必要事項を記入
  2. キャッシュカードの種類を選択
  3. 本人確認書類の提出
  4. 初期設定
  5. ログインして利用開始

上記のように誰でも今すぐに口座開設の手続きを始めることができます。楽天銀行が気になったという人はぜひ手続きを始めてみてください。

楽天銀行の口座開設はこちら

ちなみに、ステップ1〜3までは5分ほどで完了し、ステップ3〜4の間は約2日〜2週間(アプリでの申請の場合は早め)かかることがあります。

まとめ

今回は楽天銀行のメリット・デメリットなどを解説してきました。もう一度本記事の内容を振り返ります。

楽天銀行のメリット
  1. 金利が最大0.10% (条件が簡単)
  2. ハーピープログラムでポイント倍率などが優遇
  3. 楽天ポイントが貯まりやすい
  4. 楽天証券の入出金が自動でできる
  5. アプリが使いやすい
  6. クラウドソーシングの振り込み口座に最適
楽天銀行のデメリット
  1. ATMを無料で利用できる回数が比較的少ない
  2. 楽天証券の口座を作らなければメリットを享受できない

現在、楽天銀行はスタートアップキャンペーンをやっており、お得に口座開設ができます。(本記事執筆時点2021年2月では口座開設で1000ポイント付与)。

楽天銀行スタートアップキャンペーンはこちら

※ キャンペーン期間は定期的に更新されるので、詳しくは上記の公式ページをご覧ください。

口座開設するだけでここまで特典がある銀行は他にありませんね。気になったという人は、ぜひ利用してみてください。

 

ABOUT ME
こすけ
場所や時間にとらわれない自由な働き方を目指しています。 【経歴】 自動車部品メーカーのエンジニア→ブロガー/ライター 【趣味】 ピアノ、読書