【初心者必見】不動産投資の始め方を9ステップで解説!

不動産投資に興味はあるけれど、始め方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。初心者の方にとって始め方がわからなければ、1歩踏み出そうにも踏み出せない状況ですよね。

この記事では、不動産投資初心者の方に向けて不動産投資の始め方を9ステップに分けて紹介します。不動産投資を始めてみたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

トップ画像出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/87223/

初心者向け不動産投資の始め方ステップ①情報収集

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-594132/

まずは不動産投資に関する全体的な知識を得るために不動産の相場や各ディベロッパーの特徴、不動産投資のスタイルなどについての情報収集を行いましょう。

また、初心者の方にとっては聞き慣れない言葉も登場しますのでその都度理解していく必要もあります。言葉の解釈を間違えていると失敗につながる恐れがあります。

情報収集、勉強のためにはインターネットだけではなく、不動産投資のプロがかかわっている書籍や不動産セミナーなどを利用しましょう。複数の情報源に触れることで、偏りのない情報を得ることができます。

初心者の方におすすめの書籍やセミナーを紹介している記事がありますので、興味がある方はこちらも読んでみてください。

スポンサーリンク

初心者向け不動産投資の始め方ステップ②目標設定

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD-%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%82%8B-%E3%81%8A%E9%87%91-%E9%87%91%E8%9E%8D-870757/

不動産投資について大まかにでも理解出来たら目標を設定しましょう。ここで言う目標とは、「何年後に何万円の利益を上げる」という具体的な数字を出すことです。

例えば、子どもたちの学費を家賃収入で賄うにはいくら必要か、老後の生活費を家賃収入で得るためにはいくら必要かなどを考えれば数字は出やすいかと思います。

この数字を明確にすることで、いくらの自己資金を用意し、どのような物件に投資すればいいかということが見えてきます。

初心者向け不動産投資の始め方ステップ③エリア選定

次はどのエリアで物件を購入するかを決めます。不動産投資では物件選びよりもエリア選定のほうが重要ともいわれています。

どんなに良い物件であっても入居者が長期的に確保できる場所でなければ空室が発生してしまうからです。

エリア選びのポイント
  • 将来的に人口が維持できるまたは増加傾向にある
  • 都心部へのアクセスがいい
  • 災害に強い
  • 将来の開発計画の有無

上記のようなポイントを見極めエリアを選定することが大切です。

スポンサーリンク

初心者向け不動産投資の始め方ステップ④物件選び

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%A4%9C%E7%B4%A2-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88-4078405/

エリアが決まったら物件選びです。物件選びは、中古か新築か、アパートかマンションかなど様々な選択肢があります。

物件選びのポイント
  • 建物の設備機器の状態
  • 建物の清掃状況
  • 部屋の広さや間取りなどはそのエリアに住む層にあったものかどうか

事前に立てた目標や自己資金が明確になっているとどの選択肢がいいかが自ずとわかってきます。

物件の探し方としては、不動産業者からの情報やインターネットからの情報がメインになってきますが、ある程度目星がついたら現地に足を運んで確認することが大切です。

上記のようなポイントをしっかりと自分の目で確認し、入居者目線で良い物件かどうか見極めましょう。

初心者向け不動産投資の始め方ステップ⑤収支シミュレーション

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/gui-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9-2311261/

購入したいと思う物件が見つかったら、収支シミュレーションをしておきましょう。大手の不動産会社やディベロッパーなどの紹介であれば物件紹介の際に収支シミュレーションを出してくれます。

しかし、それをそのまま鵜呑みにするのではなくシミュレーションができるサイトやアプリなどを利用して必ず自分自身で行ってください

不動産会社から出されるシミュレーションは家賃の下落や修繕費などを考慮していない場合があるからです。

シミュレーションも複数のサイトやアプリを利用してみてください。それぞれ指標が異なるので多面的な収支シミュレーションを行うことができます。おすすめのサイト、アプリをそれぞれ紹介します。

サイト『CF(キャッシュフロー)シミュレーション|楽待』

シミュレーションができるサイトでおすすめなのは『CF(キャッシュフロー)シミュレーション|楽待』です。

物件価格や物件構造、築年数、表面利回りなどの簡単な情報を入力するだけでシミュレーションを行えます。入力情報は簡単ですが、税金の考慮もしてくれます。

アプリ『不動産投資 利回りシミュレーション』

アプリでおすすめなのが『不動産投資 利回りシミュレーション』です。

必要項目を入力すれば簡単に利回りを計算してくれます。計算結果を複数保存できるので、検討中の物件を比較しやすいのがポイントです。

スポンサーリンク

初心者向け不動産投資の始め方ステップ⑥ローン事前審査を受ける

物件を購入する意思が固まってきたら不動産投資ローンの事前審査を受けて融資を受けられるかどうか確認します。自己資金で購入する場合は必要ありませんが、多くの場合は融資を受けて物件を購入することになります。

大手の不動産会社であれば提携している金融会社を紹介してくれるケースもあります。金利や支払機関などできるだけ条件がいいところを選びましょう。

時期や借りる人の属性、購入する物件によっても条件は変わってきますので、まずは確認してみることが大切です。

初期費用や金利の相場について解説した記事があります。ぜひ参考にしてください。

 

初心者向け不動産投資の始め方ステップ⑦売り手と交渉・物件購入

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3760067/

売り手と物件に関する条件交渉を行います。最初に提示されている価格や条件は売り手の希望のみが反映されたものです。

自分自身がそれで納得していれば問題ないですが、交渉次第では値引きも相手に了承してもらえる可能性があります。

条件面での折り合いがついたらいよいよ売買契約です。契約書に一方的に不利になる内容がないかしっかりと確認しましょう。

自分では難しいと感じる場合は、司法書士や弁護士に契約書チェックを依頼するのも一つの手です。

初心者向け不動産投資の始め方ステップ⑧管理会社選び

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5520322/

購入した物件の管理を自分で行うか、管理会社に委託するか選択します。

不動産投資が本業であれば自分自身で管理することも可能ですが、初心者の方は副業であることが多いですし、すべてを自分で行うのことは難しいので管理会社に委託するのが一般的です。

管理会社に委託すれば手数料の支払いは必要ですが、入居者募集や家賃の回収、建物管理などの手間がかかりません。

管理会社は不動産投資成功のための重要なパートナーになりますので、しっかりと信頼できるところを選びましょう。

初心者向け不動産投資の始め方ステップ⑨運用する

物件を購入したらしっかりと収益を得られるように運用していきます。

新築物件であれば入居者を募集しなければいけませんし、中古物件であれば修繕が必要になるかもしれません。このような管理は管理会社にお任せすることもできます。

しかし、入居者にとって魅力ある物件にしていくためにはオーナーの判断でリノベーションしていくことも必要となります。空室を作らないようにする努力は日々していかなければなりません。

まとめ 初心者の不動産投資の始め方

初心者の方に向けて不動産投資の始め方について解説してきました。

どのような投資でもリスクはつきものですが、不動産投資は積極的に自ら動いて情報を集めたり、現地を見に行ったりすることでリスクを減らすことができる投資です。

初めに大きめの自己資金が必要だったり、融資を受ける必要があったりするのでさまざまな不安はあるとは思います。しかし、1つ1つ着実に進めていくことで不動産投資成功に導くことができるでしょう。