クレジットカードと現金、節約のために使わない方が良いのはどっち?

この記事は「節約のためにクレジットカードを使わない方が良いの?」「クレジットカードと現金どちらがお得なの?」という疑問を持った方に向けて書かれています。

買い物をする際に、クレジットカード払いをされている方は多いのではないでしょうか?たしかに、クレジットカードは現金を持っていなくても買い物ができる便利なアイテムです。

しかし、実際に現金とクレジットカードのどちらが節約になるか気になりますよね。そこで今回は、節約のために使わない方が良いのは、クレジットカードと現金どちらなのかということを解説していきます。

また、この記事を読んで「クレジットカードは必要ない」と思われた方に向けて、「クレジットカードの処分方法」についても記載していますので、ぜひ最後までみていってくださいね。

クレジットカードと現金、節約のために使わない方が良いのは?

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-%E5%8F%A5%E8%AA%AD%E7%82%B9-2215/

クレジットカード払いは、買い物をすることでポイントが溜まり、その月にお金がなくてもカード会社から前借りをすることで、買い物ができるという便利なものです。

しかし、あくまで前借りなので「借金」と同じです。そのため、クレジットカードを使いすぎて借りた分を払えなくなり、自己破産をしてしまう方もいます。

このように、物事には二面性があり、クレジットカードと現金払いのどちらが節約になるかは、使い方や人によって変わってくるのです。

そこで次の見出しから、節約のためにクレジットカードと現金を使うメリット・デメリットをそれぞれ紹介した上で、どのように使い分ければいいのかをご紹介します。

節約のためにクレジットカードを使うメリット・デメリット

まずは、節約のためにクレジットカードを使うメリット・デメリットを紹介します。

クレジットカードを使うメリット

  • ポイントが貯まる
  • 海外での支払いの際に便利

買い物をする際に、クレジットカード払いをすることによって、ポイントを貯めることができます。

そのため、貯まったポイントで買い物をすることも可能になるので、節約につながります。

また、海外旅行などで円を外貨に両替するよりも、クレジットカードの為替算手数料の方がお得ですし、買い物の際に外貨の計算で混乱することも防ぎます。

クレジットカードを使うデメリット

  • お金を使いすぎてしまう
  • 分割払いやリボ払いにしてしまうと余計に手数料が取られてしまう

クレジットカードは、手元に現金がなくても買い物できますし、お金を使っているという感覚が薄くなるため、お金を使いすぎてしまいます。

また、分割払いやリボ払いをすることで、支払い回数に応じた手数料を取られてしまうため、支払い総額が現金払いや一括の時と比べて大きく変わってしまいます。

節約のために現金を使うメリット・デメリット

ここでは、節約のために現金を使うメリット・デメリットを紹介します。

現金を使うメリット

  • 決まった額を入れておくことで、使いすぎを防ぐことができる
  • 1日に使った支出額を管理しやすい

現金で支払うことによって、お金が目に見えて減っていくため「お金を使った」という意識を持つことができます。

また、財布に元から決まった額しか入れなければ、使いすぎを抑制し節約することができます。

現金を使うデメリット

  • お金を引き出す際に手数料がかかる
  • ポイントが貯まらない

買い物をする際に、手持ちのお金が不足している場合、 ATMやキャッシュコーナーで手数料をかけて、お金を下さなければいけません。

また、クレジットカードのようにポイント還元を受けることができないので、貯まったポイントで買い物をすることができません。

クレジットカードを使わない方が節約になる場合

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%89%E3%83%AB-%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-%E5%AF%8C-163473/

現金を持っていなくても、クレジットカードで買い物や支払いができてしまうので、浪費家の方にはクレジットカードを使わない方が、節約できると言えます。

また、娯楽費や外食費など、その都度料金が発生するような場合、クレジットカードだとお金を使っている感覚が失われたり、必要がなくてもつい買い過ぎたりしていしまいます。

そのため、娯楽費や外食費などの予定外の出費がある場合には、クレジットカードを使わない方が節約できます。

現金を使わない方が節約になる場合

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%B5%A6%E4%B8%8E-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC-3219081/

水道・電気・ガス・保険料などの毎月かかる固定費には、現金を使わずにクレジットカードで支払いをした方が良いでしょう。

買い物をする場合、現金で支払いをしたとしても、ポイントはつきません。

一方で、クレジットカードには「支払い時にポイントが貯まる」という特徴があるので、毎月の固定費をクレジットカード払いにすることで、ポイントを効率良く溜めることができます。

また、「水道が出しっぱなしだった」「今月は電気を使い過ぎた」ということがなければ、固定費は大幅に変わらないので、管理がしやすいのも便利です。

クレジットカードを使わない派の人の意見

ここからは、クレジットカードを使わない人の意見と、現金を使わない人の意見を口コミを元に、紹介していきます。

まずは、クレジットカードを使わない派の人の意見を紹介します。

飲み会の会計3万円を私のクレジットカードで払ったことがあったんですけど、参加者からは割り勘のお金を現金でもらったんですよ。このお金って、来月の引き落としまでとっておくべきなのに、つい“臨時収入”が入ったみたいな気になってしまって……。気づけば散財していました。キャッシュレス決済だと“お金を使った”感覚が持てないので、私には危険みたいです

引用元:https://money-bu-jpx.com/news/article019539/

クレジットカードは簡単に精算できる怖さや、スキミングなどの不安が拭いきれない。キャッシュカードだったら紛失しても、暗証番号が分からなければ引き出されませんけど、クレカやスマホ決済のID系は『悪用されやすい』というイメージがあるんですよね。心配性なので、キャッシュレス決済はいざという時しか使いません

引用元:https://money-bu-jpx.com/news/article019539/

たとえばキャッシュレス決済の限度額が5万円だったとしたら、つい上限まで使ってしまう。でも、これが財布に現金で5万円入っていたとしたら、そこまで使わなかったと思うんですよ。現金だと、残り1万円を切ったら危機感を覚えるじゃないですか。やっぱり、出費を抑制するなら現金かなって

引用元:https://money-bu-jpx.com/news/article019539/

上記の口コミから、現金派の人は、必要以上の買い物・使いすぎを減らすために、クレジットカードを使わないということが分かります。

また、クレジットカードは便利ですが、その反面、盗難や紛失した場合は悪用の恐れもあるので、十分に注意しましょう。

現金を使わない派の人の意見

それでは次に、現金を使わない派の人の意見を口コミを元に紹介します。

高い金額ほどカード払いです。ポイントもつくし、高額な現金を持ち歩きたくないし。

引用元:https://city.living.jp/common/docchi/669546/comments

現金だと財布を落として盗まれてしまったら諦めるしかないですが、カードなら不正利用されても補償してもらえるので、これがクレジットカードの大きなメリットだと思うんです。

引用元:https://xn--68jub0mpa9byd9aj42atf4849bpj4a.com/useordontuse.html

ほぼ何でもクレジット。ネット購入ならポイントサイト経由すればさらに○倍とかあるし、メインカードに集約してるので毎月2000円分は確実にポイント付いてる。絶対お得。

引用元:https://city.living.jp/common/docchi/669546/comments

やはりクレジットカードの最大の特徴として、「ポイントが貯まる」ということが一番のメリットだということが、口コミからも見受けられます。

また、家具や電化製品など、高価な買い物をする場合には、高額な現金を持つ必要もなく、支払いの際には、ポイントも多くもらえます。

現金だと紛失したら帰ってきませんが、カードが紛失した場合、カード会社に電話すれば契約を切ることもできますし、不正利用されても補償してもらえるから良いという意見もありました。

クレジットカードを使わないと決めたら…

https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE-%E3%81%AF%E3%81%95%E3%81%BF-%E5%88%87%E6%96%AD-309613/

ここまで読んで、「クレジットカードはもう使わない。でも、あったらまた使ってしまう…」という方に向けて、クレジットカードの処分方法を紹介します。

クレジットカードには、たくさんの情報が入っているため、正しい方法で処分しなければいけません。折り曲げて捨てるようなことをしては、大変危険です。

以下にクレジットカードの処分方法を記載しましたので、参考にしてください。

クレジットカードの処分の方法
  • 個人情報の部分を壊す
  • 細かく切る
  • 袋と捨てる日を別々に
  • 利用明細書も併せて処分する
  • シュレッダーを使いバラバラにする

以上がクレジットカードの処分方法です。より具体的な内容は以下の記事で詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

【注意しよう】クレジットカードの悪用されない捨て方をチェック

2020年6月11日

【番外編】クレカ以外のキャッシュレス決済を使って節約できる?

キャッシュレス決済には、クレジットカード以外にQRコード読み取り型の決済プリペイド方式の決済方法などがあります。

キャッシュレス決済は、現金を持ち歩かなくて良いですし、買い物の際にもポイントが還元・付与されるので、とても便利です。

また、「PayPay」では、買い物時の支払い明細はもちろん、お金をチャージした金額や時間まで見ることができので、お金の管理がしやすくなり節約に繋がります。

しかし、チャージする場合には、「必要なときに必要な分だけチャージする」ようにしましょう。こうすることで、お金を使っているという感覚を持つことができ、結果、節約に繋がります。

まとめ 節約するにはクレジットカードを使わない方が良い?

今回は、「クレジットカードと現金のどちらを使わない方が節約になるか」について解説しました。

結論、どちらにもメリット・デメリットがあり、それぞれの特徴に合わせた使い方をすれば、いま以上に節約することは可能です。

しかし、クレジットカードを使うことで、お金の使い過ぎが増えた方は、今回上記で紹介した「クレジットカードの処分方法」を参考にして思い切って処分してみてください。

自分の置かれている環境や状況が変われば自分も変わるしかありません。ですので、浪費家の方は思い切ってカードを処分することで、節約することができお金を貯めることができます。