お得に使えるクレジットカード

クレジットカードの引き落とし口座はどこがいい?変更手続きも解説!

クレジットカードでお買い物をした代金の支払いは、銀行口座から引き落としされます。

給与の振り込まれる口座や生活費を管理するための口座など、いくつかの銀行口座を使い分けている人だと、どの口座を登録したらいいのかを迷ってしまいませんか?

この記事では、クレジットカードの引き落とし口座の選び方や変更方法などを解説しています。クレジットカードの賢い管理方法も知ることができますよ。

この記事を読んで、クレジットカードの引き落とし口座の選択をする際の参考にしてください。

クレジットカードの引き落とし口座の選び方

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-851506/

クレジットカードの引き落とし口座は、定期的にお金が入金される口座を選ぶのがおすすめです。引き落とし口座には、クレジットカード会社の支払日に、支払う必要のある額以上の預金残高がある必要があります。

毎月、生活口座に必要な額を入金して管理している人もいるかと思いますが、必要な額を間違えたり、忙しくて入金しそびれたりしてしまうこともあるかもしれません。

支払日に引き落とし口座の残高が足りないと、支払いの遅延となってしまいます。また、遅延が続くとせっかく作ったクレジットカードが使えなくなったり、新しいカードが作れなくなったりすることもあります。

そのような事態にならないために、クレジットカードの引き落とし口座は、給与振込口座のように毎月確実に入金がある口座が良いでしょう。

クレジットカードの引き落とし口座として使えない銀行がある?

主なクレジットカードの引き落としは、全国各地の金融機関を設定できる場合が多いです。しかし、クレジットカード会社によっては、引き落としに使える金融機関が指定されている場合もあります

メガバンクや大手の地銀などは使える場合が多いです。一方、ゆうちょ銀行や第二地銀、信用金庫、信用組合、ネット銀行などは、使えない場合があるため、注意が必要です。

給与が振り込まれる口座に引き落とし口座の指定をしたくても、できない可能性があるため、カードを申し込む際に確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードの引き落とし口座の登録・変更の方法

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-89024/

ここからは、新しくクレジットカードを作った、もしくは、給与振り込みの口座にクレジットカードの引き落とし口座を変えたいなどといった場合におこなう、引き落とし口座の登録や変更の手続きをご紹介します。

クレジットカードの引き落とし口座の登録や変更方法は、主に次の2種類です。

  1. 書面
  2. ウェブサイト

具体的な手続きの方法は、各クレジットカード会社によって違います。どちらかしか取り扱っていない場合や、引き落とししたい口座の金融機関によって手続きの方法が決まっている場合があります。

カード会社の公式サイトやコールセンターに問い合わせて確認をしましょう。

おおまかな手続きの流れは、次の章から説明しますので、参考にしてください。

クレジットカードの引き落とし口座の登録・変更方法①【書面】

クレジットカードの引き落とし口座の登録や変更方法として、「口座振替依頼書」という書面を記入し、提出する方法があります。

口座振替依頼書は、電話やインターネットで取り寄せたり、クレジットカードを取り扱っている店舗に直接行くことで、手に入れることができます。

口座振替依頼書には、住所や氏名などの契約者の情報と、引き落としを希望する口座の銀行名と口座番号を記入し、銀行口座の届出印を押印します。その後、書類をカード会社の窓口に提出、または郵送をおこないます。

押印した届出印が間違っていると、引き落とし口座の登録や変更ができないので、注意をしましょう。自信のない場合は、金融機関の窓口で届出印を確認してもらってから提出するとスムーズに手続きが進められます。

クレジットカードの引き落とし口座の登録・変更方法②【ウェブ】

クレジットカードの引き落とし口座の登録や変更をするための、もうひとつの方法は、クレジットカード会社の専用サイトにアクセスし、ネット上で手続きをする方法です。

多くのクレジットカード会社は、利用者がウェブサイトへログインし、利用額や明細などの確認、住所などの変更手続きができるサービスを提供しています。その中に、引き落とし口座の変更ができる画面もあります。

24時間いつでも変更できる場合が多いのですが、カード会社や指定する金融機関によって、手続きが可能な時間の制限がある場合もあるため、確認が必要です。

書面での手続きに比べ、記入や押印、返送が不要であるため、ウェブサイトからの手続きの方が簡単でしょう。

クレジットカードの引き落とし口座を登録・変更するときの注意点

https://unsplash.com/photos/VO5w2Ida70s

続いて、クレジットカードの引き落とし口座を登録や変更をする時の注意点として、引き落とし口座は、クレジットカードの名義人の口座しか指定ができないことが挙げられます。

これは、悪意を持った人が他人の口座をクレジットカードの引き落とし口座に設定できないようにするためです。

もし、配偶者や親など自分以外の口座から引き落としをしたい場合は、引き落としをしてほしい口座の名義人に家族カードを発行してもらいましょう。

そうすると、クレジットカードの主契約者の口座から家族カードの利用分も引き落とすことができます。

登録・変更した銀行口座からの引き落とし開始時期

引き落とし口座を登録、変更をした場合は、手続きが完了するまでに一定の時間が必要です。書面で手続きをおこなった場合は、通常1カ月~2カ月程度かかります。

ウェブサイトで手続きをおこなった場合は、最短で、手続きをおこなった月から引き落としの開始が可能です。

書面での手続きがウェブサイトでの手続きよりも時間が必要な理由は、金融機関とクレジットカード会社が書面のやりとりをして、確認作業をおこなう必要があるからです。

ウェブサイトでの手続きの方が簡単で早いため、可能であればウェブサイトでの申請を利用できると良いでしょう。

クレジットカードの引き落とし口座が登録完了するまでの支払方法

https://www.photo-ac.com/main/detail/3191473?title=%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%B0%81%E7%AD%92

まだクレジットカードの引き落とし口座の登録手続きができていない場合や、引き落とし口座を設定する手続きをしたけれど、時間がかかっていて登録がされていない場合の対応方法も確認しておきましょう。

クレジットカードの引き落とし口座の登録ができていない時期は、カード会社からの請求書が自宅に届きます。

届いた請求書には、支払額や振込先、支払期日などが記載されているため、内容を確認し、期日までに指定の口座へ振り込みをしましょう。

なお、このときに振込手数料がかかる場合があります。利用者が負担しなければならない費用であるため、もし手続きをしていないのであれば、早めの登録手続きをおすすめします。

クレジットカードの引き落とし口座の管理方法

最後に、クレジットカードの引き落とし口座の管理方法をご紹介したいと思います。クレジットカードの引き落とし口座の管理は、インターネットバンキングを利用すると便利です。

引き落とし口座が残高不足とならないように、給与振込口座の登録をおすすめしましたが、手放しで良いというわけではありません。支払日前に入り用があり、まとまった資金を出金してしまう可能性もあるからです。

インターネットバンキングでは、銀行口座の入出金履歴や残高が24時間いつでも確認できます。そのため、支払日前に残高が足りているかを簡単に確認できますよ。

このような便利なサービスを有効活用し、しっかり口座の管理をしていきましょう。

クレジットカードの引き落とし口座について【まとめ】

クレジットカードの引き落とし口座は、入金もれを防ぐために、給与振込口座がおすすめです。

また、インターネットバンキングを活用し、引き落とし口座の残高管理をおこなうことで、さらに残高不足による支払いの遅延を防ぐことができるでしょう。

引き落とし口座の登録や変更手続きもインターネット上でできるようになっています。

書面で手続きをおこなうよりも、簡単で早く完了するため、ぜひ挑戦してみてください。

ABOUT ME
しょうご
しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。