【お得に使える】おすすめの一般クレジットカードを7つ紹介

私たちの生活で欠かせないクレジットカード。現状使用しているクレジットカードよりも、「もっとお得に使える一般クレジットカードを知りたい」という方も多いと思います。

クレジットカードにはとても多くの種類があり、どのカードを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、一般のクレジットカードでおすすめなものを厳選して7種類ご紹介しますので参考にしてください。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20180747205post-16874.html

一般のクレジットカードとは?カードの分類を解説

画像出典:https://www.pakutaso.com/20150725197post-5768.html

この章では、一般的なクレジットカードについての解説をします。

一般的なクレジットカードは通称「一般カード」と言われていて、カード会社が発行するクレジットカードの中で、一番ベーシックなカードのことです。

ランクで言うと一番お手頃で、バージョンをあげるとゴールドカードやプラチナカードなどに変更することもできます。

一般カードは、基本的に年会費が「無料〜数千円」くらいのものが多いのが特徴です。この記事では、一般カードのおすすめをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【一般クレジットカードの選び方】生活スタイルを基軸に選ぶ

クレジットカードは様々な企業が発行しいるため、どのカードを選べば良いのか迷ってしまうと思いますので、この章では一般カードの選び方をご紹介します。

結論から言うと、クレジットカードは発行している会社ごとに特色がありますので、あなたの生活スタイルによってカードを選ぶことをおすすめします。

例えば、通勤でよく電車に乗る方は交通系のクレジットカード、ネットショッピングが多い方は物販系のクレジットカードがおすすめです。

一般カードは、ゴールドカードなどと比較するとポイント還元率が低い設定になっていますが、主に利用するサービスを基軸にクレジットカードを選ぶことで、お得に使用することができます。

一般クレジットカード①楽天カード

この章からは、一般カードでおすすめのものをご紹介していきます。まずはじめにご紹介するのは、物販系カードの楽天カードです。

楽天カードの詳細
  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA/JCB/Mastercard/American Express
  • ポイント獲得率:1%還元(100円につき1ポイント)

楽天カードは、楽天が運営するショッピングサイト「楽天市場」の買い物で、簡単にポイント還元率を3.5%に引き上げることができます。

楽天市場でポイント還元率を3.5%にする手順
  1. 楽天会員に登録する
  2. 楽天市場のスマホアプリで買い物をする
  3. 支払い方法を楽天カードにする

一度楽天の会員登録を済ませてしまえば、スマホアプリ版楽天市場での買い物を楽天カード決済にするだけなので、とても簡単にポイント還元率3.5%で買い物をすることができます。

さらに、楽天が提供する特定のサービスを使用することで、楽天市場でのポイント還元率を3.5〜15.5%に上げることも可能なので、普段からネットショッピングをする方におすすめです。

スポンサーリンク

一般クレジットカード② Amazon Mastercard

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の詳細
  • 年会費:初年度無料/2年目以降1,375円(年1回以上の利用で翌年度無料)
  • 国際ブランド:Mastercard
  • ポイント獲得率:下記の表に記載
ポイント還元率
Amazonでの買い物 プライム会員:2%
プライム会員:1.5%
Amazon以外での買い物 1%

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)は、ショッピングサイトのAmazonが発行する物販系のクレジットカードです。

Amazon Mastercardは、Amazonの公式サイトから申し込みが可能で、新規入会特典でポイントを獲得できるキャンペーンを定期的に行なっています。

ポイント還元率も一般カードの中では高い方で、Amazon以外での使用で1%ポイント還元、Amazonでのショッピングで1.5%、プライム会員の場合はポイント還元率が2%になります。

すでにプライム会員の方で、Amazonをメインにショッピングしている方には特におすすめします。

一般クレジットカード③dカード

dカードの詳細
  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA/Mastercard
  • ポイント獲得率:1ポイント/100円
    特約店ごとにポイント加算や割引あり

dカードは、docomoが発行する通信系のクレジットカードです。

近年、docomoが発行するdポイントが使用できる店舗が増えており、普段の買い物でもdポイントを使用する機会も多いです。

特に、docomo携帯を使用している方は、貯まったdポイントを携帯料金の支払いで使用することもできます。上手にdポイントを貯めることができれば、毎月の携帯料金を間接的に下げることも可能です。

3月から契約可能なahamo(アハモ)という格安プランで、支払い方法をdカードに設定すると、ポイント還元ではなく月々のGB容量が1GB増量されますよ。

スポンサーリンク

一般クレジットカード④au PAYカード

au PAYカードの詳細
  • 年会費:初年度無料/2年目以降1,375円(年1回以上の利用で翌年度無料)
  • 国際ブランド:VISA/Mastercard
  • ポイント獲得率:加盟店での買い物で1%還元(100円につき1ポイント)
    提携のお店での買い物で1%還元(100円につき1ポイント)+200円ごとに1ポイント

au PAYカードは、大手通信会社のauが発行するクレジットカードです。

au PAYカードはポンタと提携しているため、ポンタ取扱店で買い物をすると効率的にポイントを獲得することができます。

ポイント還元率は一般カードの中では高いです。au PAYカードでau PAYにチャージをして買い物をすると、還元率は1.5%にもなります。

「au PAYカード」と「au PAY」は別物です。au PAYは、スマートフォンの画面に表示したバーコードやQRコードで支払いが可能なキャッシュレス決済のことです。

au PAYカードを使って貯まったポイントは、au PAYの残高にチャージすることも可能ですので、auを使用している方には特におすすめです。

一般クレジットカード⑤ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードの詳細
  • 年会費:初年度無料/2年目以降524円(年1回以上の利用で翌年度無料)
  • 国際ブランド:VISA/JCB
  • ポイント獲得率:1,000円につき5ポイント
    ビックカメラでのお買い物が基本10%ビックポイントサービス

ビックカメラSuicaカードは、 株式会社ビューカードが発行するSuica付きクレジットカードです。

こちらのカードの特徴は、Suica機能が付いていることです。出勤でJRを使用する方は、定期券やオートチャージの利用で「JRE POINTが3倍(※1)」になり、大変お得です。

(※1)JRE POINTが3倍=1,000円(税込)につき15ポイント

JR東日本のみどりの窓口や券売機で購入された場合に有効になります。)

また、オートチャージ機能も搭載しているので、改札口でSuicaをタッチした時に、お金が入っておらず出られないというハプニングもなくなります。

ビックカメラの買い物で、チャージしたSuicaでお支払いをすると、JRE POINTとビックポイントを合わせて11.5%のポイントが貯まります。

ビックカメラSuicaカードのクレジット機能を使用して、ビックカメラSuicaカードのSuicaに現金をチャージします。

上記の方法でチャージしたSuicaを使用してビックカメラで買い物をすると11.5%のポイント還元率になります。

一般クレジットカード⑥ イオンカード

イオンカードの詳細
  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA/JCB/Mastercard
  • ポイント獲得率:200円ごとに1ポイント
    イオングループ対象店舗ではときめきポイントが基本の2倍

イオンカードは、イオングループが発行するWAONと一体型になったクレジットカードです。

正確にお伝えすると、イオンカードはWAONと一体になっているタイプの一般カードがあり、WAONを使ってマイルを貯めている方や、イオンで買い物する方におすすめのカードです。

また、「ときめきポイントTOWN」というポイントサイトを経由して、指定のサイトでネットショッピングをすると、さらに高いポイント還元率での買い物が可能です。

ときめきポイントTOWNでのポイント還元率は、買い物をするショップにより還元率が変動します。

おすすめの一般クレジットカード⑦ 三井住友カード

三井住友カードの詳細
  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:Visa/Mastercard
  • ポイント獲得率:200円/1ポイント
    コンビ二3社とマクドナルド利用時2%
    セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを利用すると合計5.0%

最後にご紹介するのは、銀行系のクレジットカードである三井住友カードです。

ポイント還元率は200円で1ポイントですが、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドでのお支払いに使用すると、 通常のポイントに加えて、200円につき2%ポイントが還元されます。

さらに、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス決済の場合、プラス2.5%上乗せされて5%の還元率になります。

年会費も無料で、普段からセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドを使用する方にはおすすめのクレジットカードです。

一般クレジットカードについてのまとめ

画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-256319/

この記事では、一般のクレジットカードについての解説と、おすすめのクレジットカードを7つに厳選して紹介してきました。まとめてご紹介します。

カード名 年会費 国際ブランド ポイント還元率
楽天カード 無料
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • American Express
1%還元
(1ポイント/100円)
Amazon Mastercard
(アマゾンマスターカード)
  • 初年度無料
  • 2年目以降1,375円
    (年1回以上の利用で翌年度無料)
Mastercard
  • Amazonでの買い物
    プライム会員:2%
    プライム会員:1.5%
  • Amazon以外での買い物:1%
dカード 無料
  • VISA
  • Mastercard
  • 1ポイント/100円
  • 特約店ごとにポイント加算や割引あり
au PAYカード
  • 初年度無料
  • 2年目以降1,375円
    (年1回以上の利用で翌年度無料)
  • VISA
  • Mastercard
  • 加盟店での買い物で1%還元
    (1ポイント/100円)
  • 提携のお店での買い物で1%還元
    (1ポイント/100円)
    +200円ごとに1ポイント
ビックカメラSuicaカード
  • 初年度無料
  • 2年目以降524円
    (年1回以上の利用で翌年度無料)
  • VISA
  • JCB
  • 5ポイント/1,000円
  • ビックカメラでのお買い物が基本10%ビックポイントサービス
イオンカード 無料
  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • 1ポイント/200円
  • イオングループ対象店舗ではときめきポイントが基本の2倍
三井住友カード 無料
  • Visa
  • Mastercard
  • 1ポイント/200円
  • コンビ二3社とマクドナルド利用時2%
  • セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを利用すると合計5.0%還元

一般カードはゴールドカードやプラチナカードに比べると還元率こそ低いものの、年会費が無料であることも多く、メインカードとして使いやすいです。

今回おすすめしたクレジットカードの中から、あなたの生活スタイルに合うクレジットカードを選んでみてくださいね。