仮想通貨のFXが人気なのはなぜ?特徴や注意点も併せて紹介!

「仮想通貨FXを始めてみたいけれど難しそう」と思われている方はいるのではないでしょうか。

取り引きを始める前に、基礎知識や注意点を知っておきたいですよね。この記事では、仮想通貨のFXをこれから始めようと考えている方に向けて、仮想通貨FXの基礎知識や、注意点について紹介してきます。

この記事を読むことで、リスクを最小限にした仮想通貨FX取引ができるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

仮想通貨FX(証拠金取引)とは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/blockchain-3206624/

仮想通貨FXとは、仮想通貨(暗号資産)を使った証拠金取引のことです。

仮想通貨とは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、ネットワーク上での電子的な決済手段として流通している通貨です。仮想通貨の特徴は、法定通貨のように国が価値を管理していないことです。

FX(証拠金取引)とは、預けた資金(証拠金)を担保にして取り引きができる仕組みです。証拠金取引の特徴は、レバレッジという仕組みにより保有している資金以上の取り引きができることです。

仮想通貨FXは、相場の値動きの大きさと、それを増幅するレバレッジ機能の組み合わせにより、大きな利益を生む可能性があることから、注目されている資産運用法です。

仮想通貨FX(証拠金取引)はレバレッジがかけられる

レバレッジとは、「てこの原理」を意味しています。これは預けた資金である証拠金を担保にして、何倍もの取り引きをするものです。

現物取引では、10万円の資金であれば、10万円分の取り引きしかできません。FX(証拠金取引)では、レバレッジをかけることによって10万円の資金で数倍~数十倍の取り引きができます。

少ない元手で大きな取り引きができますが、利益だけはでなく、損失もレバレッジの倍率の影響を受けます。つまり、証拠金取引は、ハイリスク・ハイリターンであると言えます。

レバレッジの倍率を高くすると、大きな利益を生む可能性がある一方、資産を大きく毀損(きそん)する可能性があるため、倍率の管理はとても重要です。

仮想通貨FXと為替FXの違い

https://unsplash.com/photos/VkRq5w3asCA

一般的にFXは、為替FXのことを指します。為替FXは、外国為替証拠金取引のことであり、アメリカドルやユーロドルを使用した金融商品です。

仮想通貨FXと為替FXは、元となる相場が違うだけで、どちらも証拠金取引です。なお、金融庁による外国為替FXのレバレッジ規制は25倍までであるのに対し、仮想通貨は2倍までです。

仮想通貨のレバレッジ規制が2倍までになっているのは、価格変動リスクが大きいと判断されているためです。

そのほか、外国為替の取り引きは平日のみであるのに対し、仮想通貨は24時間365日取り引きが可能であり、時間的な制約がありません。

仮想通貨FXが人気な理由①【元手以上の取り引きができる】

仮想通貨FXは、レバレッジによって投資資金を多く準備ができない人でも、大きな利益を狙うことができるため、人気があります。

2017年12月に仮想通貨が高騰した際には、「億り人(おくりびと)」と呼ばれる億万長者が300人以上いたと言われています。

値動きが盛んなため、相場に上手に乗ることができた場合、現物取引の何倍もの利益を得ることができます。

仮想通貨FXは、資産運用をするのであれば、大きな利益を狙いたいという人に注目の商品です。

仮想通貨FXが人気な理由②【下落相場でも利益が出る】

仮想通貨FXのもう1つのメリットは、売り注文から始められることです。

現物取引の場合は、商品を保有していないと売却ができないため、売り注文からは始めることは不可能ですが、仮想通貨FXの場合は、証拠金を担保に売り注文が可能です。

仮想通貨は、急落や長い下落相場が発生することがあります。仮想通貨FXは、このような下落相場ででも、利益を狙うことができます。

下落相場の場合、現物取引では含み損を抱えたままになるため、値下がりにも強い取引方法と言えるでしょう。

仮想通貨FXの注意点①【大きな損失が出る】

仮想通貨FXが人気な理由を理解したところで、次は仮想通貨FXをする際の注意点について解説していきます。

仮想通貨FXをする際に注意すべきことは、レバレッジをかけて取り引きをすると、現物取引以上に損失が出る可能性があることです。

仮想通貨FXの場合は、レバレッジをかけて、保有している資産以上の金額を運用していることから、損失についてもレバレッジの影響を受けます。

仮想通貨FXは、レバレッジによって保有している資金以上の取り引きができるため、利益が出た時に恩恵を受けられるものの、損失が膨らむ可能性があることに注意が必要です。

仮想通貨FXの注意点②【強制終了させられる】

仮想通貨FXでは、損失が増えると追加で証拠金を請求されることがあります。これを追証(おいしょう)と言います。

また、含み損が一定の割合を超えるとロスカットというシステムが作動します。これは利用者が預けている資金(証拠金)以上に損失を出さないために、すべての取り引きを強制終了させるシステムです。

本来、そのまま保有し続けて価格が上昇すれば、被害を抑えられる可能性がありますが、ロスカットされてしまうと、その場で損失が確定します

予期せぬタイミングで取り引きが終了してしまうことがあるため、ロスカットの仕組みを理解しておく必要があります。

仮想通貨FXで出た利益の税金

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%8A%95%E8%B3%87-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-2724241/#content

仮想通貨FXで出た利益が年間20万円以上場合は、確定申告をする必要があります。

仮想通貨で得た利益は、雑所得として計上されます。株式や為替FXは、分離課税です。

分離課税である株や為替FXの税率は、一律20.315%(所得税+住民税)ですが、雑所得は、総合課税であり、他の所得と合算した総所得で税率が決定されます。

総所得額によっては最大55%(所得税+住民税)の税率で納税しなければならないため、仮想通貨FXで大きな利益が出た場合は、注意が必要です。

仮想通貨FXを利用するための取引所の選び方

仮想通貨FXを始めるためには、仮想通貨取引所の口座開設をおこなう必要があります。仮想通貨取引所は、国内外に複数あるため、迷うところだと思います。

取引所を比較するポイントは、取引所のセキュリティや、取り扱いサービス、取り扱い通貨、手数料などです。

仮想通貨は、ハッキングによって預けていた資産が盗まれる事件がありました。セキュリティの強さは特に重要です。

取り扱いサービス(仮想通貨FXを含む)や取り扱い通貨の種類、手数料など、取引所によって特徴がありますので、今後利用したい取り引きに合わせて選択しましょう。

【仮想通貨初心者向け】結局どこが安全!?選ぶ際の5つのポイントと取引所5選

2020年4月30日

まとめ

FXは、少ない手持ち資金でも大きな取り引きができます。また、仮想通貨取引は、為替取引よりも価格変動が大きいため、短期間で利益を得られる可能性があります。

仮想通貨FXは、利益だけではなく損失も膨らむ可能性があることから、注意が必要ではありますが、効率良く運用ができる商品です。

ハイリスク・ハイリターンであるため、あくまで余剰資金を使って運用し、生活資金までを使ってしまうことのないように気をつける必要があります。

暗号資産FXが初めての場合、まずは低レバレッジで少額から始めてみるのも良いかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。