借金

自己破産した人と結婚するには?リスクと財産の関係を理解しよう

彼(彼女)との結婚を意識していた矢先に自己破産をした事があるという事実が発覚。

「実は、ずっと隠していたんだけど・・・借金が膨らんで自己破産した経験があるんだ」もしくは、「迷惑かけたくないから結婚前に債務整理をきちんとしておきたい」というお相手からのカミングアウト。

このような場合、「結婚によるリスク」はあるのでしょうか?様々な観点から今回の問題を解決していきますので、記事を最後までご確認ください。

大前提:結婚前の自己破産は【各自】の問題

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2311502?title=%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%A0%B4%E7%94%A3%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%80%80%EF%BC%91%E4%B8%87%E5%86%86%E3%80%80%E3%81%8A%E9%87%91

大前提として、【結婚は出来ます】。ただし、自己破産した債務者の財産について押さえておくポイントが2つあります。

それは【債務者の債務を免責する際のリスク】と【債務者と配偶者のリスク】についてです。内容は以下の通りとなります。

債務者の債務を免責する際のリスク

債務が無くなる代わりにお手持ちの資産も無くなる

債務者と配偶者のリスク

結婚相手のローン審査に影響はないが、隠していても【興信所の利用】をされた場合、相手にバレる

自己破産した男性のクレジットカード発行や保有車はどうなる?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/337031?title=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

 

自己破産した人と結婚するには?リスクはあるの?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1786489?title=%E6%84%9B%E3%82%92%E8%AA%93%E3%81%86%E6%96%B0%E9%83%8E%E6%96%B0%E5%A9%A6

それでは、いざあなたが「自己破産した男性」と結婚するとなった場合はどうでしょうか?この場合のリスクはあるのか?例えば、結婚した時の名字についてです。

結婚のスタイルにもよりますが、一般的に夫の名字に変更される方が多いでしょう。この場合、債務整理をした事実を【結婚】により無かったものにはできません。←修正箇所(女性をターゲットにした記事のため書き直し)

また、自己破産にも理由は様々あります。これは後ほど【自己破産とその考え方】のくだりでもご説明しますが、とても重要な考え方です。

先に少しだけご説明すると、自己破産の原因が【親の病気】と言っておきながら、実は【ギャンブル依存症】が要因だったという真実が隠れている事もあるので、これは【リスクになる】とも言えます。

結婚前の財産とお互いのリスクを知ろう

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%80%9D%E8%80%83-%E7%94%B7-%E7%89%A9%E6%80%9D%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%B5%E3%81%91%E3%82%8B-%E7%94%B7%E6%80%A7-2560696/

「お相手の男性」から結婚前に「自己破産をしたい」と言われた場合【ちょっと待って!】となりますよね?それもそのはず、結婚の覚悟をしていたのに【突然のカミングアウト】には驚いてしまうものです。

まず、結婚前に混乱しないために知っておいてほしいのが、お互いの財産は【夫婦別産制】に基づいて決められていると言う事です。

【夫婦別産制】とは、結婚前にあなたが持っている財産、自己破産したお相手が持っている財産はそれぞれ【各個人の財産】であるという考え方です。こちらは以下の内容にも繋げて考えてみましょう。

結婚後に自己破産が発覚した場合

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2077370?title=%E7%AB%B6%E5%A3%B2%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

例えば、結婚直後に自己破産が発覚した場合は、特に【夫婦別産制】の考え方が重要となってきます。

債務者のお相手からしたら【既に一緒に住んでいるんだけど、自分のこの所有物は没収されてしまうのかな?】と考え不安になりますよね?

ですが、上記でご説明した通りあなたの財産はあなたの物なのでご安心を。ただし、連帯保証人に配偶者をつけるような場合、その財産は【共有財産】となり、当然ながら共有者もリスクを被る事となります。

また、共有財産を維持できない場合に【自己破産】するケースも多くみられますが、このケースの場合は【任意売却】で事が済む場合も多いです。

自己破産に関わる専門用語

①共有財産:結婚してからの【預貯金・保険金】や家・有価証券等の夫婦が協力して築き上げた財産

②任意売却:売却後も残る住宅ローン等の借入金を返済できない時、競売を回避するため【不動産を金融機関の合意】を得て売却する方法

もし、結婚後にあなたが自己破産する事になったら?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1510002?title=%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E4%BA%BA%E3%80%80%E5%80%9F%E9%87%91%E3%82%92%E8%83%8C%E8%B2%A0%E3%81%86

お相手ではなく、あなたが自己破産をする事になった場合、結婚した配偶者に対する【直接的な自己破産のリスク】はあまり関係ありません。ですが、結局の所お相手である配偶者の負担が増える可能性は否めません。

例えば、自己破産したあなたの親が【連帯保証人】となり、債務者の借金を肩代わりしていた場合、配偶者に【借金の相談】が来る可能性は決して低くありません。

このように、直接的に配偶者の被害はなくとも、結局はリスクが降りかかってくるパターンを覚悟しておく事も大切です。

自己破産した男性が所有する物件に住む際のリスク

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9B%A2%E5%A9%9A-%E5%88%86%E9%9B%A2-%E7%B5%90%E5%A9%9A%E3%81%AE%E5%B4%A9%E5%A3%8A-%E5%88%86%E5%89%B2-619195/

上記の内容も繋げて考えてみましょう。あなたは、様々な理由により男性と離婚をしたとします。そして、その時所有していた家を【離婚による財産分与】で【あなた名義(自己破産経験なし)】のまま、配偶者に渡しました。

その後、あなたも度重なるトラブルにより債務超過に陥り、自己破産してしまいました。このようなパターンの場合は特に気を付けなくてはなりません。

何故なら【自己破産者名義の持ち家】に【名義人以外】が住んでいたとしても【これは私が買った物件ではありません(仮に住んでいる方が自己破産していなくても)】という理屈が通用しないからです。

あくまで、所有者は【自己破産した債務者】のため、その物件は債権として回収されてしまいます。こちらは、トラブルが重なる最も恐い分類の一つとなりますので参考までに覚えておきましょう。

自己破産のリスクは【その考え方】にあるかもしれない

出典:出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1090917?title=%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF

これは、←(どれ?)冒頭や【自己破産した人との結婚リスク】のくだりでも触れましたが、あなた自身やお相手の考え方及び価値観によりリスクが増減する事になりますので注意が必要です。

例えば、あなたがお相手を幸せにするつもりでプロポーズしても、土壇場で【借金がある・自己破産している】と言われた時です。これが結婚前ならまだ良い方です。

ちなみに、結婚後に発覚したパターンを【筆者自身】はいくつか知っております。このように、お互いの根本的な【価値観】が合わない事は【自己破産】云々のお話です。

パートナーとの信頼関係に繋がってくるため、最悪はお別れとなる場合もあります。そのため、お相手と幸せな未来を築くためにも、先の将来を考えてしっかりと話し合うのは基本的な事であり、とても重要な事なんです。

まとめ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2110910?title=%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%82%92%E3%81%86%E3%81%91%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7

自己破産した債務者の債務をお相手となる方が【直接的に被る】事はありません。ただし、結婚後は夫婦間による【共有財産】が発生するのが自然な流れとなります。

また、自己破産と結婚により出てくるリスクはお相手に直接的に降りかかるリスクより、今後あなたにも関わってくる間接的なリスクも踏まえて今後の事をしっかりと話し合ってみて下さい。

場合によっては、新たに債務整理が必要となる事もあるはずです。無料で相談できる弁護士の方も多数いらっしゃいますので、二人で悩む前に【債務整理】に関してのアドバイスをもらってみて下さい。

【あなた達の人生に柵が少しでもなくなるように、遠くから応援しています】。

 

ABOUT ME
akaweb
ゴールデンボンバーとお買い物パンダをこよなく愛するwebライター。記事を執筆する傍ら、「家計対策ブロガー」として皆さんの「家計のお金と心を支える」をキャッチフレーズに日々ブログを更新中。(^^♪
固定費を見直して支出を減らそう!

自分のお金の流れを把握するなら「マネーフォワードME」

スマホ料金の見直しなら「楽天モバイル」

電気料金を一括比較するなら「インズウェブ」