自己破産後にクレジットカードを作る方法とは?審査に通るコツを伝授!

「自己破産をしたら、クレジットカードは使えなくなるの?詳しく教えてほしい。」

2020年現在、全国で自己破産を申し立てる人の数が4年連続で増え続け、法律事務所には自己破産後のクレジットカードに関する相談が増加中です。

そこで今回は、自己破産後のクレジットカードについて解説します。

この記事を読むことで、クレジットカードについて詳しくなり、お金との付き合い方が上手になります。ぜひ最後までご覧ください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-256315/)

自己破産後のクレジットカードはどうなる?

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE-%E3%81%AF%E3%81%95%E3%81%BF-%E5%88%87%E6%96%AD-309613/

自己破産の手続きを行うと、所持しているクレジットカードは強制的に解約されます。

自己破産を弁護士に依頼すると、自己破産が受任されたことを知らせる「受任通知」がクレジットカード会社に送られ、解約の通知が債務者のもとへ届きます。

ちなみに自己破産の際は、未使用のクレジットカードも弁護士に申告しなければなりません。

申告しなかった場合は、裁判所に自己破産が認められず、さらに「詐欺罪」に問われる可能性もあります。

たまっていたポイントはどうなる?

自己破産でクレジットカードが解約されると、たまっていたポイントは全て失効します。

弁護士に依頼する直前にポイントを利用しても、自己破産の手続きに不利になることはほぼないので、大量に保有している場合は使い切ったほうが良いでしょう。

ただ、ボイントを上回った金額は借入額とみなされ、自己破産が認められなくなりますので、利用する際は必ずポイント内で収める必要があります。

自己破産後にクレジットカードを作るには?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AA-1307227/

自己破産後にクレジットカードを作るには、一定の期間を経過させる必要があります。

自己破産をすると、個人の信用情報を収集している「信用情報機関」に事故情報が登録され、5〜10年を経過しないと金融事故の記録が消えません。

信用情報とは、銀行やクレジットカード会社などが業界ごとで作成しているデータベースのこと。

個人の年収や住宅情報、勤務先の情報、ローンや公共料金などの支払い情報が記録されています。

また信用情報機関とは、クレジットカード会社や銀行などが加盟している団体のことで、主に利用者の信用情報を管理しています。

さらに、信用情報機関には下記の3つの団体が存在し、事故情報の登録期間は各団体によって異なります。

機関名 所属会員の業種 事故情報の登録期間
CIC(指定信用情報機関) 信販会社・百貨店・クレジットカード会社・携帯電話会社など 5年
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融会社・リース会社など 5年
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 全国の銀行など 10年

事故情報が残っている間は、一般的に「ブラックリストに載っている」状態と呼ばれており、返済能力がないと判断されクレジットカードの審査に通りません。

なので自己破産後にクレジットカードを作成するには、信用情報を回復させ審査を通す必要があります。

自己破産後にクレジットカードの審査を通すには?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%8A%95%E8%B3%87-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-2724241/

自己破産後にクレジットカードの審査を通すには、主に下記の条件を満たさなければなりません。

  • 安定した収入がある
  • 住所・連絡先がある
  • クレジットヒストリーがある

クレジットカードの審査時は、正社員といった雇用形態や勤続年数が重視され、特に固定電話があると審査が有利になります。

また、クレジットカードの審査を通すには、信用情報機関に登録されている「クレジットヒストリー」も積み上げる必要があります。

クレジットヒストリーとは、住宅ローンなどの返済履歴やクレジットカードの利用履歴のこと。

クレジットヒストリーが積み重なっていると、返済能力があるとみなされ、クレジットカードの審査が通りやすくなります。

自己破産をすると信用情報は真っ白の状態になるため、クレジットカードの審査を通すには、まず携帯電話の分割支払を半年間続けるなどして、クレジットヒストリーを積み上げましょう。

また、自己破産後にクレジットカードを作る際は、次の項目で挙げる3つの注意点を把握する必要があります。

自己破産後にクレジットカードを作る際の注意点①事故情報

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%A4%9C%E7%B4%A2-%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3-2951638/

自己破産後にクレジットカードを作る際の注意点は、まず「事故情報を確認する」ことです。

前述した通り、事故情報の登録期間は各信用情報機関によって異なり、思い違いで事故情報が残っている場合があります。

なのでクレジットカードを申し込む前に、カード会社がどの機関に属しているのか、下記の検索ページで確認する必要があります。

信用情報機関の確認が完了しましたら、該当する団体のホームページで情報開示の申請を行いましょう。

上記のページでは、「パソコン」「スマホ」「郵送」などの方法で情報開示の申請が可能です。

ちなみに情報開示には、1件あたり500円から1,000円の手数料が発生します。

しかし、自己破産に関する記録は短くても5年間残るので、クレジットカードを作成する際は必ず情報開示を行い、事故情報の有無を確認しましょう。

自己破産後にクレジットカードを作る際の注意点②限度額

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1094450?title=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E8%B3%BC%E5%85%A52

次に、自己破産後にクレジットカードを作る際の注意点は、「利用限度額を高く設定しないこと」です。

クレジットカードの利用限度額を高く設定すると、カード会社が一時的に立て替える金額が多くなり、審査が通りにくくなります。

また、利用限度額を下げることで、下記のメリットが得られます。

  • クレジットカードの使いすぎを防止できる
  • 万一盗難に会ったときも、被害を最小限に抑えられる
  • 新たなクレジットカードを発行する際、審査が通りやすくなる

利用限度額をあえて下げることで審査に通りやすくなり、さらに上記のメリットも得られるので、カードの審査が通るか不安という場合は参考にすると良いでしょう。

自己破産後にクレジットカードを作る際の注意点③同時申込み

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-89024/

さらに、自己破産後にクレジットカードを作る際の注意点として、「複数社の同時申込みを避ける」ことが挙げられます。

短期間で複数のクレジットカードを申し込むと、カード会社からはお金に困っていると思われ、審査が通りにくいです。

また、クレジットカード会社に申し込んだ履歴は半年間残るので、複数同時に申込みを行うと審査時に不利になってしまいます。

なのでクレジットカードを申し込む際は、必ず1社づつ行い、複数のカードを申し込みたい場合は半年おきに手続きを行いましょう。

自己破産後にどうしてもカードが欲しい場合

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-2215793/

自己破産後、事故情報が残っている間にどうしてもカードが欲しい場合は、デビットカードがおすすめです。

デビットカードは分割払いができませんが、信用情報の影響を受けないので自己破産直後でも発行できます。

またデビットカードは、利用と同時に銀行口座から引き落とされ、残高以上の買い物ができません。

なので、クレジットカードより借金のリスクが少なく、デビットカードを利用することで計画的な金銭管理が行えます。

デビットカードの選び方のポイント

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%89%E3%83%AB-%E7%8F%BE%E9%87%91-4270428/

デビットカードを選ぶ際のポイントとして、主に下記の点が挙げられます。

  • 銀行口座と一体型を選ぶ
  • 年会費を確認する
  • 海外で利用できるか

デビットカードには年会費が発生し、無料のものから数百円、千円以上も存在するので、事前に必ず確認しましょう。

また、海外のショッピングを希望する方は、国際ブランドの「VISA」カードを選択する必要があります。

次の項目では、自己破産後でも作成できるおすすめのデビットカードを紹介しますね。

自己破産後におすすめデビットカード「楽天銀行デビットカード」

自己破産後におすすめのデビットカードは、「楽天銀行デビットカード」です。

楽天銀行デビットカードは、VISAとJCBの2つのブランドから選べ、下記のように種類が豊富です。

名称 ブランド 年会費(税込)
楽天銀行パンダデビットカード JCB 永年無料
楽天銀行デビットカード JCB 永年無料
楽天銀行ベーシックデビットカード VISA 永年無料
楽天銀行シルバーデビットカード VISA 2,200円
楽天銀行ゴールドデビットカード VISA 5,500円

また、楽天銀行デビットカードを利用すると100円ごとにポイントがたまり、たまったポイントは支払いの際に利用可能なのでお得です。

気になる方は、下記の公式ページより申し込みができるので、ぜひご覧ください。

自己破産後にクレジットカードを作る方法とは?【まとめ】

今回は、自己破産後のクレジットカードについて解説しました。要約すると下記の通りです。

自己破産後にクレジットカードを作る際の注意点
  • 事故情報が残っていないか必ず確認する
  • 利用限度額を低く設定する
  • 短期間で複数同時に申し込みをしない
デビットカードを選ぶ際のポイント
  • 銀行口座と一体型を選ぶ
  • 年会費を確認する
  • 海外で利用できるか
  • 楽天デビットカードならポイントがたまる

自己破産後は、クレジットカードが一生使えない思われがちですが、長くても10年経過すると事故情報が消え、審査を通すことができます。

また、クレジットヒストリーなどの信用情報を積み上げることで、カードの審査が通りやすくなります。

この記事を参考に、自己破産に対する恐怖が少しでも和らぎ、お金と上手に向き合えると幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

ビジネス系Webライター。上場企業で管理職として10年勤務し、マネジメント業務全般に携わる。 退職後、地元である沖縄でフリーランスとして独立。 【実績】 転職系メディア「Executive Navi」金融系メディア「DEBIT INSIDER」「高級家具.com」で合計70記事を執筆。 また「クラウドワークス」「ランサーズ」でも受注し、累計100本以上のライティング記事が公開中。 転職・小売業界・仮想通貨・クレジットカードなど、幅広い知識を持つ。