【債務整理に自信あり!】アヴァンス法務事務所を紹介します!!

「債務整理でプロに相談したいけど、どこに相談していいかわからない。」「アヴァンス法務事務所に相談しようと思っているが、信頼できる事務所なの?」こんな方に向けて記事を書きました。

アヴァンス法務事務所は実績とノウハウのある信頼のできる法務事務所です。債務整理に力をいれており、依頼者の不安が軽くなるような様々なサポート体制が充実しています。

身近な問題で不安を抱えている方、アヴァンス法務事務所について気になる方は是非とも最後まで読んでみてくださいね。

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/EKy2OTRPXdw)

アヴァンス法務事務所の基本情報

出典:https://pixabay.com/photos/hammer-court-judge-justice-law-1707725/

テレビのCM等でよく見かけるため、名前を聞いたことがあるという人も多いと思います。アヴァンス法務事務所は、大阪本店と東京支店があり、妾氏が代表を務めています。

アヴァンス法務事務所は2007年の設立以来、23万件以上の相談実績(2018年2月時点)を誇る大手の事務所です。23万件以上の相談実績とノウハウが、多くの人から支持を得ています。

アヴァンス法務事務所は女性専用ダイヤルなどの設置や、スマホで進捗状況がわかるシステムを作成するなど、他の事務所と差別化を図り、依頼者が安心できるサービスを充実させていますよ。

2003年に行われた司法書士に関する法律改正で、弁護士だけでなく、公的制度の専門家である司法書士も債務整理(借入が140万円以内に限られる)ができるようになりました。アヴァンス法務事務所のような司法書士事務所で勤務する司法書士達が、今日も債務整理の現場で活躍しています。
アヴァンス法務事務所大阪本店の基本情報
  • 【所在地】 大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
  • 【電話番号】 0120-964-564(女性専用ダイヤル 0120-964-664)
  • 【営業時間】 9:30~21:00(土日祝は9:30~21:00)
  • 【代表者】 妾 正幸

アヴァンス法務事務所東京支店の基本情報
  • 【所在地】 東京都千代田区神田和泉町1-1-14 パシフィックビル2F
  • 【電話番号】 0120-963-963
  • 【営業時間】 9:30~21:00(土日祝は事前相談)

アヴァンス法務事務所は幅広い相談に対応している

出典:https://pixabay.com/photos/student-divorce-right-legal-work-2745514/

アヴァンス法務事務所は、相談者が安心して相談できる環境作りに力をいれています。電話、メール、面談による相談は何度でも無料です。女性専用のダイヤルもあって、相談しやすいですね。

借金問題や債務整理はデリケートな問題も多く、人に悩みを打ち明けることに抵抗がある人も多いと思います。そういった人にとって、電話、メール、面談と様々な相談方法の手段があることはありがたいですね。

デビットインサイダー編集部
高額なエステ商品や化粧品をカードで購入し、支払いに困る女性からの相談などはよくあるケースだそうです。クレジットカードで購入し過ぎて払えなくなった場合も、債務整理で返済額が減らすことができる可能性がありますよ。

アヴァンス法務事務所は債務整理のサポート体制が充実している

アヴァンス法務事務所は、単純に問題を解決するだけでなく様々なサポート体制があり、依頼者が最後まで安心できるようなバックアップをしています。この章ではそれらを紹介していきますね。

アヴァンス・アシスト

アヴァンス法務事務所は、債務整理後も委任契約を継続し、債務返済完了までサポートしてくれるアヴァンス・アシストがあります。アヴァンス・アシストは債務整理後に金融会社への支払いや管理を代行してくれます。

途中で返済が難しくなっても、アヴァンス法務事務所が依頼者のかわりに金融機関とやりとりしてくれます。債務整理後に再び借金の返済で悩む心配が少し減りますね。

デビットインサイダー編集部
アヴァンス・アシストはアヴァンスで債務整理を行った人の約9割が加入する人気サービスのようです。

アヴァンス・リメニュー

アヴァンス・リメニューは任意整理後に再度返済不能となってしまった人に向けたサービスです。再び返済不能となった場合に、アヴァンスが再び和解を交渉してくれる心強いサービスです。

任意整理の再和解が難しい場合には、個人再生や自己破産といった選択肢も考慮し、最後まで依頼者の借金問題の解決をサポートしてくれますよ。

アヴァンス・ネクスト

債務整理行うとなったときに、どれくらい進んでいるのか、無事に債務整理が進んでいるのか心配になるものです。一般的に多くの法律事務所では、債務整理の進捗についての連絡はありません。

しかしアヴァンス法務事務所のアヴァンス・ネクストでは、債務整理の進捗状況をパソコンやスマホ等で確認することができます。相談者の不安を減らしてくれる素敵なサービスですね。

【債務整理に自信あり!】アヴァンス法務事務所の主要業務

出典:https://unsplash.com/photos/NIJuEQw0RKg

アヴァンス法務事務所で勤務するのは、代表をはじめ司法書士の方々です。司法書士は、個人や企業などから依頼を受けて、法的に効力のある書類を作成したり、法律上の手続きを代行する公的制度の専門家です。

司法書士の業務を行うためには、法務省が管轄する国家資格を取得する必要があります。身近な問題のスペシャリストであるため、広範囲にわたる様々な業務を行っています。

近年は依頼者のニーズも多様化しており、依頼者の司法書士に対する依頼も複雑化しています。多様な業務の中でも、アヴァンス法務事務所の主要業務を紹介しますね。

アヴァンス法務事務所の主要業務
  • 任意整理
  • 過払い金請求
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 時効援用
  • 不動産登記
  • 商業登記

債務整理の種類とアヴァンス法務事務所の料金について

アヴァンス法務事務所では、相談者の借金の状況、資産や所得の状況等、それぞれの状況にに応じて、適切な解決方法を選択します。この章では債務整理の具体的な3つの種類について解説します。

任意整理

借金の返済が苦しくなった依頼者に代わって司法書士さんが貸金業者と直接交渉し、今後の返済条件の見直しをお願いすることを任意整理といいます。

「事務手数料」や「和解成立時に和解成立報酬」など、別途必要な費用もあるようですが、減額報酬がないことが特徴的ですね。細かい追加料金は相談時に確認するようにしましょうね。

着手金 1社あたり40,000円
減額報酬 なし

個人再生

借金などの返済ができなくなった人が、裁判所に申し立てる債務整理の方法を個人再生と言います。裁判所が選任した再生委員が、債務者と債権者からそれぞれ意見を聞き、再生計画を立てます。

数年かけて分割で返済していく手続です。自己破産のように個人資産を没収されないという特徴があります。住宅ローンを支払中の自宅がある場合は、自宅を手放さないで良い個人再生を選択肢にいれましょう。

申立書類作成費用 住宅資金特別条項なし 33万円
住宅資金特別条項あり 38万円
申立印紙代など実費 40,000円

自己破産

借金の返済が困難になった方が、裁判所の手を借りて負債を免除してもらう手続きを自己破産と言います。自分の財産のすべて借金の返済にあて、それでも残った借金の返済義務がなくなります。

財産を没収されますが、衣食住は保証された上で借金返済の義務がすべてなくなるということは、大変なメリットです。破産手続後、給与所得などで築いた財産は、自分で保有することができますよ。

申立書類作成費用 同時廃止 27万円
管財事件 27万円 + 別途料金
申立印紙代など実費 40,000円
同時廃止と管財事件の違い
  • 破産の申立人(破産する人)が自己破産の手続きの費用を出せることができないときに、破産手続を開始すると同時に免責許可の手続きを進めます。これを「同時廃止」といいます。
  • 申立人に一定の財産がある場合は、財産の調査や処分、貸金業者など債権者への配当などが必要になります。これの手続きを「管財事件」と言います。
  • 自己破産の約8割が「同時廃止」です。「管財事件」は様々な手続きが必要なため、「同時廃止」と比較して費用も時間もかかります。

アヴァンス法務事務所の債務整理について

出典:https://unsplash.com/photos/9BatP4ovW2I

アヴァンス法務事務所で債務整理の問題を対応するのは、妾代表をはじめとする司法書士です。債務整理や過払い金請求は、弁護士に依頼するものだと思っている人も多いと思います。

2003年に行われた法律改正で、司法書士が債務整理の現場に代理人を務めることができるようになりました。債券額が140万円以内という条件付ではありますが、債務整理の現場で司法書士も活躍しています。

弁護士よりも債務整理や過払い金請求で実績ある司法書士は沢山います。アヴァンス法務事務所はその典型的な例で、10年で23万件の実績とノウハウを積み重ね、現在も最前線で多くの依頼者の問題を解決しています。

アヴァンス法務事務所の任意整理の流れ

①無料相談

電話かメールで連絡し無料で相談してもらう日を決めます。面談までに借金の状況や家計の収支などの情報を自分なりに整理しておくと、面談がスムーズです。

②司法書士と面談

司法書士との面談では具体的に借金の状況、借入先との取引の期間、借金額の残りなどを確認し任意整理が妥当か判断します。直接事務所に行けない人は、司法書士が出張しての面談となります。

③委任契約・受任通知の発送

アヴァンス法務事務所と正式に依頼するとなった場合、委任契約を結びます。契約をすれば司法書士が債務者の正式な代理人となりますので、依頼者が貸金業者と直接やりとりする必要はなくなりますよ。

代理人となった司法書士は「依頼者の代理人として任意整理を行います」といった通知(受任通知といいます)を貸金業者に送ります。

④引き直し計算による借金残高を確定

取引履歴などを開示請求した後に、正規の金利で利息の再計算を行い、正しい借金の残高を計算します。この再計算(引き直し計算といいます)を行うことで、過払い金があるかどうかがわかります。

再計算をした上で借金がまだ残っている場合には、貸金業者と和解交渉を行い、依頼者が返済可能な方法を協議します。

⑤和解交渉・和解成立

司法書士が減額交渉や長期分割払い等の交渉を貸金業者と繰り返し、お互いに納得できる返済方法が決まれば和解成立となります。多くの場合は毎月の返済額が減りますよ。

【債務整理に自信あり!】アヴァンス法務事務所の過払い請求

出典:https://unsplash.com/photos/-8a5eJ1-mmQ

過払い金とは、利息制限法で定められた金利以上の本来支払う必要のなかったお金のことです。過払い金はプロにお願いして、返還請求を行いましょう。

過払い金の請求は完済してから10年です。利息を多く支払っていることを忘れいてる借金はありませんか?完済していればデメリットはありませんよ。

着手金 なし
成功報酬金 完済している債務に対する過払い金請求 16%
返済している債務に対する過払い金請求 14%
その他
  • 1債権者あたり別途50,000円(税別)必要
  • 訴訟により取戻した場合は成功報酬+2%(税抜)
  • 法的整理により取戻した場合は成功報酬20%(税抜)

【債務整理に自信あり!】アヴァンス法務事務所の時効援用

出典:https://unsplash.com/photos/dDvrIJbSCkg

借金を5年もしくは10年以上返済しておらず、何も動きがない状態が続くと、消滅時効という法律上の制度で借金の返済が不要になることがあります。

これを借金の時効といいます。時効であることを債権者に主張することを「援用」と言います。借金の時効が成立するためには3つの条件が揃う必要があります。一度確認してみてくださいね。

アヴァンス法務事務所での時効援用に必要な費用は1社あたりの着手金が30,000円です。ちなみに裁判を起こされている場合は、債務整理の料金に準じた料金になりますよ。

借金の時効に必要な3条件
  1. 5年以上もしくは10年以上返済しておらず、債権者からの請求も受けていない
  2. 債務の承認をしていない
  3. 裁判手続きをされていない

アヴァンス法務事務所のまとめ

以上、「【債務整理に自信あり!】アヴァンス法務事務所を紹介します!!」でした。アヴァンス法務事務所は、多くの相談実績とその実績の中で積み重ねてきたノウハウがあります。

借金問題など多くのトラブルは、プロに相談することで大きく解決に近づきます。アヴァンス法務事務所は、相談料も無料で、問題解決のサポート体制も充実しています。

困りの方は、最後の問題解決までしっかりと対応してくれるアヴァンス法務事務所に、是非とも相談してみてくださいね。