【目的別】Apple Payで使えるおすすめのクレカ5選!

Apple Payで支払いをするためには、クレカなどをデバイスに登録する必要があります。でもどのクレカがおすすめなのか、選択肢がありすぎてわかりませんよね。

今回はそんなあなたのために、Apple Payと相性が良いおすすめのクレジットカードを5つ紹介します。

この記事を読めば、自分に合ったクレジットカードがわかるので、よりお得にApple Payを使うことができるでしょう。ぜひ最後までお読みくださいね。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E9%8A%80%E8%A1%8C-2439141/#content)

Apple Payについておさらい!

Apple Payとは、iPhoneやAppleWatchなどを専用の機器にかざすだけで、全国の電車やバスに乗ったり、買物したりできるサービスのことです。

アプリのダウンロードは必要なく、自分のデバイスにクレジットカードSuicaを登録します。すべて無料で利用でき、登録したものはWalletのアプリで確認することができます。

2020年4月時点でApple Payに対応しているデバイスは、iPhoneやiPad、Apple Watchなどです。

自分の持っているデバイスがApple Payに対応しているのか、そしてどのシーンで利用できるかを一度確認してみましょう。

Apple Payで使うクレカの選び方【よりお得に使おう】

Apple Payをどうせ使うなら、お得に使えるカードを選んで使いたいですよね?そこで、クレジットカードを選ぶ時の注目ポイント4つをご紹介します。

クレジットカードを選ぶ時の4つの注目ポイント
  1. 少額の決済でもポイントが貯まるか
  2. ポイント還元率が高いか
  3. 年会費無料であるか
  4. クレジットカードそのものの特徴や、付帯サービスが自分に合っているか

特にポイントの還元率は重要です。毎日のちょっとした利用でもしっかりポイントが貯まるように、できるだけポイント還元率の高いカードを選ぶのがです。

Apple Payに対応済みのカードはかなりたくさんあるため、ポイント還元率、年会費無料など、ある程度条件を絞っても、そこそこの枚数から選ぶことになると思います。

もしカード選びに悩んだら、カードに付帯するサービスや補償に注目するのもいいでしょう。また、ポイント還元率は同じでも、ポイントの貯め方や使い道はカード会社によって異なります。

カードの特徴をしっかり確認して、自分にあった1枚を選ぶのがおすすめです。次からはApple Payと相性が良いおすすめのクレジットカードを5つ紹介します。

Apple Payで使えるおすすめのクレカ①

まず、最初におすすめするのが「JCB CARD W」です。初めてのクレジットカードにもおすすめですよ。

JCB CARD Wの基本情報
  • 年会費…無料
  • ポイント還元率…通常1%
  • 国際ブランド…JCB
  • Apple Pay決済時の電子マネー…QUICPay
  • 旅行保険…海外のみ

「JCB CARD W」は日本初の国際ブランドJCBから発行されている「JCBオリジナルシリーズ」のカードの1つです。申し込み年齢を18歳~39歳の若い世代に限定したカードで、年会費は無料です。

Suicaのチャージも可能で、Apple Payからの利用でも還元率1%でポイントを貯められます。さらに最高2000万円の海外旅行保険や、海外利用分のみ年間100万円までの買い物保険が付帯します。

一般のJCBカードよりも還元率が高く、1000円で2ポイントつきます。少額利用向きではないですが、付帯サービスと還元率を考えるとお得感はあります。

セブンイレブンでは通常の3倍スターバックスでは通常の11倍のポイントが加算されますので、こうしたお店でApple Payを利用すればよりお得にポイントを貯めることができますよ。

JCB CARD Wはこんなあなたにおすすめ
  • まだクレジットカードを持っていない若い方
  • メインで使うカードを探している方
  • 年会費無料でJCBカードを利用したい方
  • カードの利用でお得にポイントを貯めたい方

Apple Payで使えるおすすめのクレカ②

2番目におすすめするのが、「オリコカード THE POINT」です。こちらも初めてのクレジットカードにおすすめです。

オリコカード THE POINTの基本情報
  • 年会費…無料
  • ポイント還元率…通常1%
  • 国際ブランド…JCB/Master
  • Apple Pay決済時の電子マネー…QUICPay
  • 旅行保険…なし

「オリコカード THE POINT」は通常でも100円につき1ポイントという高還元率です。

さらに新規入会後半年はポイントが2倍になる特典や、オリコモール経由のネットショッピングで+0.5%加算など、ポイントが非常に貯めやすいので、人気が高いカードです。

オリコモール経由で利用できるオンラインショップ例
  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング
  • じゃらん
  • ビックカメラ

オリコカード THE POINTは、iDとQUICPayどちらにも対応していますが、Apple Payの場合はQUICPayを選択してください。

受け取ったポイントはTポイント、WAONポイント、dポイント、Pontaポイントなどと交換できるのでとても便利です。

それもオンラインで即時交換できるので手続きも簡単です。年会費が無料なのも嬉しいですね。使えるポイントをコスパ良く貯めたい人には、もってこいのカードでしょう。

オリコカード THE POINTはこんなあなたにおすすめ
  • メインで使えるクレカを探している方
  • 年会費無料でかつ高還元率のカードを利用したい方
  • 色んなサイトで頻繁にネット通販を利用している方
  • ポイントを幅広く使いたい方

Apple Payで使えるおすすめのクレカ③

3番目に紹介するのが、「楽天カード」です。楽天ユーザーにはとてもおすすめです。

楽天カードの基本情報
  • 年会費…無料
  • ポイント還元率…通常1%
  • 国際ブランド…JCB/VISA/Master/Amex
  • Apple Pay決済時の電子マネー…QUICPay
  • 旅行保険…海外のみ

楽天カードはオンラインで簡単に申し込みができるので、お手軽にカードを発行できます。しかも年会費は無料です。国際ブランドもJCB、VISA、Master、Amexの4種類から選べます。

さらに楽天グループで利用すると、いつでもポイントが3倍になるのが嬉しいですね。楽天市場はApple Payにも対応しているので、VISA以外を選べばApple Payでもポイントがもらえます。

楽天カードは年会費無料カードの中では最高クラスの年間2000万円の手厚い海外旅行保険や、楽天ハワイラウンジを無料で利用できる権利が付帯します。(ただし楽天カードで旅行代金を払った場合のみ)

楽天ポイントは楽天市場以外にも、楽天ポイントカードに対応している飲食店やドラッグストア、書店で使えますし、楽天Edyを持っている方はそちらにチャージすることもできます。

楽天カードはこんなあなたにおすすめ
  • 楽天市場や楽天サービスのユーザー
  • 使い勝手の良い楽天ポイントを貯めたい方
  • コストを抑えて海外でも使えるクレジットカードが欲しい方
  • 楽天Edyを利用している方

Apple Payで使えるおすすめのクレカ④

4つ目にご紹介するのが、「ビックカメラSuicaカード」です。Suicaをよく利用する人には特におすすめです。

ビックカメラSuicaカードの基本情報
  • 年会費…初年度無料、次年度から524円(年1回の利用で無料)
  • ポイント還元率…通常1%(ビックポイントとJREポイントがそれぞれ0.5%ずつ)
  • 国際ブランド…JCB
  • Apple Pay決済時の電子マネー…QUICPay
  • 旅行保険…国内海外ともにあり

家電量販店のビックカメラから発行されているクレジットカードです。Suicaと一体型のクレジットカードとしては、かなりポイント還元率が高いです。

ビックカメラやコジマでは1000円の利用ごとに10ポイントSuicaへのチャージでも1000円に1ポイントのJREポイント(JR東日本のポイント)が付与されます。

貯まったビックポイントはJREポイントとの相互交換もOKです。ちょっとしたデメリットとして、ビックカメラSuicaカードではSuica定期券と一体型にはできないという点があります。

しかしどちらもApple Payに登録してしまえばスマートに両方管理できるので、このデメリットはApple Payによって解消されることでしょう。

ビックカメラSuicaカードはこんなあなたにおすすめ
  • ビックカメラで買い物する機会がある方
  • Suicaユーザーの方
  • 年会費無料でビューカードのサービス(JR東日本のSuica一体型クレジットカード)を利用したい方

Apple Payで使えるおすすめのクレカ⑤

最後にご紹介するのは「リクルートカード」です。リクルートカードはとにかくポイント還元率が高いカードが欲しいという方におすすめです。

リクルートカードの基本情報
  • 年会費…無料
  • ポイント還元率…通常1.2%(100円で1.2ポイント、さらに毎月の利用金額の1.2%に対し、小数点第一位以下を切り捨てたリクルートポイントがもらえる)
  • 国際ブランド…JCB/Master/Amex
  • Apple Pay決済時の電子マネー…QUICPay
  • 旅行保険…国内海外ともにあり

リクルートカードは、年会費無料で利用でき、さらにポイント還元率1.2%と、他社に比べてもかなり高い水準を誇ります。

リクルートのサービスを使えば最大で4.2%還元されるのも大きなメリットです。

獲得したリクルートポイントは1ポイント=1円で、じゃらん、ホットペッパービューティーなどのリクルート系サービスなどで幅広く利用できます。Pontaポイントとも交換できるのが嬉しいですね。

また旅行保険に加え年間200万円の補償がついた買い物保険も付帯してるので、旅行先でも安心です。いろいろな電子マネーとの相性もいいので、チャージでお得にポイントを貯めやすいクレカでもあります。

ただし電子マネーのチャージでは月間上限3万円までしかポイントが付与されません。

つまり3万1円からはポイントがつきません。そんな時は国際ブランドの違うリクルートカードを2枚持ちすることで、月間の上限を6万円まで引き上げることができます。6万円あればほとんど人が足りるでしょう。

リクルートカードはこんな方におすすめ
  • とにかく高還元率でポイントを効率よく貯めたい方
  • リクルートのサービスをよく利用する方
  • 月間3万円程度、電子マネーを利用する方

クレカを登録したApple Payが使える場所とは?

クレジットカードを使う場合、Apple Payは店舗オンライン(アプリ・web)で利用できます。

店舗の場合

店舗の場合、Apple Payのマークがある店舗、iDまたはQUICPayの電子マネーが利用できる店舗で使えます。お買い物の際に、iDかQUICPayのどちらで支払うか店員さんに伝えてください。

その時、デバイスを起動したら専用の機器にかざすだけでOKです。ただ自分の登録しているクレジットカードがiDなのかQUICPayなのかわからない方もいるかと思います。

そんな時は、実際にWalletアプリを開いてクレジットカードのデザインを表示させましょう。

表示されているカードの右下に表示されているマークから、自分が利用できる電子マネーはiDなのかQUICPayなのかがわかります。

オンライン(アプリ・web)

Apple Payの支払いに対応しているアプリオンラインストアもあります。

Apple Payに対応しているアプリ・オンラインストアの例
  • Appleオンラインストア
  • ユニクロ・GUオンラインストア
  • 出前館
  • Yahoo!ショッピング
  • じゃらん.net
  • minne
  • 全国タクシー

支払い時にApple Payのマークをタップして、利用するクレジットカードの情報や連絡先、送付先を確認してください。

その後、iPhoneでのお支払いの場合はTouch IDやFace IDで認証するだけで支払いが完了します。

今持っているクレカでApple Payで使いたい場合

この記事を読んで、「やっぱり紹介されたクレジットカードじゃなくて、今自分が持っているクレジットカードを使いたい」という方もいると思います。

Apple社によると日本で発行されているクレジットカードの約8割がApple Pay対応しているそうです。

ですから、あなたが今持っているクレジットカードでもApple Payを利用できる可能性が高いといえるでしょう。

しかし念のため、ご自身が持っているクレジットカードの発行会社と国際ブランドを確認しておいてください。

また対応しているクレジットカードを選んでも、VISAの場合はオンライン決済に使えないのでネットショッピングでApple Payを使いたい人はMasterJCBのカードがおすすめです。

Apple Payで使えるおすすめクレカ まとめ

今回はApple Payと相性が良いおすすめのクレジットカードを5つをご紹介しました。

Apple Payと相性が良いおすすめのクレカ5つ
  1. JCB CARD W
  2. オリコカード THE POINT
  3. 楽天カード
  4. ビックカメラSuicaカード
  5. リクルートカード

もし、この記事を読んでもカードを絞るのが難しいというあなたは、とりあえず「JCB CARD W」を登録しておけば間違いないでしょう。

40歳以上のあなたは「オリコカード THE POINT」がおすすめです。その2枚のどちらかをメインにして、あとは自分の好きな特典が付帯しているカードをサブとして使えばいいと思います。

そしてApple Payを使えば、財布をかさばらせずにすばやく、そしてお得にカードを使い分けることができるというわけです。

ぜひこれを機に、自分に合ったクレジットカードでApple Payを使ってみてくださいね。最後までお読み頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

三國鈴香

北海道の大平原に生息する24歳のwebライターです。小学校教員を辞めて、2019年11月にwebライターとして活動を始めました。よく書くジャンルは金融、転職、旅行系です。最近はiPhoneでイケメンを育てることゲームにハマっています。あとクトゥルフ神話TRPGを一緒にやってくれるお友達募集中です。