わかれば怖くない!キャッシングのatm返済方法と注意点!

結婚式、出産、転勤。人生のイベントでは、お金がよく出ていきます。大きい出費がある時に限ってお金がないことがあるんですよね。そんな時に便利なのがキャッシング。お金が必要な時は助かるサービスです。

でも、キャッシングは返済方法を間違うと返済額があっという間に増えます…。返済は早く終わらせたいけど損もしたくないという人のために、今回はキャッシングをatmで返済する時の注意点など取り上げました。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/691612?title=%E7%A9%BA%E3%81%AE%E8%B2%A1%E5%B8%83)

目次

キャッシングとは?ローンとどう違うの?

お金を借りる時によく聞くのが、キャッシング、ローン。皆さんはキャッシングとローンの違いを説明できますか?

キャッシングとローンの違い

名前

ローン、キャッシング、借金…お金を借りるから同じ意味なんじゃないの?何が違うの?

私もキャッシングについて調べる前は、どれもお金を借りるから一緒でしょ?と思ってました…。どちらもお金を借りることは一緒ですが、借り方に違いがあります。

  • ローン:金融機関(銀行や消費者金融)からお金を借りること
  • キャッシング:クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りること

キャッシングは、クレジットカードを利用してお金を借りることなんですね。

キャッシング枠って何?

クレジットカードには、ショッピング枠キャッシング枠があります。普段買い物でクレジットカードを使わない人はそんな枠があったの?と思うかもしれません。

  • ショッピング枠→買い物でクレジットカードが使える金額の範囲
  • キャッシング枠→クレジットカードでお金を借りられる金額の範囲

ショッピング枠10万円、キャッシング枠5万円とします。カードで5万円買い物すると、ショッピング枠が5万円減ります。

つまり、【ショッピング枠10万円ーカードで支払い5万円=5万円】が、カードで買い物出来る残高となります。キャッシング枠も基本はショッピング枠と同じで、使った分だけ借りられる残高が減ります。

キャッシング枠で5万円借りたとします。【キャッシング枠10万円ー借りた金額5万円=5万円】となり、残り5万円がキャッシングで借りられる金額となります。

総利用枠って何?

カード会社では、ショッピング枠やその他含めて【全部で○○円使えます】という総利用枠があります。総利用枠=ショッピング枠であることが多く、そのためキャッシングするとショッピング枠も減るんですね。

仮に総利用枠10万円とします。キャッシングで5万円利用すると【総利用枠10万円ーキャッシング5万円=5万円】となります。5万円がショッピング枠とキャッシング枠で使える残りの金額となるんですね。

 

総利用枠は、カード会社の請求明細に記載されています。総利用枠がショッピング枠と同じ金額であれば、キャッシングは、ショッピング枠内で利用することになります。

キャッシング枠を増やすには?

キャッシングをしていたら、まだ枠が残っているのに借りられなくなった!なんてことがあるでしょう。実は、貸金業法という法律で年収の約3分の1以上はお金の貸出が出来ないと決められています。

例えば年収が100万円では、キャッシングでは約30万円まで借りられることになります。他のカード会社でキャッシングをしていた場合は、他社のキャッシングと合わせて30万円までしか借りられません。

キャッシング枠を増やしたい、お金が必要!という場合はどうすればいいでしょうか?主に次の2つの方法があります。

キャッシング枠を増やすには?
  1. キャッシング枠の増額を申し込む
  2. 現在の借りているお金を返済する

1では、キャッシング枠の増額をカード会社に申請します。審査に通れば借りられる金額が増えますが、現在のローンの返済状況などを確認されるので、枠を増やすためには2の返済を続けることが大切です。

スポンサーリンク

キャッシングの支払方法は2つ!

クレジットカードは、使用した翌月に請求が来て支払いをしますよね。キャッシングも同じです。ただし、買い物で使用した場合とは、全く違う所があるんです。利息です…。

  • ショッピング枠でクレジットカードを利用した場合:1回で支払えば、利息や手数料はつかない
  • キャッシング枠でクレジットカードを利用した場合:使った翌日から支払日まで利息がつく(!)

キャッシングの支払方法①1回払い

文字通り、借りた金額を支払日に1回で返済する方法です。借りた金額が少なければ、利息が増えないうちに返済した方が良いでしょう。大きい金額を借りた場合は、無理をせず少しずつ返済する方が安全です。

キャッシングの支払方法②リボ払い

クレジットカードで高額な買い物をした時に、リボ払いで返済していませんか?

お金を使いすぎた人

今月買い物でクレカ使いすぎちゃった…。給料日までまだだし、リボ払いなら毎月決まった金額返せばいいから、安心~!

実はキャッシングの支払もリボ払いがあるんです。リボ払いって言葉は聞いたことあるけど、どんな支払方法かよくわからない、という方は知っておきましょう。

リボ払いは、毎月同じ金額の支払いを行いますが、返済のたびに利息がついてきます。(ショッピングで使用する場合は、手数料となります)利率はカード会社で異なりますが、15%~18%が平均です。

出典:https://image.card.jp.rakuten-static.com/card_corp/pc/contents/cashing/beginner/parts-explanation02@2x.png

海外のatmでキャッシングした場合は要注意!

旅行者

海外旅行で、出発前に両替したお金が足りなくなっちゃった…。どうしよう…。

旅行は楽しいですが、用意していたお金を使い切ってしまうと大変ですよね。そんな時は、クレジットカードがあれば、現地でキャッシングすることが出来るんです。

空港や両替所よりは、両替手数料が安く済むので、お金が足りない!という時には便利ですね。ただし、海外でキャッシングをした場合は、返済方法に注意が必要です。

海外でキャッシングしたを場合は、1回払いで返済しかできません!

使った翌月には、金額に関係なく返済しなければいけないので、旅行先で両替手数料が安いからと大きい金額をキャッシングすると、帰国後に痛い目に遭います…。

スポンサーリンク

キャッシング返済額の計算方法

キャッシングの返済では、借りたお金に加えて利息がつきます。そのため、お金を借りた期間が長くなると利息もその分増えていきます。

キャッシングで苦労している人

毎月キャッシング返済しているのに、借りたお金がなかなか減らないんだけど…。

こんな風に感じている人は、利息の支払が増えている可能性が高いです。利息の計算方法を知れば、返済の計画も立てやすくなりますよ!

キャッシングの返済金額はどのように決まるの?

毎月キャッシングの請求明細を見て、普通に返済している人はいませんか?返済金額がどのように決まるか知っておけば、お金が無駄にならずに済みます。基本は、【返済金額=借りたお金の残高+利息】です!

なんだ当たり前のことじゃないかと思いますよね。でも、利息はどのように計算するかわかりますか?

利息の計算方法

毎月の支払に上乗せされる利息ですが、計算方法を知っていれば利息を少なくして返済も出来ます。利息は、次の計算式で求められます。

利息の計算方法

利息=借りたお金の残高×利率÷365日×お金を借りている日数(前の支払日から次の支払日まで)

例えば借りたお金が10万円、利率15%として、翌月に返済するとします。7月1日~8月1日までキャッシングを利用した場合は、次のようになります。

借りたお金の残高10万×利率15%÷365×お金を借りている日数31日=1,273円→これが利息

もちろん、お金を借りている日数が短ければ、その分利息は減るので、早めに返すことがお得ですね。

利息の計算でお金を借りている日数を計算する時は、借りた日は含めないで計算します。次の日から利息が発生するので注意してください。この場合は、7月1日ではなく7月2日から日数を数えます。

キャッシングの返済方法は口座引落とatm利用の2つ!

キャッシングした後に大事なのは、返済をすることですよね。毎月返済をしていれば、クレジットカード会社から信用が上がってショッピング枠が増えることもあります。キャッシングの返済方法は次の2つです!

キャッシングの返済方法
  1. 口座引落
  2. 提携atmで返済

1の口座引落は、カード会社が決めた日に指定口座から返済されます。口座に残高がないと連絡が来たり、支払の督促状が届きます。

2の提携atmで返済では、カード会社が提携している銀行のatmであれば、時間に関係なく返済が出来ます。ボーナスなどお金に余裕がある時は、atmを利用して返済してもいいですね!

atmを利用すると返済または借入金額により、手数料が108円~216円かかってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

キャッシングをatmで返済するメリット

キャッシングをatmで返済するメリットは、提携atmが近くにあればいつでも返済出来る点ですね。

銀行のatmが無くてコンビニしかない時は、提携atmは助かります。大手のコンビニなら提携atmが設置されているので、手数料はかかりますが返済は可能ですね。支払が遅れて利息が増えるよりは安全です。

また、わざわざ手数料無料のatmのために30分かけて外出するよりは、家から徒歩5分のコンビニに行って返済した方が時間の無駄にもなりません。

ただし、カード会社によっては、提携atmでも利用できる時間が決まっているので、使用しているカード会社のホームぺージの確認をおすすめします。

キャッシングをatmで返済するデメリット

キャッシングをatmで返済するデメリットは、atm手数料でしょう。お金を借りた当日、または翌日に返済できる金額であれば、利息はほとんどかからず、さらに手数料数百円で済むので支払う金額は少ないです。

しかし、借りた金額が数十万~数百万であれば、atmで返済はおすすめしません。1回で返済するのは難しいので、毎月リボ払いで返済となります。借りている金額が大きいので、利息の支払もかなりの負担となります。

キャッシングをatmで返済したら、手数料はどうなるでしょうか。例えば毎月2万円の返済で20回支払うとして考えてみます。2万円返済する時のatm手数料は216円となります。

atm手数料216円×20回=4,320円←これがatm手数料

無意識にatmで返済すると、かなりの金額がatmの利用だけで減っているのです…。返済でお金を無駄にしたくない!という人は、銀行口座での引落をおすすめします。

カード会社によっては、atm手数料が無料?

今回、名前を聞いたことがあるカード会社10社の返済方法を確認したところ、ほとんどのカード会社は、提携atm手数料は、取引金額が1万円なら108円、1万円を超える場合は216円でした。

ただ、カード会社の中には、提携atmの手数料が取引金額に関係なく無料という所もあります。

例えばイオンカードは、イオン銀行のatmとゆうちょ銀行のatmで、取引金額に関係なく返済手数料が無料なんです。イオン銀行なら、スーパーやミニストップなど全国に設置されているので困らないですね。

また、条件を満たせば手数料が無料になるカード会社もあります。銀行口座を開いたり、カードの使用金額が○○円以上など、条件は様々です。

今回確認したカード会社は次の10社です。※(  )内はカード会社と関係している銀行名です。

  • 三井住友VISAカード(三井住友銀行)
  • 三菱UFJVISAカード(三菱UFJ銀行)
  • みずほマイレージクラブカード(みずほ銀行)
  • セブンカード(セブン銀行)
  • イオンカード(イオン銀行)
  • 楽天カード(楽天銀行)
  • JCBカード
  • セゾンカード
  • オリコカード
  • エポスカード

キャッシングをatmで返済した時のシュミレーション

キャッシング初めての人

キャッシングをatmで返済すると、手数料がかかることはわかった。でも実際はどれくらいかかるのかわからないよ。そんなにかからないんじゃないの?

こんな風に思う人も多いでしょう。それなら実際に計算した方が早いです。だいたいの目安がわかれば、キャッシングや他のローンも身近に思えるでしょう。シュミレーションは次の設定で計算しました。

  1. 利率は18.0%
  2. 最初の支払日から次の支払日までは30日
  3. atm手数料は、返済金額が1万円なら108円、1万円を超えた場合は216円

①キャッシング10万円・毎月5,000円返済する場合

借りた金額が10万円、毎月の返済金額が5,000円の時は、atm手数料は108円となります。まず、返済回数は借りた金額10万÷返済金額5,000円=20回となります。

これに毎月利息がかかるので、利息を1回目の支払から計算すると…

1回目の支払

10万円×利率18.0%÷365日×借りた日数30日=1,479円←これが利息

1回目の支払は【毎月の返済額5,000円+利息1,479円=6,479円】です。これにatm手数料が加わるので、合計金額は【返済金額6,479円+atm手数料108円=6,587円】となります。

支払金額は少なく見えますが、これを20回atmで返済すると…意外に手数料がかかることがわかります。

20回atmを利用した場合

atm手数料108円×20回=2,160円←20回分のatm手数料

おまけ:①キャッシング10万円返済する場合の利息は?

利息も計算してみました。利息の計算式は【借りたお金の残高×利率÷365日×お金を借りている日数(前の支払日から次の支払日まで)】です。

2回目の借りた金額の残額は、【借りた金額100,000ー返済額5,000円=残額95,000円】となります。利息は次のようになります。

2回目の支払の利息

借りた金額95,000円×利率18.0%÷365×30日=1,405円←2回目の利息

3回目以降の利息も同じように計算すると、20回分の利息の合計は15,120円となります。15,000円もあれば、生活費にあてられますよね。

②キャッシング50万円・毎月20,000円返済する場合

借りた金額が50万円、毎月の返済金額が20,000円の時は、atm手数料は216円となります。返済回数は【借りた金額50万÷返済金額20,000円=25回】となります。

これに毎月利息がかかるので、利息を1回目の支払から計算すると…

1回目の支払

50万×利率18.0%÷365日×借りた日数30日=7,397円←これが利息

1回目の支払は【毎月の返済額20,000円+利息7,397円=27,397円】です。atm手数料が加わるので、合計金額は【返済金額27,397円+atm手数料216円=27,613円】となります。

利息と手数料だけで7,000円以上も支払うことになるのは驚きですね!

これを25回atmで返済すると…手数料もトータルで見るとすごい金額になります。

25回atmを利用すると…

atm手数料216円×25回=5,400円←25回分のatm手数料

おまけ:②キャッシング50万円返済する場合の利息は?

こちらも利息を計算してみました。計算式は同じですので、省略しますね。

2回目の借りた金額の残額は【借りた金額500,000ー返済額20,000円=残額480,000円】となります。利息の計算は次のようになります。

2回目の支払の利息

借りた金額480,000円×利率18.0%÷365×30日=7,101円←2回目の利息

3回目以降も同じで、25回分の利息の合計金額は、96,152円となります。ノートパソコン1台買える金額になりますね。atm手数料と合わせても恐ろしいです…。

どうしたらいいの?キャッシングの返済が遅れる場合

出典:https://www.pakutaso.com/20140232035post-3789.html

キャッシングは当然ですが、各カード会社が決めた支払日までに返済しなければいけません。支払日に返済されていない場合は遅延とみなされて、カード会社から督促状や、確認のメールが届きます。

返済が遅れたら個人への信用を失い、次回お金をキャッシング出来なくなる、最悪の場合クレジットカードが解約される、他のカードも使えなくなる可能性もあります。

返済が間に合わない場合は、カード会社に相談する

仕事の都合で地方にいて近くにatmが無い、海外にいて返済に行けない…など、どうにもならない状況もありますよね。

カード会社も鬼ではないので、事前に相談すれば、返済方法などアドバイスをしてもらえますよ。

また、カード会社に相談して返済が遅れる場合は、遅延とされないことがあります。支払日翌日に満額返済されるより、あらかじめ支払が遅れると伝えた人の方が、お金を貸す側も安心しますよね。

返済が遅れると信用に傷がつく?信用情報機関とは?

皆さんは、ブラックリストという言葉を聞いたことはあるでしょうか。中身を知らなくてもお金関係で危険な人、というイメージを持つ人もいるでしょう。ブラックリストは、ある機関の情報を基に作られます。

その機関は、信用情報機関と呼ばれる所です。個人のカード利用状況や、ローンの返済情報などが集まっている所ですね。この機関に登録していれば、金融機関やカード会社は個人情報を確認出来るんです。

1社で支払が遅れてカードが使えなくなると、その情報が信用情報機関に記録されます。すると情報を見た別会社が「カードを使用停止になった履歴がある。この人にお金貸しても大丈夫かな?」と疑うわけです。

何社も続けばブラックリストになり、信用が無い人としてお金を借りることが全く出来なくなるのです。

信用情報機関は、個人でも請求すれば今までのクレジットカードやローンの支払状況を見ることが出来ます。

自分がお金を借りる時に、過去の支払い状況を確認するために使用してもいいですね!

ブラックリストになると出来ないこと

ブラックリストになると、今まで当たり前だったことが出来なくなります。主に影響があるのは次のような場合でしょうか。

ブラックリストになると…
  • 新しいクレジットカードが作れない
  • 賃貸住宅の審査で落ちてしまう
  • 住宅ローンや自動車ローンなど、○○ローンが組めなくなる

家を建てたい、車を買いたい時に今までの返済が遅れていたせいで、お金が借りられないと困りますよね。クレジットカードの支払を管理することは大事ですよ!

返済で困らないためにはどうすればいいの?

よくTVのCMで「返済は計画的に!」という決まり文句を聞きますよね。キャッシングのせいで普段の生活が苦しい…なんてことが起きたら大変です。返済で困らないためには、次の3つの実行をおすすめします。

  1. カード会社の返済シュミレーションで、月々の返済金額を確認
  2. 返済が厳しい時は、カード会社に返済金額を変更できないか相談してみる
  3. ボーナスなどお金に余裕がある時は、多めに返済する

カード会社は返済する見込みがあるからお金を貸すので、お金を回収出来なかったら会社も損しますよね。無理なく返済してもらうために、カード会社のホームページには、返済シュミレーションがあります。

返済シュミレーションを上手く使う

返済シュミレーションを使えば、これからキャッシングをする方も、あらかじめ返済予定を立てることが出来ます。

  • 借りる金額
  • 利率がどれくらいか
  • 支払方法の設定(一回で支払うかリボ払いか)

カード会社により、月々の返済金額や利率は決まっていることもあります。

  • 借りた金額に対して、どれくらい利息がかかるのか
  • 返済は何回必要なのか

これを知っておくために、シュミレーションを利用した方がいいでしょう。いつ終わるかわからない支払を続けるよりも、回数がわかればあと少しで完済!など目標が立てやすいでしょう。

まとめ

今回はatmでキャッシングの返済する時の手数料や、注意点をまとめました。急な出費がある時は、キャッシングは便利なサービスです。でも使い方を間違うと、返済で自分の生活で痛い目をみることになります。

どうやったら手数料など無駄を少なくしてキャッシング出来るか、知っておくことが大切です!特に連休で旅行の計画を立てている人は、お金を使う機会が増えるでしょう。

使いすぎたら、キャッシングして返せば何とかなる…と考えず、足りない分を貯金から出すのか、別の費用を抑えるかなど、考えてから利用しましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

シドニー1219

総合職→事務員→Webライター(予定)。全国の水族館に行くことが夢。特にペンギンがいるところなら、どこへでも行きたい。他にキックボクシングも修行中。映画が好きで、主にCuterest(芸能)で執筆中。