国内挙式よりリーズナブル!海外挙式の費用を詳しく紹介します。

抜群のロケーションで人気の海外挙式は、いくら費用がかかるのかご存知でしょうか。将来、結婚を考えている人にとっては今からでも知っておきたいものです。

それに実は、国内挙式をよりも気軽でリーズナブルに出来るのが最大の魅力ではないでしょうか。

これから海外挙式にかかる費用の細かな内訳や一般的な相場、節約ポイントをご紹介していきます。また人には聞けないお金のことも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

海外挙式でかかる費用の総額はいくら??

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F-%E6%96%B0%E5%A9%9A%E5%A4%AB%E5%A9%A6-%E6%96%B0%E9%83%8E%E6%96%B0%E5%A9%A6-443600/

海外挙式でかかる費用の総額は、ゼクシィの調査によると平均で204万円になります。挙式を挙げる国によって差はありますが、国内挙式よりもリーズナブルな傾向になっています。

ただ一般的に、この金額に参列者の宿泊費などの旅費がプラスされます。参列者の旅費の平均が84万円なので、合計で288万円です。

国内挙式の平均が354万円になっているので、参列者の旅費をプラスしても国内挙式よりリーズナブルに挙式できるのが海外挙式の特徴です。

次に大まかな金額が分かったところで、それぞれの内訳について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

海外挙式でかかる費用①挙式料

海外挙式の挙式料は、ゼクシィの調査によると平均で15万円から25万円です。

この金額の内訳は会場使用料やBGM・音響使用料、牧師手配料なども含まれているので、挙式料だけでみるとそこまで高額ではありません。

手配するウエディング会社によって、プラン内容が違うので予約する前に確認が必要になります。含まれていないオプションを後からプラスすれば、その分挙式料も高くなってしまうので気をつけてください。

あらかじめ挙式でやりたいことを決めておくと、自分にぴったりのプランが探しやすいので事前に考えていくことをおすすめします。

海外挙式でかかる費用②旅費

海外挙式では、挙式料の他に航空券代や宿泊費がかかってきます。海外挙式の旅費平均は、ゼクシィの調査によると約77万円です。

またゲストの旅費も負担することがあるので、どこまで負担するのかも挙式費用に含めて考えておく必要があります。

ゲストの旅費をどのくらい負担するのか 割合
ゲストの旅費を全額負担する 20.3%
ゲストの旅費を一部負担する 37.2%
ゲストに旅費を全額負担して貰う 42.4%

全額負担の場合、両家の両親の分をプレゼントとして旅費を負担することが多いようです。

親しい友人には前もって、「○○円負担して貰うことになるけど来てもらえないか」と確認してから招待するのが一般的です。

スポンサーリンク

海外挙式でかかる費用③衣装代

海外挙式でかかる衣装代は、ゼクシィの調査によると大体40万円になっています。国内挙式の衣装代の平均は、85万円になっているので海外挙式の方が半額以下になっています。

海外挙式でかかる衣装代の内訳 金額
ウエディングドレスのレンタル料 10~20万円
新婦衣装のレンタル料 15万円前後
ヘアメイク料 5万円

海外挙式は旅費に費用を掛けたいので、その分衣装代を抑える傾向になっているようです。また海外挙式ではお色直しをしないことが多く、1着分のレンタル料で収まるのも費用が少ない理由の一つです。

ウエディングドレスにこだわりたい方は、衣装代の予算を多く見積もっておくこおとをおすすめします。

海外挙式でかかる費用④写真・ムービー撮影料

海外挙式でかかる費用の中には、写真・ムービー撮影料も含まれます。相場は、ゼクシィの調査によると大体15~40万円になっています。

プロに任せておけば、編集もしっかりして貰えるので必須オプションではないでしょうか。

集合写真やウエディングドレス姿で前撮りなど、何カットをどのシーンで撮影するかにもよって金額が違ってきます。また海外挙式をする場合、国内で行う結婚パーティーで演出で使用するために撮影することもあります。

スポンサーリンク

海外挙式でかかる費用は誰が払うものなの??

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F-%E6%96%B0%E5%A9%9A%E5%A4%AB%E5%A9%A6-%E6%96%B0%E9%83%8E%E6%96%B0%E5%A9%A6-443600/

海外挙式でかかる費用を誰が負担するのか、どのように負担額を決めているのか気になるところですよね。

挙式費用、支払い方法と負担額の決め方 割合
挙式費用を両家で折半する方法 23%
挙式費用を2人の貯金で支払う方法 23%
挙式費用を新郎側が多く負担する方法 17%
挙式費用を新婦側が多く負担する方法 8%

 

両家で半々ずつ支払う方法が、平等で一番分かりやすくて揉め事もなく済む方法ではないでしょうか。あとは、2人の貯金から支払うのが一般的に多いパターンです。

また「自分が招待するゲストの人数分負担する」も、分かりやすくて多いパターンになっています。お金のことなので、後々揉めないためにあらかじめよく話し合っておくことをおすすめします。

海外挙式でかかる費用を抑えるポイント①オフシーズンを狙う

ここからは海外挙式での、費用を抑えるポイントについて詳しく説明していきます。

旅行と同じで、海外挙式にもハイシーズンとオフシーズンがあります。エリアによっても時期は違いますが、オフシーズンを狙って予約をするとかなり費用を抑えることが出来るのでおすすめです。

ただ、オフシーズンは天候が悪かったり極寒だったりします。行きたいエリアが決まったら、価格が安くても気候をチェックすることが大切です。

例として人気エリアのハワイの場合、ゼクシィの調査によると旅費も含め230万円かかります。しかしオフシーズンでは、旅費も含め100万円前後で行えるのでかなりコストが抑えられます。

海外挙式でかかる費用を抑えるポイント②ドレスを購入する

海外挙式をする際、購入したウエディングドレスを持ち込むことも可能になっています。実は、レンタルするより費用を抑えることが出来るんです。

大体5万円~20万円で購入することが可能で、予約の心配もないのがマイドレスのいい所です。また帰国後、国内で結婚パーティーしたり2回ドレス着る機会があるなら購入する方をおすすめします。

自分サイズにオーダー出来るので、シルエットやデザインを低価格でこだわる事が出来るのもマイドレスの魅力の一つです。

海外で挙式をせず挙式気分を味わうフォトウェディングもおすすめ

フォトウェディングは、挙式をしないで写真撮影のみ行う結婚式です。国内で結婚披露宴をする人や、結婚式はしたいけどそこまで盛大に行いたくない人には費用もリーズナブルなおすすめのプランです。

結婚式を親族や新郎新婦のみで行う、「ファミリー婚」と呼ばれる小規模な結婚式が流行っているのでフォトウェディングも人気になっています。

費用は、ゼクシィの調査によると5万~20万円前後とロケーションによって差があるようです。

憧れのチャペルや最高のロケーションで挙式風景をリーズナブルに再現出来るのが、フォトウェディングのいい所ですね。

まとめ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E8%8A%B1-%E8%8A%B1%E6%9D%9F-%E8%8A%B1%E5%AB%81-%E5%BC%8F-1836315/

理想のシチュエーションで国内挙式よりも、リーズナブルに出来る海外挙式の魅力ですね。かかる費用をあらかじめ知っておけば、こだわりたい所と費用を抑えたい所が考えやすくなります。

また国内挙式よりも打ち合わせが簡単で、準備に縛られない手軽さも人気の理由です。

親戚や親しい友人のみで行う海外挙式や、写真撮影だけの海外フォトウェディングなど色々なプランがあるので自分にぴったりのプランを見つけて下さい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

あずさ

保育士として保育園で勤務した後、百貨店の販売員を経験し今は2児の子育てをしながら活動しています。 何事にも真剣に、信頼関係を大切にしたいをモットーに取り組んでいきたいです。