節約

電力自由化で電気代を節約!手続きのやり方と詐欺の見分け方も紹介

「電力自由化で節約ってできるの?」「節電していれば十分なのでは?」「詐欺にあわないか不安…」と思っていませんか?

電力自由化は2016年から始まっていますが、「なんとなく今までの電力会社を使い続けている」という人もいるでしょう。また、「安くなるというけど、なんか怪しい」と感じているかもしれません。

この記事では、電力自由化について解説します。節約効果や手続きに必要なこと、詐欺の見抜き方について紹介しているので、参考にしてください。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/340240?title=電気の価格)

電力自由化で電気代の節約が手軽にできるようになった!

https://pixabay.com/photos/light-bulb-pear-light-energy-bulbs-1640438/#content

電力自由化とは、自分が契約する電力会社を自由に選べることを指します。従来であれば、ずっと同じ大手企業と契約するのが当たり前でしたが、現在では様々な電力会社から自由に選ぶことができます。

東日本大震災の影響で、多くの電力大手企業では電気料金が値上げされました。これを受けて、国が電気代の高騰を抑える目的で電力自由化が本格的に推し進められてきたのです。

いろんな電力会社を選べるようになると、価格競争が始まり、電気代の高騰を防げるというわけです。。

筆者
筆者
電力自由化は怪しいものではなく、国民の生活を守るための取り組みなのです。

電力会社によって電気料金の設定が異なるので、電力会社を変更するだけで1,000円年間にすると1万円以上も節約になるケースもあります。

節電でも電気代を節約できますが、日々、気をつけながら暮らすのはなかなか面倒ですよね。しかし、電力会社を変更すれば料金設定が変わるので、今までと同じ暮らしをしているだけで節約ができるのです。

「電気代を大きく節約したい」「無理なく手軽に節約したい」という人は、電力会社の切り替えを検討してみましょう。

切り替えはネットで申し込むだけで完了し、現在利用している電力会社への解約手続きや工事は必要ありませんよ。手間が少なく簡単にできるので、これを機会に電力会社を見直すことをお勧めします。

賃貸住宅であっても電力自由化で節約可能!ただし例外あり

https://unsplash.com/photos/wR11KBaB86U

「電力会社の切り替えって賃貸住宅や集合住宅でもできるの?」と疑問を持った人も多いはず。結論から言うと、ほとんどの場合は可能です。

電力会社の切り替えができない例外的なケースは以下の2つです。

電力会社の切り替えができないケース2つ
  • 住宅の管理会社が一括で電力会社と契約しているケース
  • 古いアパートなどで大家が直接、電気代を徴収しているケース

上記の2つのケースについては、残念ながら電気会社の切り替えはできません。

アパートやマンションに住んでいる場合は、事前に上記のケースに当てはまっていないかどうか、大家や管理会社に確認しましょう

次章では、電気会社を切り替えるメリットについて紹介します。電気会社を切り替えることで、あなた自身にメリットがあると感じられるかどうか確認してみましょう。

簡単に節約できる!電力自由化で電力会社を切り替えるメリット

https://pixabay.com/photos/smile-cup-coffee-tables-cute-2001662/#content

電力会社を切り替えるメリットは、電気代を節約できることです。節約できる要因としては以下の3つがあります。

①電気料金の差によって節約できる

電力会社によって電気料金の設定が違います。具体的には、基本料金と1kwあたりの単価が違うのです。現在利用している電力会社よりも、料金の安い会社に乗り換えるだけで電気代の節約ができますよ。

②セット割引で節約できる

電力自由化で選べるようになった電力会社の中には、電気代だけでなく、他のものもお得に利用できるようなプランがあります。

筆者
筆者
例えば、電気とガスのセット割引や、ポイントやクーポンが配布されるなど、他のサービス利用がお得にあるケースもあるのです。具体的な料金プラン例は後述します。

③使用量をチェックして節電できる

今までであれば、電気代の請求が来てから出ないと、電気の使用量や電気代がどれくらいになっているのかを確認できませんでした。

しかし、電力自由化をした場合には、リアルタイムで電気の使用量を確認できるのです。(電力会社によっては確認できないケースもある。)

リアルタイムで電気の使用量を確認する時には、スマートメーターと言う機器を使用します。スマートメーターについては後ほど解説しているので、そちらも参考にしてください。

次章では、電力会社を乗り換えるデメリットを紹介していきます。詐欺の見分け方も紹介しているので、被害に遭わないようにここでしっかりチェックしておきましょう。

詐欺に注意!電力自由化で電力会社を切り替えるデメリット

https://pixabay.com/photos/scam-hacker-security-virus-fraud-4126798/#content

電力会社を切り替えるデメリットは全部で2つあります。後悔したり、詐欺被害に遭わないためにも、事前に知っておきましょう。

①違約金が発生する場合も

電力会社を切り替える際に、違約金が発生する場合があります。電力会社によって金額は異なるので、現在、契約している電力会社に問い合わせて確認すると良いでしょう。

②詐欺の可能性もある

電力自由化は利用したことがない人もいるため、知識のない人を狙った詐欺もあります。「機械の設置に料金がかかる」「工事費用が必要」という言葉が出たら詐欺です。

確かに、電力会社の乗り換えに工事が必要なケースもありますが、料金は一切かかりません。また、工事の立ち会いも不要です。

電力自由化を利用するにはスマートメーターが必要

https://pixabay.com/photos/indoor-time-waiting-classic-mood-5235953/#content

まだスマートメーターの取り付けが完了していない家庭の場合、電力会社を切り替えた際にスマートメーターという機械の取り付けが必要になります。スマートメーターは使用電気量を測るデジタル機器です。

もし取り付け工事が必要な場合でも、工事は勝手にやってくれるので立ち合う必要はありませんし、取り付け工事は無料です。

工事費用を請求してくる場合は詐欺なので切り替えは断念し、必要があれば警察に相談してください。

スマートメーターは電力会社の所有物という位置づけですので、引越し時に特別な対応をする必要もありませんよ。切り替えの手続きをネットでしたら、あとは待つだけでOKです。

電力自由化で選べるようになった新プランの例

https://www.pakutaso.com/20150827237post-5940.html

ここでは、電力自由化で選べるようになった電気料金の新プランの一例を紹介します。従来の電気料金プランとは少し変わっているプランを2つ取り上げてみました。

楽天でんきの料金プラン

楽天でんきは、基本料金が無料楽天ポイントが貯まるのが魅力です。

基本料金が無料なので、使った分だけの支払いとなります。利用電気量が少ない人にお勧めです。また、他社からの切り替えで楽天ポイントが4,000ポイントもらえます。

電気代の支払いでも200円に1ポイントもらえるので、楽天のサービスをよく使うという人は楽天でんきの利用も検討してみましょう。

東京ガスのセット割プラン

東京ガスを利用している人は、電気やインターネットもまとめて利用することで割引が受けられます。ガスと電気を利用する場合には月々275円の割引です。

ガス、電気、インターネットの3つを利用する場合には、月275円の割引に加えてさらに割引が適用されます。(割引額は利用するインターネットによって異なる)

東京ガスのセット割プランを利用すれば、電気代だけでなく、そのほかの固定費も節約できますよ。

節約したい!電力会社を切り替えるにはどうしたらいい?

https://www.pakutaso.com/20181054295post-17482.html

電力会社を切り替えて節約したくても、やり方が分からないと動き出せませんよね。電力会社を切り替えたい場合は、以下の3つの手順で行います。

①現在の電気代や電力会社を調べる

現在利用している電力会社がどこなのか、電気代は毎月いくらくらいなのかを調べてください。毎月届く料金明細があればそれでOKです。

②電力会社を探す

次に、切り替えたい電力会社を探します。利用できる電力会社は住んでいる地域によって異なります。探す際には、シミュレーションサイトを利用すると良いですよ。

シミュレーションサイトで現在の電気代や住所などを入力すると、今よりも電気料金が安い電力会社を一括で表示してくれます。節約できる大体の金額も提示してくれますよ。

シミュレーションサイトは、「価格.com」が見やすいのでお勧めです。

電気代をシミュレーションするために「価格.com」のサイトへ行く

③電力会社に申し込みをする

電力会社が見つかったら、申し込みをします。電力会社が切り替わる日付などを確認しておきましょう。

現在契約している電力会社の解約は、新しい電力会社がやってくれることがほとんどですので、その後は、切り替わるのを待つだけで電力会社の切り替え完了です。

節約にはなるけど…電力会社を切り替えるときの注意点

https://www.pakutaso.com/20160708190ng-1.html

電力会社を切り替える時は、契約期間の有無に注意してください。電力自由化が進んだ影響で、電力会社は顧客の確保に力を注いでいます。

顧客を確保するために、電力会社が契約期間を設けている場合があります。契約期間がある場合には、中途解約すると違約金が発生するため、電力会社を気軽に乗り換えるのが難しくなるでしょう。

切り替え先の電力会社に契約期間がなければ問題ありませんが、契約期間がある場合には、「本当にその会社で良いのか」をしっかりと考えるようにしてください。

電力自由化を利用しつつ節電も心がければさらに節約できる

https://unsplash.com/photos/vwaTtIhCjVg

ここまで、電力会社を切り替えることについて紹介しました。電力会社を切り替えれば、今までと同じように暮らしていても、自然と電気代の節約ができます。

その上で、節電にも取り組めばさらに電気代を節約することができますよ。

エアコンの使い方を工夫する、冷蔵庫の開閉を少なくするなどのすぐにできるテクニックもあるので、電気代をさらに節約したい場合は、節電にも取り組んでみてください。

電気代を節約する7つの方法を紹介!一人暮らしでもできることは?一人暮らしをはじめると、水道光熱費など今まで意識していなかった費用が気になり、「電気代を少しでも節約したい」と感じる人も多いのではないで...

電力自由化を利用して電気代を節約しよう まとめ

電力自由化によって、電力会社を自由に選べるようになりました。現在あなたが利用している電力会社よりも安い料金プランの会社へ切り替えることで、電気代の節約が可能です。

今まで通りの生活をしていても、電気代が節約できるのが魅力です。電気会社を切り替える時には、以下の3つの手順で行います。

電力会社を切り替える手順
  1. 現在利用している電力会社と毎月の電気代を調べる
  2. 利用したい電力会社を探す
  3. 利用開始まで待つ

現在の電力会社や電気代は料金明細があれば一発で分かりますし、申し込んだ後は切り替わるのを待つだけなので、実質、電力会社をシミュレーションサイトで探すだけで手続きは完了です。

利用したい電力会社はシミュレーションサイトで探します。現在の住所や利用している電力会社を入力すると、今よりも料金が安くなる電力会社を表示してくれるので、手軽に探せますよ。

一度切り替えてしまえばずっと電気代を節約し続けられるので、これを機会に電力会社を見直してみてくださいね。

電力会社を探すために「価格.com」のサイトへ行く

ABOUT ME
あっしー
SEOライター。旅行、金融、インテリアに関するメディアで執筆しています。読者の視点に立った丁寧な記事作りを得意としており、SEOライティングでGoogle検索順位10位以内を多数獲得。「ハートは熱く、頭はクールに」「悪あがき上等」がモットー。あっしーという名だが、いわゆる「アッシー君」ではない。車は助手席に乗っているほうが好き。