ビットバンクの手数料はどれくらい?【他の取引所との比較を掲載】

この記事は「ビットバンクの手数料はどれくらいかかるのか知りたい」「手数料を安くして取引したい」方向けに書かれています。

ビットバンクで取引したくても、手数料がどれだけかかるか分からないと、取引するのは不安になりますよね。

この記事では、ビットバンクと他の仮想通貨取引所と比較して手数料がどれだけかかるのかについて解説していきます。

この記事を読んで、仮想通貨取引所を利用するときの参考にしてください。

ビットバンクとはどのようなものなのか?特徴について解説

https://unsplash.com/photos/lZ_4nPFKcV8

ビットバンクとは、金融庁に登録されている国内の仮想通貨取引所の1つです。ビットバンクの特徴は全部で4つあります。ビットバンクの特徴は以下の通りです。

  • リップルやモナコインなどのマイナーな仮想通貨を取り扱っている
  • メイカー手数料がマイナス
  • セキュリティが高い
  • ビットバンクの公式アプリが使いやすい

ビットバンクは、他の取引所ではあまり扱われていないリップルモナコインといった少しマイナーな仮想通貨扱っているという特徴があります。

取引手数料において、メイカー手数料がマイナスであることもビットバンクの特徴として挙げられます。

ビットバンクでは、全て仮想通貨をコールドウォレットに保管し、2段階認証が付いていることからユーザーからもセキュリティが高いと評判です。

ビットバンクの公式アプリがとても使い勝手がいいので、外出先でも簡単に仮想通貨取引を行うことができます。

ビットバンクの4つの手数料について解説します

ビットバンクで取引する際にどこで手数料が発生するのか、気になる方も多いと思います。この章では、ビットバンクの4つの手数料について解説していきます。

ビットバンクでは、以下の4つの取引を行う際に手数料が発生します。

  • 入金手数料:無料
  • 取引手数料:メイカーの場合取引額の-0.2%/テイカーの場合取引額の0.12%
  • 出金手数料:550~770円
  • 送金手数料:BTC:0.001BTC LTC:0.001LTC XRP:0.15XRP など

売買手数料は、全ての取り扱い通貨において、メイカーを行った場合の取引手数料はー0.2%となっています。この場合、メイカーを行った場合に、逆に数料を得ることができるということです。

反対にテイカーの取引をする場合には、手数料が0.12%かかる仕組みになっています。

  • テイカーとは、すでに仮想通貨取引所に並んでいる仮想通貨を取引すること
  • メイカーとは、仮想通貨取引所に、保有している仮想通貨を出すこと

入金手数料は、全ての通貨で無料となっています。出金手数料のみ、日本円の場合に550円から770円手数料がかかってしまいます。送金手数料はどの仮想通貨でもかかってしまいます。

次の章から、4つの手数料に関して他の仮想通貨取引所との手数料を比較して解説していきます。

ビットバンクの入金手数料【他社との比較を掲載】

https://unsplash.com/photos/vwaTtIhCjVg

この章では、ビッドバンクの入金手数料について解説していきます。ビットバンクへの入金手数料は、無料です。

ビットバンクに支払う入金手数料は無料ですが、銀行へ手数料を払う場合は、ユーザー自身で支払わなければなりません。

他の仮想通貨取引所との入金手数料の比較を下記に掲載していきます。

入金手数料
  • ビットバンク:無料
  • GMO:無料(銀行側へ支払う手数料はユーザー負担)
  • BITPOINT:即時入金が無料 通常の入金は銀行へ支払う手数料のみ
  • Coincheck:無料(銀行側へ支払う手数料はユーザー負担)
  • bitfFyer:SBI銀行なら無料

他の仮想通貨取引所を見ても、無料と書いているところが多いです。しかし、銀行に支払う手数料はユーザーの負担となるという注意書きを書いている取引所がほとんどでした。

入金手数料に関しては、どこも大差ないと言えます。仮想通貨取引所を選ぶ際は、入金手数料以外のサービスをみて決めるといいです。

ビットバンクの出金手数料【他社との比較を掲載】

この章では、ビットバンクの出金手数料を他の仮想通貨取引所との比較をしながら紹介していきます。

結論から言うと、ビットバンクの出金手数料は、他の仮想通貨取引所と比べて高いです。以下が、他の仮想通貨取引所との比較です。

出金手数料
  • ビットバンク:550円/3万円以上の出金なら770円
  • GMO:無料
  • BITPOINT:銀行に支払う手数料のみ負担
  • Coincheck:407円
  • bitFlyer:550円/3万円以上の出金なら770円(三井住友銀行への出金なら220円/440円)

入金手数料はどこも無料であったのに対して、出金手数料に関してはいくらかお金がかかる仮想通貨取引所がほとんどです。

出金手数料だけ見れば、GMOやBITPOINTが比較的安いです。ビットバンクを使う場合、極力出金の頻度を抑えるようにすれば、無駄に手数料を支払わなくて済みますよ。

ビットバンクの送金手数料

この章では、ビットバンクの送金手数料についてそのほかの仮想通貨取引所と比較して解説していきます。

ビットバンクの送金手数料とその他の仮想通貨取引所の送金手数料は以下の通りです。

BTC LTC XRP ETH MONA BCC
ビットバンク 0.001BTC 0.001LTC 0.15XRP 0.005ETH 0.001MONA 0.001BCC
GMO 無料 無料 無料 無料 無料 無料
BITPOINT 無料 無料 無料 無料 無料 無料
Coincheck 0.001BTC 0.001LTC 0.15XRP 0.01ETH 0.001MONA 取り扱いなし
bitFlyer 0.0002BTC 0.001LTC 無料 0.005ETH 無料 取り扱いなし

ビットバンクは、すべての仮想通貨送金手数料がかかってしまいます。反対に、GMOやBITPOINTはすべての仮想通貨で送金手数料が無料となっています。

ビットバンクの取引手数料について解説

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A4%89%E6%9B%B4-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%89%E3%82%A2-4056014/#content

他の国内仮想通貨取引所と比較をすると、主にメイカーの手数料に関しては非常に特徴があります。他の取引所とビットバンクの取引手数料の比較をします

メイカー テイカー
ビットバンク -0.02 0.12%
GMOコイン 無料 0.01%
BIT Point 無料 無料
Coincheck 無料 無料
BitFlyer 無料 無料

ビットバンク以外の他の国内取引所においては、メイカー取引は無料となっています。しかし、ビットバンクはメイカー取引をすれば、手数料が貰える仕組みとなっています。

もし、ビットバンクで取引をするのであれば、メイカー取引だけを行う方がいいでしょう。その方が、取引するだけ手数料で儲けることができます。

初心者は取引手数料だけで赤字になることが多いと言われているので、手数料を貰える仕組みは、初心者にとってありがたいサービスであると言えるでしょう。

ビットバンクのメイカー取引手数料で稼ごう

ビットバンクの手数料に関しては、他の仮想通貨取引所に比べて評判が良いです。なぜなら、メイカー取引をすれば、手数料が貰えるからです。

仮想通貨の取引において、1番の懸念点は様々な取引にかかる手数料です。利益を出せていない限り、手数料だけでマイナスになってしまうことも多くあります。

その中でもメイカーでのみ取引を行っていれば手数料を削減できるどころか、貰えるというのはユーザーにとっては大きなメリットであると言えます。

メイカー取引をするなら、ビットバンクを使って取引して、テイカー取引をしたいのであれば、他の仮想通貨取引所を使うといいでしょう。

仮想通貨取引の手数料を少なくする方法を解説します

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%8A%95%E8%B3%87-2724245/#content

この章では、仮想通貨取引を行う際に、手数料を出来るだけ抑える方法について解説していきます。手数料をできるだけ少なくする方法は、レバレッジ取引ではなく現物取引を行うことです。

レバレッジ取引を行うと、手数料が毎日かかることになります。手数料が毎日かかっている状態で長期保有する場合、かなりの手数料が必要となってしまいます。

そのため、特に初心者のうちは、レバレッジをかけた取引ではなく、現物取引に限定して仮想通貨取引を行うことが大切と言えます。

ビットバンクのお得な使い方【仮想通貨を貸し付けるサービス】

ビットバンクのサービスの中には、保有している仮想通貨をビットバンクに貸付をして、利益を得るというサービスがあります。

このサービスは1年単位での契約となっており、1年後に貸付した仮想通貨の年率3%を受け取れるサービスとなっています。

ビットバンクに口座を持っている人ならだれでも、貸し付けをすることはできるため、利用しやすいサービスとなっています。

デメリットとしては、取引所が閉鎖になってしまうと貸付した仮想通貨は戻ってこないというところです。注意点をよく読み、サービスを使ってください。

ビットバンクの手数料まとめ

ビットバンクの特徴
  • リップルやモナコインなどのマイナーな仮想通貨を取り扱っている
  • メイカー手数料がマイナス
  • セキュリティが高い
  • ビットバンクの公式アプリが使いやすい
ビットバンクの手数料一覧
  • 入金手数料:無料
  • 取引手数料:メイカーの場合取引額の-0.2%/テイカーの場合取引額の0.12%
  • 出金手数料:550~770円
  • 送金手数料:BTC:0.001BTC LTC:0.001LTC XRP:0.15XRP など

ここまでビットバンクの手数料について説明をしてきました。ビットバンクは他の仮想通貨と比較しても、独自のサービスを運用しており、非常に注目の高い取引所となっています。

テイカー取引するのであれば、ビットバンクを使いましょう。メイカー取引をするなら、ビットバンク以外の取引所を使った方がいいですね。

今後も、取り扱う仮想通貨の種類が増えたり、新しいサービスを取り入れると更に利用されることが見込めます。

仮想通貨の取引を今まで行ったことがない人にとっては、安心して利用がしやすい取引所といってもいいでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。