お得に使えるクレジットカード

【要チェック!】クレジットカードの限度額を増やす方法と注意点は?

「クレジットカードの利用限度額を増やしたいけど、どうすればいいんだろう?」

クレジットカードを使っていると、限度額が低くて困るときがありますよね。限度額を増やせれば、高額な買い物もできますし、カードのポイントも貯まります。

この記事では、クレジットカードの限度額を増やす方法を紹介しますので、限度額が低くて困っている場合は読んでみてください。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1094450?title=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E8%B3%BC%E5%85%A52)

クレジットカードの限度額を増やしたいけどどうすればいいの?

クレジットカードは発行したときに利用できる金額が決まっていますよね。頻繁にカードで支払いをしなければ問題はありませんが、公共料金の支払いや買い物などに使うと、便利でついつい利用額が増えてしまいます。

最初に発行したときの限度額が低いと、普段の買い物に利用していればあっという間に利用できる金額を超えてしまいます。限度額まで使うと、その月の支払いが完了するまでは、買い物やキャッシングはできません。

限度額を増やすためにはカード会社に申請するなど方法があります。限度額がどのように決まるか仕組みを知っておくと、カード会社が判断して限度額を増やしてくれることもあります。

ここからは、クレジットカードの限度額の計算方法や、限度額が決まる基準を紹介しますね。

クレジットカードの限度額の決まり方

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2782818?title=%E5%A2%97%E3%81%88%E3%82%8B%E5%8F%8E%E5%85%A5)

クレジットカードの限度額は主に2つの基準と、カード会社の独自の基準で決まります。カード会社の独自の基準は公表されていません。どこのカード会社でも共通する2つの基準は「年収」「信用情報」です。

限度額が決まる基準①年収

限度額が決まる基準の1つ目は「利用者の年収」です。カード会社によっては、「年収○○円以上」と決まっているものもありますよね。クレジットカードの限度額は、次の計算式で決めるよう法律で決まっています。

限度額の計算方法

限度額=(利用者の年収ー1年間の生活費ークレジット債務)×0.9

この数式で計算した金額に、カード会社の独自の基準が加わって限度額が決まると言われています。例えば、年収300万円で、生活費180万円、クレジット債務0円であれば、法律上の限度額は108万円となります。

クレジット債務とは、一括払い以外の支払い方法をいくら使う予定があるか、ということです。リボ払いや分割払いをする予定があれば、それがクレジット債務となります。

一括払いしかしない場合はクレジット債務は0円、分割払いで10万円使う場合はクレジット債務は10万円となります。

限度額が決まる基準②信用情報

限度額が決まる基準の2つ目は「信用情報」です。信用情報とは、信用情報機関に過去のローンやクレジットカードの支払いについて記録されているものです。

カード会社は新規審査のときに、信用情報を確認しています。過去に支払が遅れていたり、滞納していたりした場合は、信用情報に事故情報が残っているでしょう。事故情報=信用度が悪いと判断され、審査に影響します。

それならば、今までクレジットカードの利用履歴が無い方が印象は良いのではと思いますよね。

しかし、利用履歴が無い=信用が無いので、本人にどれくらい支払い能力があるかカード会社が判断できません。そのために信用が無い人にカードを発行するときは、限度額を低めに出すことがあるのです。

クレジットカードの限度額を増やす方法①増枠の申請をする

ここからは、クレジットカードの限度額を増やす方法を3つ紹介します。クレジットカードの限度額を増やす方法の1つ目は「増枠の申請をする」です。カード会社の公式サイトか電話で申請をすると審査をしてくれます。

カードの利用実績が良ければ、増枠の審査には数時間で終わります。しかし、利用実績が悪いと1週間程かかることもあるので、カード会社次第になります。

増枠の申請に落ちてしまった場合は、大きい金額を使う予定があるので一時的に利用限度額を増やしてくださいという、一時増枠という申請をしてみましょう。

一時増枠は、冠婚葬祭や海外旅行など理由が明確でなければ利用できませんが、増枠申請よりは審査のハードルが低いと言われています。急ぎの場合は、カード会社に電話すれば早めに結果を出してもらえます。

審査では過去の信用情報を確認するので、ローンや別のカードで支払いが遅れた、滞納しているなど問題があれば、増枠はできません。

クレジットカードの限度額を増やす方法②グレードを上げる

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/720358?title=%E7%A9%8D%E3%81%BF%E6%9C%A8%E3%81%AE%E9%9A%8E%E6%AE%B5)

クレジットカードの限度額を増やす方法の2つ目は「グレードを上げる」です。クレジットカードには、学生用や一般用、ゴールドなどランクがありますよね。

もし、今までカードを使用して支払いの遅延や滞納が無ければ、カードのグレードを上げる申込をしてみましょう。今まで一般(スタンダード)であればゴールドカードに変更する申請になります。

グレードを上げれば、カードの限度額を大幅に上げられるでしょう。さらに、カードのポイントの還元率が上がったり、優待が増えたり特典が増えます。

ただし、カードの中には、カードのグレードを上げても限度額が変わらないものもあるので、申請する前に限度額の変更があるのか確認しておきましょう。

クレジットカードの限度額を増やす方法➂別のカードを申し込む

クレジットカードの限度額を増やす方法の3つ目は「別のカードを申し込む」です。増枠の申請はどれくらいかかるのかわからないため、今月中にまとまった金額が使いたいなど急ぎの場合の方法です。

新規でカードを申し込んだ場合は増枠の審査よりも早く、10万円~50万円の範囲で発行できるでしょう。所持しているカードの限度額は増枠できなくても、カードの枚数が増えて全体の限度額は上がります。

新規のカードを同時にいくつも申し込むと、信用情報に問題が無くてもカード会社から「この人お金が無いのかな。」と疑われ発行ができないこともあります。

限度額を増やすために新しくカードを申し込む場合は、1社だけにしましょう。

限度額を増やすときの注意点①限度額まで使用しているとNG

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/952705?title=%E6%94%AF%E6%89%95%E3%81%84)

ここからは限度額を増やすうえでの注意点を3つ紹介します。限度額を増やすときの注意点の1つ目は「限度額まで使用しているとNG」です。

クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠を限度額まで使用している場合は、増枠できない可能性が高いです。

カードの限度額まで使っていると、カード会社は「限度額を把握していないのかな。それともお金が無いからカードで払っているのかな。」と計画性に疑いを持ちます。

自分でカードを計画的に使用していても、カード会社が信用情報などから総合的に判断して増枠を認めないことはありえるでしょう。限度額を増やしたい場合は、利用額に余裕があるか確認してから申請をしましょう。

限度額を増やすときの注意点②年収や勤務形態に変更がある

限度額を増やすときの注意点の2つ目は「年収や勤務形態に変更がある」です。カードを発行したときに申請した勤務先が変わった場合は注意が必要です。

限度額を増やすときは、勤務先にどれくらい勤めているかの年数も審査で見られます。転職をして規模が大きい会社に就職し年収が増える場合は、支払い能力が上がったと判断されて、審査は通過しやすいでしょう。

しかし、年収が下がってしまった、または正社員から派遣やアルバイトになってしまった場合は、支払い能力が下がったと見なされ、限度額を下げられる可能性が高いです。

年収や勤務形態に変更がある場合は、増枠の申請をしない方が良いこともあるので、注意しましょう。

限度額を増やすときの注意点③リボ払いや分割払いはNG

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3451820?title=%E7%8F%BE%E9%87%91%E3%82%92%E6%B8%A1%E3%81%99%E4%BA%BA)

限度額を増やすときの注意点の3つ目は「リボ払いや分割払いはNG」です。給料に余裕が無いときに、毎月一定金額を返済すればいいリボ払いや分割払いは便利ですよね。

しかし、カードの限度額を増やす場合は、この二つは審査で良い印象を持たれません。特にリボ払いは、「この人はお金が無くてリボ払いにしている」と判断され、支払い能力に疑いを持たれます。

限度額の増枠審査では、過去の信用情報と現在の収入から判断されます。リボ払いや分割払いだと返済が完了していないため、いくら収入が高くても、カード会社は支払い能力が無いと判断する可能性が高くなります。

現在リボ払いや分割払いをしている場合は、増枠申請はしない方が良いでしょう。

カード会社が判断して増枠してくれることも…

クレジットカードの限度額を調べたら、思っていた金額より増えていた…ということはありませんか。実はカード会社側で限度額を増やすことがあります。(筆者は過去に知らない間に増枠されていました。)

カード会社は定期的に利用者の信用情報を確認しています。あなたが今までに支払いの滞納や遅延が無く、定期的に利用している場合は信用が高くなり、カード会社は限度額を増やしても問題無いと判断するのです。

カードのグレードを上げずに限度額を増やしたい場合は、利用実績を積むことが重要になるでしょう。逆に支払いの滞納や遅延が多いと、カード会社の判断で限度額を下げることがあります。

クレジットカードの限度額を増やしたい時はどうする? まとめ

今回はクレジットカードの限度額を増やしたいときの方法と注意点を紹介しました。最後に限度額を増やす方法と、増やすときの注意点をまとめますね。

カードの限度額を増やす方法
  • 増枠の申請をする
  • (カードの)グレードを上げる
  • 別のカードを申し込む
限度額を増やすときの注意点
  • 限度額まで使用しているとNG
  • 年収や勤務形態に変更がある
  • リボ払いや分割払いはNG

限度額を増やすための1番良い方法は、定期的にカードを利用して、期日にきちんと支払いをすることです。当たり前のことと思いますが、これが個人の信用を高める近道になります。

振り返ると筆者は○○カードは××で使うときだけなど自分でルールを決めて、支払いできる範囲で使用を続けたので、カード会社が限度額を増額したのだと考えています。

限度額を増やしたいカードがあれば、使用するときのルールを決めて利用を続けると上手く増枠できるかもしれませんね。

ABOUT ME
シドニー
都内の会社で事務員してます。 ペンギンがいる水族館にいくことが趣味。イワトビペンギンがいれば興奮。キックボクシング修行中。スイーツは何でも食べてしまう。 資産運用大好きな変人。投資はFX、ロボアド、投資信託、株式、海外銀行など何でもします。