借金

ネットワークビジネスで借金をしてしまう理由【動画も紹介】

「ネットワークビジネスで借金をしてしまった」なんて話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

友人から「初めの方はお金はかかるかもしれないけれど、いずれ元が取れる仕組みだよ」とネットワークビジネスを勧められると、始めてみようかと悩みますよね。

この記事では、ネットワークビジネスのメリット・デメリットや借金をしてしまう人の特徴、借金を抱えてしまった人の体験談を紹介していきます。

ネットワークビジネスを始めようか悩んでる人の検討材料になるよう説明していきますので、ぜひ最後までお読みください!

この記事を読んで分かること
  • ネットワークビジネスのメリット・デメリット
  • ネットワークビジネスで借金をしてしまう理由
  • ネットワークビジネスで借金をしてしまう人の特徴
  • ネットワークビジネスで借金をした人の体験談
  • ネットワークビジネスで借金が返済できない場合の法的手段

ネットワークビジネスの仕組み

ネットワークビジネスで扱われている商品は日常で使う消耗品であることがほとんどです。

一般的企業であれば商品を販売する際、テレビや雑誌などの広告媒体を利用します。それに対して、ネットワークビジネスの会社は広告媒体を利用せずに、会員の口コミで商品を流通させるのです

そのため、ネットワービジネスでは広告費を削減することができます。そして、その削減できた分を会員に報酬として支払うという仕組みです。

また、報酬を支払っても余った分は商品開発に利用されるため、一般企業の商品よりもよりよい質の製品を開発できるというわけです。

ネットワークビジネスをすることによるメリット

現在もマイナスイメージを持っている人が多いネットワークビジネスですが、ネットワークビジネスを始める人はどんどん増えています。

ここでは、そんなネットワークビジネスのメリットを3つ説明していきます。

時間に縛られない

一般的な会社員であれば、毎日決まった時間に出社・退社と、時間に縛られて生活しています。

それに比べて、ネットワークビジネスは個人事業主であるため、この時間に出社しなければいけないというルールがありません。

そのため、ネットワークビジネスであれば好きな時間に働くというライフスタイルを手に入れることができます。

初期費用・元手があまり掛からない

一般的には、ビジネスを始めるときには何十万〜何百万と高額なお金が必要になります。

しかし、ネットワークビジネスは初期登録料の数千円〜数万円を払えば始められるものが多く、誰でも容易に始められる敷居が低いものとなっています。

初期費用が少額であるにも関わらず、成功すれば高額なお金を手に入れられるのであれば魅力的に感じますよね。

収入が青天井である

会社員の場合、インセンティブ制度を除けば、毎月決まった基本給+残業代が支給されます。そのため、どれだけ努力をしてもほとんど収入は変化しません。

しかし、ネットワークビジネスは、努力して成果が出ればどんどん収入を増やすことができます

ネットワークビジネスをすることによるデメリット

ネットワークビジネスは会社員にはないメリットが多く存在しますが、デメリットも多く存在します。ここでは主なデメリット4つ説明していきます。

内向的な人は心が折れてしまう

ネットワークビジネスは“組織作り”が仕事のため、新しい人を勧誘しなければいけません。

はじめは友人を勧誘していきますが、次第に声をかけられる友人の数が減ってきます。そのため、積極的に新しい出会いを求める必要があります。

また、ネットワークビジネスは自分で勧誘を行うだけではなく、自分が勧誘して会員となった人が別の新しい人を勧誘するためのサポートをしなければなりません。

具体的には、自分が勧誘して会員となった人の代わりに、別の人に事業説明をします。そのため、口下手やシャイな人は挫折して心が折れてしまう恐れがあります

ビジネスに興味がない友達に声をかけると嫌われる

ネットワークビジネスに興味がない友人に会員の勧誘をすると、嫌われる場合があります。

あらかじめネットワークビジネスに興味があると公言している友人がいれば別ですが、基本的に声をかけるまで興味があるか判別することができません。

そのため、うっかりネットワークビジネスに嫌悪感を抱いてるような友人に声をかけてしまうと、「カモにしようとされた」と嫌われてしまいます

さらには、「あいつはネットワークビジネスをしているから、勧誘されないように距離置いておいた方が良い」と噂される場合があります。

セミナーやミーティングで時間をとられる

ネットワークビジネスの会員になると、セミナーやミーティングに参加する必要があります。

強制的に参加はさせられませんが、製品の説明があるセミナーもあるため、充分に製品の理解をするには参加をする必要があります。

また、ほとんどの会員がセミナーに参加するため、セミナーに参加しておかないと馴染めなくなってしまいます。

ネットワークビジネスしかしていない人にとっては、セミナーやミーティングに参加することは苦ではないでしょう。しかし、会社員の人は、プライベートの時間がほとんどなくなる恐れがあります。

意外と経費がかかる

ネットワークビジネス会員になると、製品を勉強するセミナーやミーティングに参加しなければならず、プライベートの時間がなくなることはお伝えしました。しかし、時間だけではなくお金もなくなってしまいます。

なぜなら、セミナーの交通費や参加費が発生するからです。1回の参加費用が数千円だとしても、週に2~3回参加するとなると、一か月では大きな金額が必要になります。

また、毎月製品を購入する必要があるため、製品代も発生します。会社によってルールは違いますが、最低1万以上購入しなければいけない、というルールがある場合があるため、大きな出費になります。

一般的にネットワークビジネスで扱う製品は日常で使用する消耗品とはいえ、痛い支出になるため、製品が好きでないとなかなか継続することは難しいでしょう。

ネットワークビジネスで借金をしてしまう理由

ネットワークビジネスで成功し大金を手に入れる人がいる反面、借金をしてしまい返済に苦労する人がいます。ここでは、ネットワークビジネスで借金をしてしまう理由を説明していきます。

デメリットの章でお伝えした通り、毎月の製品購入代以外にも様々な費用がかかります。

ネットワークビジネスで発生する1ヶ月の費用(例)
  • 製品購入代:2万円
  • アポイントのカフェまでの交通費:往復500円×月10回=5,000円
  • アポイントのカフェの飲食代:各500円×月10回=5,000円
  • セミナー交通費:往復500円×月8回=4,000円
  • セミナー参加費:各500円×月8回=4,000円
  • ミーティング交通費:往復500円×月4回=2,000円

ネットワークビジネスを始めてすぐに収益を得られる人はほんの少しのため、始めは出費だけがかさんでいきます。一つ一つは小さな出費だとしても、塵も積もれば大金となります

また、ビジネスが軌道に乗り出したとしても、見栄をはりたいがゆえに自社製品を自費で大量購入して、借金をしてしまったという人も多くいます。

ネットワークビジネスは借金してでも始めるべき?

既に借金がある場合やネットワークビジネスの初期登録料が高額で借金をしなければいけない場合、ネットワークビジネスを始めるかどうか悩むと思います。

「ネットワークビジネスは上の者だけが儲けて、後から入った人は儲からないよ」という声を聞いたことあると思います。実際にネットワークビジネスで借金をしてしまった人は多くいますが、成功者がいるのも事実です。

ビジネスが軌道に乗れば稼ぐことができるため、ネットワークビジネスのデメリットを踏まえた上で頑張りたいと考えている人や借金を返せる見込みのある人は、借金をしてでも始めて良いでしょう。

しかし、ビジネスが軌道に乗らなければなかなか収益に繋がらないため、ネットワークビジネスとは別の収入源を確保しておきましょう

ネットワークビジネスで借金を負ってしまう人の特徴

ここではネットワークビジネスで借金を負ってしまう可能性が高い人に共通する特徴を2説明していきます。

見栄をはる人

ネットワークビジネスに他の人を勧誘するには、ビジネスに夢があることを魅力として伝える必要があります。

そのため、あまり儲けられていなかったとしても、ブランド品を購入して身に着けて、収入が多いと見栄をはる人は借金を負ってしまいます。

また、自分が勧誘して入会した人に対して、尊敬される先輩でいるために見栄をはり、自社製品を大量購入して成功しているように見栄をはる人も、支出ばかりかさみ借金を負う可能性が高いです。

自分の軸を持っていない人

ネットワークビジネスで成功する人は少ないですが、その中でもすぐに成功する人はほんの一握りです。

結果が出るまで時間がかかるものですが、その結果のでない期間に他のネットワークビジネスに心移りしてしまうという自分の軸のない人にとっては、成功することは難しいです。

ネットワークビジネスの会社は日本だけでも数千社存在します。会社ごとにビジネスプランも異なるため、自分がしているネットワークビジネスよりほかのビジネスが魅力的に感じることもあると思います。

しかし、どのネットワークビジネスも登録料がかかるため、ビジネス渡りを繰り返していると、借金をしてしまう可能性があります

ネットワークビジネスで借金をした人の体験談【動画有り】

ここでは実際にネットワークビジネスで借金をしてしまった人の動画を紹介します。

この動画では、ネットワークビジネスで400万円借金した男性がネットワークビジネスを始めた経緯や借金をしてしまった理由を説明しています。

この人の借金の理由は、成功しているように見せるために自社製品を買い漁ってしまったためです。

今後、ネットワークビジネスを始めたいと考えてる人は一度見ておいても損はないでしょう。

ネットワークビジネスで借金を負ってしまう理由【動画有り】

ネットワークビジネスで借金を負ってしまう理由が説明された動画を紹介します。


この動画の男性は動画の後半では、組織移動により借金をしてしまうことが説明されています。

自分がリーダーとして尊敬している人がネットワークビジネスの他会社に移動すると、それにつられて付いていく人が多いのが現状です。

この記事でも既にお伝えした通り、自分の軸を持っていない人は借金を負ってしまう可能性が高いです。

この人の場合は、上記のパターンを逆手に取り、他会社のリーダーを勧誘して、その人が率いている人も取り入れることで、ネットワークビジネスに成功しました。

ネットワークビジネスで借金をしてしまったら

ネットワークビジネスで借金をしてしまい、返済ができくなった場合は弁護士に依頼して「債務整理」をする必要があります。

債務整理とは、多額の借金を背負ってしまった場合、借金を減額したり、支払い期間に猶予をもたせたりすることで、債務者を救済するための手段です。

債務整理をすると、苦しい借金返済生活から逃れることはできますが、債務整理をした多くの場合、一定期間新しいローンやクレジットカードが組めなくなります

ネットワークビジネスで借金をしてしまう理由【まとめ】

個人事業主としてお金をかけず始められると聞いていたのに、多くの経費が発生して借金してしまうケースは少なくありません。

お金を稼ぐために始めたとしても、成功するために経費を出し惜しみしなかった結果、多額の借金を負ってしまっては本末転倒ですよね。

また、ネットワークビジネスの勧誘をしてくる人は、稼げるよ!と甘い言葉で誘ってきますが、実際は甘い世界ではなくとてもつらい努力が必要です。

前述した動画ではネットワークビジネスで借金を負ってしまった人の動画も紹介しているため、ぜひ参考にしてビジネスを始めるか検討してくださいね。

ABOUT ME
小石ころ
社会人3年目OL。その辺に転がっています。趣味は映画・犬の世話・読書等々。素直なことだけが取り柄です。実はダイビング の資格を持っているのは秘密です。