【つみたてNISA】これから始めるなら楽天証券一択

1位:楽天証券(54%)
1位となったのは、楽天証券。
楽天証券を選んだ人たちの理由を見ていきましょう。
「楽天カードを持っていたため」
「楽天カードをメインカードにして楽天経済圏で生活しているので、ポイントを貯めるため」
主要ユーザー層 20〜30代、男性
取扱銘柄数 182本
つみたて頻度 毎日、毎月

楽天証券でNISA口座を開設するならここをクリック

インターネット上のアンケートを利用して、50人から得た回答をもとにランキング化しています。

  • 実施期間:2022年9月11日〜9月12日
  • 実施形式:Lancers(インターネットサービス)
  • 対象:20代〜60代男女
  • 回答人数:50人
  • 1位以下の順位:2位SBI証券、3位マネックス証券

【楽天証券】まだ投資やつみたてを始めたことがない方や楽天経済圏のユーザーは一択

出典:公式サイト

今回のアンケートで1位に輝いたのは、「楽天証券」という結果になりました。

楽天証券を選んだ理由・メリット

選んだ理由を聞いてみると、以下のような回答をいただきました。

  • 「ポイント制度が充実しており、評判が良かったからです」
  • 「楽天ポイントを購入費用に充てられる」
  • 「もともと楽天カードやポイントなど楽天経済圏を一番よく利用していたため」

楽天証券を利用している方は全体で27人いましたが、そのうち18人が楽天ポイントが貯まることや楽天市場を利用していたことが、口座開設の決め手だったと回答。

楽天のサービスを普段から使っているからこそ、楽天証券を選んだということですね。

そのほかの方は「管理画面が使いやすいから」「わかりやすく初心者にも使いやすいと思ったから」「有名だから」という理由で、選んだようです。

特に、株式投資や投資信託などをこれから始める、初心者の方が多く楽天証券を開設している印象でした。

ちなみに、楽天証券に登録すると以下のメリットも得られます。

  1. 日経テレコン(月額¥4,300相当)が無料で読める(※無料で日経新聞が読めるのは楽天証券だけ!)
  2. マネー本50冊を無料で読むことができる

楽天証券を開設するだけなら無料ですので、ただ開設しただけでも日経新聞や経済に関する本が50冊も無料で読めるのは大きなメリットです!

楽天証券のデメリット

一方で、楽天ポイントの付与条件が悪くなっていることから、解約を検討する人や使い勝手が悪くなったといっている人も多く見られます。

今までは一定条件を達成したら、その条件を維持している限りはポイントが付与されていました。

しかしながら、2021年12月に発表された制度変更によると、今後はその条件を維持している限りポイントが付与されるという制度ではなくなります。

その条件を達成したその時にはポイントがもらえますが、それ以降はもらえなくなり、以前よりも「長期保有の旨味がなくなった」形になります。

旨味がなくなったとはいえ、それでもポイントが付与されることに変わりはありませんし、業界最安値級の手数料であることや、取扱商品の豊富さが評価されています。

今まで優良すぎた楽天証券が、「優良」に変わったと捉えても差し支えないのではないでしょうか。

口座開設キャンペーン

そして楽天証券は、今すぐ口座開設をすると、以下のようなキャンペーンを受けることができます!

お得なキャンペーン一覧
  • 2022年中、楽天カードでチャージした時のポイント還元率が1.0%(※1)
  • 積み立て投資とラクマの出品で100万ポイント山分け(※2)
  • 2022年8月中、米国株式の貸株料が年率1.0%(※3)
  • 信用取引口座の新規開設で200ポイントプレゼント(※4)
  • 期間中、他社から楽天証券へ米国株式を移管した方全員に200ポイントプレゼント(※5)

つみたてNISA口座の新規開設数 No.1の楽天証券の口座開設はこちら↓

(※1)通常は0.5%
(※2)期限は2022年8月29日(月)23:59まで
(※3)通常は2.0%
(※4)2022年8月31日までに口座開設した方が対象
(※5)キャンペーン期間:2022年7月25日(月)〜2022年11月30日(水)