お金を借りたい人必見!安全な借金の方法9選。

高い買い物をしたい、給料日までの生活がきつい、事業を起こしたいなど様々な理由でお金を借りたい時ってありますよね。

この記事ではどのようなお金の借り方があるのかとそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

お金を借りたい方、どのような借金方法があるのか興味のある方はぜひ読んでみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E8%B2%A1%E5%B8%83-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-%E7%8F%BE%E9%87%91-3219298/)

消費者金融で借金をする方法

メジャーな方法の一つとして消費者金融でお金を借りるという方法があります。

消費者金融での借入のメリットしては銀行融資に比べて審査に通りやすく、即日で借りることのできる場所が多いということです。定期的な収入があれば基本的に審査は通るでしょう。

一方、利子が比較的高くなってしまうというデメリットがあります。

消費者金融での借入をするのならアコム、アイフル、プロミスなどの大手から借りるのが安心だと思います。

出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%81%8A%E9%87%91&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

銀行系カードローンで借金をする方法

メジャーな借金方法として銀行系カードローンでの借入も挙げられます。

この方法は、消費者金融からの借金よりも利子が低いというメリットがあります。

しかし、即日融資ができなかったり、消費者金融に比べて若干審査に通りにくいのがデメリットです。

銀行系カードローンには三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」、横浜銀行カードローン、静岡銀行カードローン「セレカ」などがあります。

出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%81%8A%E9%87%91&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

公的融資を受ける形で借金をする方法

公的融資には経営者のためのものと個人のためのものの2つがあります。

経営者のための公的融資

公的融資とは、日本政府が運営している金融機関が行っている融資です。

公的融資は銀行融資や消費者金融からの借り入れに比べて良い条件で融資を受けられます。

審査は厳しめですが金利は低いです。場合によっては返済不要なお金(助成金)を貰うこともできます。

個人のための公的融資

銀行などから借りることができない個人に対しても公的融資は行われています。

お金がなく生きることが困難になってしまった人のために超低金利でお金を貸す制度や、雇用保険を貰えない人に仕事のスキルアップのための講義を無料で受けさせたり、お金を支給したりするなどがあります。

大学進学のための教育ローンや生活保護などでの借金もこの公的融資にあたります。

銀行融資・ビジネスローンとして借金をする方法

事業を起こしたい場合、銀行融資やビジネスローンとしてお金を借りるという方法があります。(公的融資のほうが良い条件で借りられるので可能ならそちらで借りるべきです。)

銀行融資

銀行融資は比較的低金利で借りることができます。ただし、条件が厳しく受けることができない場合もよくあります。

ビジネスローン

ビジネスローンは銀行融資より審査が優しく、通りやすいです。ですが、銀行融資よりも金利が高くなってしまうので、できればビジネスローンよりも銀行融資を受けたほうが良いです。

住宅ローン・アパートローン・マイカーローンで借金をする方法

住宅ローン、アパートローン、マイカーローンも借金の方法のひとつです。

住宅ローン

住宅ローンは住む家を購した際に組むことのできるローンです。金利はとてもやすく、1つのみ組むことができるローンです。

この住宅ローンに関しては実際に組んでいるという方も多いでしょう。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1882940?title=%E3%81%8A%E8%B2%A1%E5%B8%83

アパートローン

アパートローンは投資用物件を購入した際に組むことのできるローンです。アパートローンは住宅ローンとは異なり、複数組むことが可能ですが金利はやや高めです。

マイカーローン

マイカーローンは車を購入した際に組むことのできるローンです。

どのローンを組むかで金利が異なってくるので、見積もりを出してもらってから金利の安いローンを選ぶことをお勧めします。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1781916?title=%E7%B7%91%E8%83%8C%E6%99%AF%E3%81%A8%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%81%AE%E8%BB%8A

分割払いで借金をする方法

何かを買った際など、全額を用意できないなら分割払いをするのも1つの手です。

ただし、分割する回数が多くなればなるほど分割手数料が大きくなってしまうので注意が必要です。一括で払えるのならできるだけ一括で払ったほうが余計な手数料を取られることがないので良いと思います。

また、支払いが遅れたり放置したりするとブラックリストに乗ってしまう恐れがあります。ブラックリストになってしまうと、一定期間クレジットカードのローン契約ができなくなってしまうので注意して下さい。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1673044?title=%E6%9C%A8%E6%9D%90%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AB%E7%BD%AE%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

ファクタリングで借金をする方法

このファクタリングという方法は事業経営者が利用することが多いです。

未来に入ってくると確定しているお金(売掛金)がある場合、即金で100万から3億円借りることができます。

従業員の給料が足りないときなどに利用することで、やり過ごすことができるでしょう。

資金調達のプロという会社が日本で最もメジャーです。ファクタリング無料診断を受けることができるので、興味のある方はぜひ一度受けてみてください。

質屋で借金をする方法

質屋で担保となるものを預けてお金を借りるという方法もあります。質屋に担保として何かを預けることで、その価値に見合っただけのお金を貸してくれます。

借りたお金を返済期限までに返さないと担保はかえって来ないので注意してください。

別に要らないものであれば帰ってこなくても良いかもしれませんね。ただ、要らないのであれば、はじめからお金と交換したほうが借りるよりも良い値になります。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/116226?title=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9

友人・親族からの借金

友人や親族からお金を借りることも手段の1つです。ただ、これは信用を失うことにもつながるので注意する必要があります。

仮に友人などからお金を借りる場合には借用書を書き、少額でも良いので利子をつけることをお勧めします。

友人との信頼関係を保つために(それだけではないですが)約束の期限には絶対に返すようにしましょう。

あまり好ましい方法ではないかもしれませんが、闇金に手を出すのであればこの方法を使いましょう。

闇金での借金

最後に紹介する方法は闇金での借入ですが、この方法に手を出すのは絶対にやめてください。

闇金とは法律に反して法外な利子で貸し付け・取り立てを行っている業者のことです。

過去に闇金で借りたお金は返済義務がないという判決が下されましたが、返済しないと脅されたり嫌がらせを受けたりするでしょう。よくテレビでやっているような嫌がらせや脅しなどです。

なにがあっても闇金からお金を借りることだけはやめておきましょう。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1185265?title=%E6%80%AA%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7

まとめ

以上がお金を借りることができる方法についてです。思っていたよりもいろいろな借り方があったかもしれないですね。

会社員、主婦、学生、経営者など立場によって利用できる方法が変わってくるのでお金を借りたいときは自分に合った方法を探してみてください。

また、どの方法で借りるかによって金利が異なり、結果的に返済する金額が大きく変わってきます。損をしないためにも事前に調べてからお金を借りるようにしましょう。