アイフルのコンビニ返済の注意点!知らないと〇万円も損する!?

お金が必要で消費者金融でカードローンを申し込んだけど、毎月支払っているのに借入金が減らない…と悩んでいませんか?

毎月の返済金額は消費者金融側が決めるので、毎月支払っていれば借入残高は減っているはずです。それなのに、お金は減っても借入金が減らないのは、返済方法が原因かもしれません。

近くにコンビニがあるからと、コンビニのATMで返済していませんか?実は、コンビニでの返済は大損する返済方法です!今回は大手消費者金融のアイフルをコンビニで返済した場合の注意点について取り上げました。

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1833867?title=%E3%81%8A%E9%87%91%20ATM%E5%87%BA%E9%87%91)

ローンの基本的な用語や申し込みの流れについて

一般的な消費者金融での借り入れは、どのような手順でしょうか。何も知らないでお金を借りたら、いつの間に利息が増えて家計が大変…なんてこともありますので、基本的な知識を知っておきましょう。

カードローンとキャッシングローンって何が違うの?

ローンを申し込む時に聞くのはカードローンとキャッシングローン。違いを聞かれるとうまく説明できないですよね。2つの違いは次のようになります。

  • カードローン→審査で決まった金額の範囲内で何度でも借りられる
  • キャッシングローン→クレジットカードについているキャッシング機能を利用して借りる

カードローンの審査で例えば10万円と出たら、10万円までなら1万円でも5万円でも借りることが出来ます。ただし、当然ですが1度10万円を借りてしまったら返済するまで再び10万円を借りることはできません。

一般的にカードローンの方が借りられる金額が高額であることが多いようです。今回紹介するアイフルはカードローンになります。

カードローンを申し込んだ後の流れ

一般的にカードローンを申し込むと次のような流れで借り入れとなります。

  1. 申し込み(免許証などの本人確認の書類を提出します)
  2. 審査(この間に職場へ電話して在籍確認や、個人の携帯電話への確認連絡があります)
  3. 審査結果の連絡(ここで借り入れ出来る金額が決まります)

消費者金融は、この審査結果が早くでるので急ぎでお金が必要な人にとっては助かりますね。早い所では申し込んだ日に結果が出ます。

審査の基準

100万円が必要で申し込んだけど、結果は50万円だった…なんてことがあります。審査基準は金融機関によりバラつきはありますが、最低限お金を借りる時に判断される基準を知っておきましょう。

  1. 正社員で、収入が安定しているか
  2. 過去にクレジットカードまたは借金の支払いが遅れていないか
  3. 他の金融機関から借り入れをしていないか(銀行や住宅ローンは対象外です)

消費者金融は貸したお金の利息で利益を出しています。他の消費者金融から借りて返済する人なら、将来破産してお金が回収出来なくなる可能性があります。そうすると会社にとって損ですし、信用できないですよね…。

そのために個人の毎月返済できる能力や収入があるかを重点的に審査されるのです。

スポンサーリンク

アイフルってどんな会社?

さて、今回取り上げるアイフルですが、日本の3大消費者金融の1つです。(残り2つはプロミスとアコムです)どんな会社か知らなくても、企業名を聞いたことがある人は多いでしょう。

最近は、女優の大地真央が「愛はあるんか?」というセリフでインパクトがあるCMが流れていましたね。彼女が車掌になったり、アニメのコスプレしたCMが流れていて消費者金融のCMとは違っていますが…。

アイフルのカードローン申し込み方法

アイフルのカードローンは3通りの申し込み方法があります。営業時間外であれば、Webを利用した方が早いですね。

  1. Webから申し込み
  2. お店の窓口で申し込み
  3. 電話で申し込み

Webから申し込むと審査結果がメールか電話で連絡が来ます。そのあと必要書類(身分証明書など)を専用サイトから写真データで提出するので、近くにアイフルの店舗が無くても安心ですね。

窓口で申し込む場合は、身分証明書や収入を証明するもの(源泉徴収票)を持参する必要があるので、Webか電話で申し込んだ方が手間がかからないです。

審査に必要な書類は次の3つになります。基本的には免許証と源泉徴収票または確定申告書があれば確実です。

  1. 顔写真がついている身分証明書(例:運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード)
  2. 【1の記載住所と現住所が違う場合】1の書類+健康保険証、住民票、公共料金の領収書、年金手帳など
  3. 収入を証明できる書類(例:源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書)

ここで注意してほしいのが、住民票は発行日が申し込む日から6カ月以内公共料金の領収書は直近2回分が必要になります。また、収入を証明できる書類が給料明細だと、1年間のボーナス明細も必要になります。

スポンサーリンク

アイフルの返済方法は?

借り入れした後の悩みは毎月の返済です。少しでも利息がふくらまないようにしたいですよね!アイフルでは、5通りの返済方法があります。

アイフルの返済方法
  1. 銀行などの金融機関から振込
  2. アイフルの店舗に設置されているATMまたは窓口
  3. 全国の提携先ATM
  4. 全国の提携コンビニ
  5. 口座振替(指定口座から毎月自動引き落とし)

返済方法は多くて助かりますが、選択を間違うと利息に加えて、手数料の支払いで予想以上のお金を失うことになります。そのため、1円でも少なくなるように考えて支払必要がありますね。

アイフルの店舗であれば、手数料は無料ですが近くに店舗がないこともあります。そんな時はコンビニや提携ATMを利用することになるでしょう。

次からは、手数料がかかってしまうコンビニや提携ATMでの返済方法を説明していきます。

コンビニで返済する方法

コンビニでカードローンを返済する時は、次の2通りがあります。

  • コンビニに設置されている提携ATMで返済
  • FamiポートやLoppiを使用してレジで支払い(ローソン、ファミリーマート限定)

コンビニによっては、提携ATMが設置されていないこともあるので、その場合はローソンやファミリーマートのレジで支払になります。どちらも不可の場合は、提携ATMが設置されている場所を探すことになります。

スポンサーリンク

アイフルのコンビニ返済①コンビニにある提携ATMを利用する

アイフルでは、各金融機関と提携して借り入れ・返済が出来るようになっています。両方できるATMもあれば、借り入れしか出来ないATMもあるので、注意が必要です。

借り入れ・返済可能の提携ATM

借り入れ・返済可能の提携ATM
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • コンビニATM Enet

セブン銀行とローソン銀行は基本的にコンビニの店舗に設置されているので、安心して返済できます。イオン銀行は、ミニストップなどイオン系列のコンビニであれば見つかりますね。

提携ATMは上記以外に、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、親和銀行があります。

借り入れのみの提携ATM

提携ATMの中には、借り入れのみ出来るものがあります。そのため返済する時は、別の金融機関を探す必要があります。コンビニによっては、地方銀行のATMが設置してある所もありますね。

借り入れのみの提携ATM
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

利用手数料について

提携ATMが近所にあれば、わざわざ店舗に行かなくても借り入れ・返済が出来ますが、その代わりに手数料がかかります。手数料一覧は、どの提携ATMを使用しても共通の手数料になります。

画像出典:https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PF40H901

アイフルのコンビニ返済②LoppiやFamiポートで手続き

通販の代金支払や、コンビニでの荷物受け取りでLoppiやFamiポートを使ったことがある人は多いでしょう。LoppiやFamiポートの端末で返済手続きも出来ます。

注意してほしいのが、Loppi、Famiポートで返済する場合は7時~23時30分(支払の申し込み用紙発券は23時まで)限定のため、支払期日までに余裕がある時に利用した方が安全です

支払の手順は、Loppi、Famiポートの端末でアイフルを選択→返済金額を入力→発券された用紙をレジに持ち込み→支払となります。

また、先ほどの提携ATMに記載がある通り、取引するたびに手数料がかかるので返済回数を減らした方が良いでしょう。

アイフルのコンビニ返済➂アプリを使ってセブン銀行で返済

アイフルは公式アプリがあるんですね。このアプリを利用すると借り入れ金額の残高を確認したり、利用限度額を増やすことが出来ます。このアプリを使うメリットは、ローン専用カードを持参しなくてもいい点です

せっかくお金を準備したのに、肝心なカードを忘れてしまった…ということが起きたら嫌ですよね。アプリを使えば、カードを忘れても心配する必要がないので大変便利です。

アプリを使って返済する方法

公式アプリとセブン銀行のATMを使って返済する場合は、次の手順になります。

  1. アイフルの公式アプリにログイン
  2. 【スマホATMで返済】を選択
  3. セブン銀行のATMで【スマートフォンでの取引】を選択
  4. 公式アプリでATM画面に表示されたQRコード読み取り
  5. ATM画面に表示された企業番号と暗証番号を入力
  6. 返済金額を入力

(参考:https://www.aiful.co.jp/infoSpApp)

ただし、このアプリを使用する場合でも手数料はかかるので注意してください。

アイフルのコンビニ返済をシュミレーションで比べました

コンビニで返済すると手数料がかかることはわかるけど、実際はそんなにかからないでしょ?と思った方。実際に返済金額に手数料を合計して計算してみると、恐ろしい金額を支払うことになるんです…。

利息はどのように決まるのか?

手数料を計算する前に、利息はどのように計算されるかも合わせて知っておきましょう。利息は原則次のように算出されます。

利息の計算方法

利息=借りたお金の残額×契約年率÷365日×返済ごとの利用日数

契約年率は、お金を借りた時の年利と考えてください。例えば、借りた時の年利が18.0%なら、それが契約年率です。10万円借りて年利18.0%で1万円を返済する場合は、1回目の利息は次のようになります。

1回目に返済する利息

借りたお金の残額100,000円×年利18.0%÷365×利用日数31日=利息1,528円

返済金額は【毎月の返済金額10,000円-利息1,528円=8,472円】となります。2回目の借りたお金の残額は【借りたお金の残額100,000円-返済した金額8,472円=91,528円】ですね!

2回目の利息を計算する時は、次のようになります。3回目以降も同じで、借りた金額が違っても計算方法は一緒です。

2回目に返済する利息

借りたお金の残額91,528円×年利18.0%÷365×利用日数31日=利息1,399円

各消費者金融のサイトに返済シュミレーションがあるので、それで返済計画を立てても良いですが、どのような仕組みで利息を支払うことになるのか勉強しておきましょう。

シュミレーション設定について

今回は10万、50万、100万を借りた場合で次の設定でシュミレーションしました。返済金額はアイフルのシュミレーションで算出しています。

  • アイフルの返済シュミレーションで、借入金50万円まで年利18.0%100万円は年利15.0%で算出しています。年利がシュミレーションより低ければ、トータルで支払う金額は少なくなります。
  • コンビニの手数料は、返済金額が1万円の場合は108円、1万円を超す場合は216円で計算しています。
  • 遅延なく毎月返済した場合ですので、支払が遅れた場合は遅延損害金が加算されます。

①10万円を返済する場合(毎月1万円返済)

10万円借りて、毎月1万円返済と仮定すると、年利は18.0%となります。(利息は先ほど説明した式に当てはめると算出できます)

毎月1万円返済するので、コンビニ手数料は108円となります。返済金額は109,213円となりますが、これに手数料を足すとどうなるでしょうか?

返済金額109,213円+コンビニ手数料108円×11回=110,401円(コンビニ手数料1,188円)

②50万円を返済する場合(毎月2万円返済)

50万円借りて毎月2万円返済と仮定すると、年利は18.0%となります。(シュミレーションが縦長になるため、最初と最後のみ掲載します)

毎月2万円返済のため、コンビニ手数料は216円となります。返済金額631,743円に手数料を足すと…。

返済金額631,743円+コンビニ手数料216円×32回=638,655円(コンビニ手数料6,912円)

➂100万円を返済する場合(毎月3万円返済)

100万円借りて毎月3万円返済すると仮定すると、年利は15.0%となります。

毎月3万円を返済するので、コンビニ手数料は216円です。返済金額は1,320,297円となります。(利息だけで30万円というものすごい額になっています。)

返済金額1,320,297円+コンビニ手数料216円×44回=1,329,801円(コンビニ手数料9,504円)

10万、50万、100万でそれぞれコンビニ手数料を含めた返済金額をシュミレーションしましたが、返済回数が多くなるほど、手数料も利息同様に大きくなりますね。(利息だけでも恐ろしい金額です…)

(返済シュミレーション画像:https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PH10H010)

アイフルのコンビニ返済まとめ

今回は、アイフルのコンビニ決済について取り上げました。コンビニで返済できるのは便利ですが、手数料がかかってしまうので、返済方法を間違えるとトータルでとんでもない金額を支払うことになります。

カードローンは、余裕がある時に多めに返済して利息を減らすことが大切です。ただ、効率重視でコンビニ返済をするのか、支払金額を減らすために手数料無料のATMを探すかは、あなたの価値観によります。

現在毎月の返済で悩んでいる方や、これからお金を借りようとしている方へ参考までにシュミレーションをしました。

アイフルに限らず、他の消費者金融でも手軽にお金を借りられる反面、利息や手数料について頭に入れておかないと自分のお金が無くなってしまうので、注意しましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

シドニー1219

総合職→事務員→Webライター(予定)。全国の水族館に行くことが夢。特にペンギンがいるところなら、どこへでも行きたい。他にキックボクシングも修行中。映画が好きで、主にCuterest(芸能)で執筆中。