【おすすめキャッシングは?】返済シミュレーションもご紹介!

「ちょっと今月ピンチだな・・・次の給料までちょっと厳しいからキャッシングしてしのぐか・・」そんな人、実は多いのかもしれませんね。

でも、安易にキャッシングを続けると大変なことになってしまいます。今回は、人気のキャッシング企業のご紹介と返済のシミュレーションをご紹介していきます。

キャッシング地獄!?にならないためにもキャッシングのことをしっかり知っておきましょう!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/images/search/カード/?pagi=5)

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い とは?

まずは、「キャッシング」「カードローン」のことをお話します。あなたはきちんと理解していますか?

キャッシングとは、一般的にクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って、ATMやCDからお金を借りることです。返済方法は、翌月一括払いや残高スライドリボルビング払いで金利は高めです。

カードローンは、主に銀行やノンバンクが発行するカードを使って、ATMやCDで引き出す、または指定の金融機関の口座振込でお金を借りることです。

返済方法は、残高スライドリボルビング払いか毎月の分割払いが多く、金利はキャッシングに比べてやや低いのが一般的です。借りるにしても、きちんと比べてキャッシングしたいですよね。

スポンサーリンク

おすすめのキャッシングはどこ?

キャッシング可能は消費者金融や、銀行のカードローンでも行うことができますが、おすすめのキャッシングの方法はどの方法なのでしょうか?

「消費者金融」と「銀行のカードローン」の2つに特徴を紹介します。

消費者金融

あなたは、できるだけ審査や融資スピードが早いところを探していますか? それともできるだけ低金利のところですか?

審査や融資スピードを重視して、即日融資を希望する人は、消費者金融でキャッシングするのがおすすめです。

消費者金融は、審査スピードや融資スピードが早いため『今日中に借りたい!』という人にはおすすめ。その半面、金利が銀行カードローンよりも高めになっています。

銀行のカードローン

もしも、今すぐ借りる必要がなくできるだけ金利を抑えて借りたいなら、消費者金融ではなく銀行カードローンのキャッシングを利用する方が良いでしょう。

銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利設定になっているところがほとんどです。その代わり、審査が厳しく審査結果が出るのに数日かかることが多いです。

その点をよく理解したうえで上手に使いたいですね。次に消費者金融と銀行で、おすすめのキャッシングを紹介していきます。

【おすすめのキャッシング】アコムの返済シミュレーション

出典:https://www.acom.co.jp/p/lp/cashing/10/index.html?p1=prsg011&td_y=02&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&amp%3b&gclid=COKLqIzbiOMCFQTjvAodDMMObQ&gclsrc=ds

実質年率 3.0〜18.0%
限度額 1万円 ~ 800万円
審査回答時間 最短30分

アコムは初めての方なら、30日間無利息でキャッシングを利用することができます。借り入れから30日以内に完済できれば、利息0円で借り入れした分だけ返済すればいいんです。

またWEB完結で申し込み可能ですから、わざわざ来店しなくてもキャッシングすることができます。

返済シミュレーション

アイコムの貸付利率(実質年率)
アコムの貸付利率は3.00%~18.00%(実質年率)です。借り入れの極度額に応じて適用される貸付利率(実質年率)が決まりますので注意が必要です。
ご契約極度額 501万円~800万円 301万円~500万円 100万円~300万円 1万円~99万円
適用金利 3.0%~4.7% 4.7%~7.7% 7.7%~15.0% 7.7%~18.0%

30万円を借り入れた時の(貸付利率7.7%で計算)返済予定です。

30万円 返済期間 返済回数 各回返済金額 返済総額
1年以内 12回 27,000円 312,069円
2年以内 24回 14,000円 323,402円
3年以内 34回 10,000円 333,733円
4年以内 43回 8,000円 343,536円
5年以内 51回 7,000円 351,040円

 

アコムの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

【おすすめのキャッシング】プロミスの返済シミュレーション

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPA00Control?t=120000033&k=3730000018&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=100&utm_term=101

実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1万円~500万
審査回答時間 最短30分

大手消費者金融は、基本的に最高の年率が18.0%が多いのですが、プロミスは17.8%と他社と比較すると若干低めです。

借入限度額に応じて適用される実質年利が決まります。プロミスでも初めてプロミスを利用する方向けに「30日間無利息サービス」があります。

プロミスは、借入限度額が500万円までです。インターネットから契約すれば、来店不要で申し込みから借り入れまですることができますよ。

実質年利は審査を受けてみないとわかりません。4.5%の実質年利は500万の借り入れが条件ですし、低額をちょこちょこ借りるとなると実質年利は17.8%となり高めになるので注意が必要です。

返済シミュレーション

30万円を借り入れた時の(貸付利率17.8%で計算)返済予定です。

30万円 返済回数 返済回数 各回返済金額 返済総額
1年以内 12回 28,000円 329,160円
2年以内 24回 15,000円 358,508円
3年以内 36回 11.000円 387.289円

※プロミスでは30万の返済は3年内の36回までが最高期間でした。

プロミスの公式サイトはこちら

【おすすめのキャッシング】SMBCモビットの返済シミュレーション

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

実質年率 3.0%~18%
限度額 1万円~800万円
審査回答時間 最短30分

SMBCモビットは他社と比べると、審査が厳しいため40代前後の収入が安定している方にお勧めです!事実、40代前後の方からの人気が高いカードローンです。

社会(組合)保険証と指定の銀行口座があればWeb完結で契約できます。また、カードを使わずにスマホアプリでコンビニATMでお金が借りられるので便利ですよね。

返済シミュレーション

SMBCモビットの場合は借り入れ金額に応じて毎月の返済金額が自動的に決まります。下記のように借入金額に応じて毎月の返済金額が決まります。

実際に金額ごとにいくらずつ返してどれくらいの期間で返済できるか、その場合の利息や利息を含めた合計返済額をご紹介します。

それぞれ借り入れ金額を、貸付利率18.0%で計算した返済予定です。

借入金額 毎月の返済額 返済完了までの期間 元本と利息の合計返済額 利息分
1万 4,000円 3か月 10,275円 275円
2万 4,000円 6ヶ月 20.948円 948円
3万 4,000円 9か月 32,060円 2,060円
4万 4,000円 11か月 43,661円 3,661円
5万 4,000円 14か月 55778円 3,778円
10万 4,000円 32か月 126,260円 26,260円
20万 8,000円 32か月 252,540円 52,540円
30万 11,000円 36か月 344,683円 44,683円
40万 11,000円 53か月 582,494円 82,494円
50万 13,000円 56か月 751,057円 251,057円

ご自分の希望する金額の返済予定を知りたいなら、SMBCモビットの返済シュミレーションで確認してみましょう。

SMBCモビットの公式サイトページの「返済シミュレーション」より確認できます。

SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットは追加返済可能!

SMBCモビットは追加返済が可能です。追加返済とは、毎月の約定返済日ではない日にも、任意の金額を返済することです。「随時返済」「任意返済」「繰り上げ返済」などとも呼ばれます。

この追加返済で、返済期間を短くすれば利息が減り、返済総額も少なくできるわけです。「今月は割と余裕があるから多めに返済したい!」という時には追加返済するといいですね。

スポンサーリンク

【おすすめのキャッシング】レイクALSAの返済シミュレーション

出典:http://lakealsa.com/beginner/sp_appli.asp

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 1万~500万
審査回答期間 最短15秒

レイクALSAの最大の特徴としては、なんと言っても2種類の無利息サービスを用意しているという点です。いずれの無利息サービスも初めての人のみ利用できます。

「借入額全額30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」という2種類の無利息サービスがあります。必要なお金が5万円以下なら、180日間無利息サービスなんてお得ですよね。

申込みから借入れまでWebで最短60分融資も可能です。さらにWebなら最短15秒審査!お申込みは24時間365日受け付けていますから急なピンチにもありがたいですよね。

また、専用スマホアプリでカードレスでコンビニの提携ATMから借り入れができて便利です。

レイクALSAの2つの返済方式

レイクALSAの返済方法は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の種類の返済形式があります。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは、借入残高ごとに返済額が変化していく返済方式のことです

例えば、借入残高10万円までの返済額は月4,000円ですが、20万円になると月8,000円になるというように、残高の増減に併せて段階的に返済額も変化していきます。

このように残高スライドリボルビング方式は、「借入残高の増減にあわせて返済額が変動する」という特徴があります。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式は、利用残高に関係なく、契約額に応じた一定額を返済していく方式でのことです。

残高に関係なく返済額が固定されるため、契約額の範囲内で追加借入したとしても、返済する金額は一定です。

例えば、契約額が20万円で8,000円の返済額が設定されている場合、10万円のみの借入でも8,000円ずつ返済していきます。

つまり、契約額に対して借入額が少なければ、元金部分の返済も早く進むことになります。逆に契約額いっぱいまで借入した場合は、返済額に占める利息部分が多くなり返済は遅くなります。

返済シミュレーション

2種類の返済方法があるレイクALSAですが、ほとんどの人が「残高スライドリボルビング方式」を選びます。

  • 「元利定額リボルビング方式」は返済が長引きやすい。
  • 「元利定額リボルビング方式」は契約額に対し返済額が一定のため、「まだ借りても返済額は同じだから大丈夫」と長期借入になる危険性がある。
  • 多くのキャッシング会社が「残高スライドリボルビング方式」を採用しているため、知名度がある。

などの理由から「残高スライドリボルビング方式」の返済方法になるわけです。

レイクALSAの返済額一覧(残高スライドリボルビング方式)
借入残高 毎月の返済額 返済回数
1~10万 4,000円 36回以内
10万超~20万 8,000円 36回以内
20万超~30万 12,000円 36回以内
30万超~40万 13,000円 60回以内
40万超~50万 14,000円 60回以内
50万超~60万 16,000円 60回以内
60万超~70万 19,000円 60回以内
70万超~80万 21,000円 60回以内
80万超~90万 24,000円 60回以内
90万超~100万未満 27,000円 60回以内

残高スライドリボルビング方式の場合、上記表のとおり借入残高ごとに返済額が規定されています。

レイクALSAの返済額一覧(元利定額リボルビング方式)
契約額 毎月の最低返済額/返済回数
20万 8,000円/36回まで
10万 4,000円/36回まで

元利定額リボルビング方式の場合、契約額によって最低返済額が設定されています。借入残高が増減しても毎月の返済額は変化しませんので、一定額を完済するまで返済し続けていくことになります。

20万円の時には8,000円ですが、返済を続けて残高が10万になると毎月4,000円の支払いになり月々の負担がぐっと軽くなります。

ご自身にあった返済方法を確認するなら、「ご返済シミュレーション」にて確認ください。

レイクALSAの公式サイトはこちら

【おすすめのキャッシング】アイフルの返済シミュレーション

出典:https://www.aiful.co.jp/

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万~800万
審査回答期間 最短30分

大手のアイフルだからこそ、「審査スピード」と「融資スピード」が魅力のキャッシングを提供しています。

審査は最短30分で完了、融資も最短即日で可能です。今すぐ借りたい人には、アイフルのキャッシングがおすすめです。

またアイフルでも、初めて利用する人に嬉しい最大30日間無利息サービスを利用することができるのでお得に借入することができます。

返済シミュレーション

アイフルの返済方式は、毎月25日などの一定日に返済する約定日制と、返済日の翌日から35日後が次回返済日となるサイクル制があります。

今回は前者「約定日制」の返済方法で30万返済を、借入利率を年18.0%で設定した場合のシミュレーションをご紹介します。

回数 返済額(円) うち元金(円) うち利息(円) 借入残高(円)
1 11,000 6,500 4,500 293,500
2 11,000 6,598 4,402 286,902
3 11,000 6,697 4,303 280,205
4 11,000 6,797 4,203 273,408
5 11,000 6,899 4,101 266,509
6 11,000 7,003 3,997 259,506
7 11,000 7,108 3,892 252,398
8 11,000 7,215 3,785 245,183
9 11,000 7,323 3,677 237,860
10 11,000 7,433 3,567 230,427
11 11,000 7,544 3,456 222,883
12 11,000 7,657 3,343 215,226
13 11,000 7,772 3,228 207,454
14 11,000 7,889 3,111 199,565
15 11,000 8,007 2,993 191,558
16 11,000 8,127 2,873 183,431
17 11,000 8,249 2,751 175,182
18 11,000 8,373 2,627 166,809
19 11,000 8,498 2,502 158,311
20 11,000 8,626 2,374 149,685
21 11,000 8,755 2,245 140,930
22 11,000 8,887 2,113 132,043
23 11,000 9,020 1,980 123,023
24 11,000 9,155 1,845 113,868
25 11,000 9,292 1,708 104,576
26 11,000 9,432 1,568 95,144
27 11,000 9,573 1,427 85,571
28 11,000 9,717 1,283 75,854
29 11,000 9,863 1,137 65,991
30 11,000 10,011 989 55,980
31 11,000 10,161 839 45,819
32 11,000 10,313 687 35,506
33 11,000 10,468 532 25,038
34 11,000 10,625 375 14,413
35 11,000 10,784 216 3,629
36 3,683 3,629 54 0
累計 388,683 300,000 88,683 0

アイフルの公式サイトはこちら

銀行のカードローンとは?

銀行カードローンの魅力は、やはり消費者金融と比較すると金利が低いということですよね。また「銀行」ですから、信用性が高いのは当たり前ですよね。

銀行カードローンは、基本的に低金利でキャッシングできるのですが、その分審査・融資に若干時間がかかるところがほとんどです。

ですから急ぎではなく余裕がある人なら、消費者金融よりも銀行カードローンでキャッシングする方がいいでしょう。

おすすめの銀行カードローンのキャッシング

おすすめな銀行カードローンのご紹介と返済のシミュレーションをご紹介していきます。

住信SBIネット銀行 MR.カードローン

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lp/cardloan/main/index_b01.html

実質年率 2.0%~14.0%
限度額 10万~800万

住信SBIネット銀行の『MR.カードローン』のご紹介です。その魅力はやはり低金利。上限金利は、年14.79%と銀行カードローンとしては平均的ですが、下限金利は年1.59%とかなり低金利設定です。

さらに利用限度額も最高1,200万円と高額融資に対応しています。高額を借入したいという人にはおすすめの銀行カードローンです。

しかし、初めてでいきなり年1.59%で利用限度額1,200万円が適用されたりしませんから、継続的にキャッシング利用することを検討されている方であればおすすめです。

MR.カードローンの公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローン

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/special/loan_card_13.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=ca_(yahoo-cpc)_cardloan_0054144&utm_term=e_%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%BB%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3&yclid=YSS.EAIaIQobChMIsJj3ieWI4wIVUg4rCh0krgNuEAAYASAAEgKKyvD_BwE

実質年率 2.0%~14.0%
限度額 10万~800万

みずほ銀行カードローンは、何と言ってもメガバンクという大きな信頼性ですよね。初めての人でも安心して借入審査に申し込みできると思います。さらに金利が年2.0%~年14.0%と低金利なのも嬉しいです。

金利にこだわる人は、消費者金融よりもみずほ銀行カードローンがおすすめです。利用限度額は、10万円~800万円と少額融資から高額融資まで対応しています。

また、みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座があれば、WEB完結での申込が可能です。WEB完結なら、24時間いつでも申込が可能な上、店舗などに足を運ぶ必要がありません。

みずほ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソン、E-netのATMでなら、借入・返済時のATM利用手数料が無料です。無料とは嬉しいですよね。

みずほ銀行公式サイトはこちら

じぶん銀行カードローン

出典:https://www.jibunbank.co.jp/products/loan/

実質年率 2.1%~17.4%
限度額 10万~800万

じぶん銀行カードローンは、三菱UFJ銀行と大手キャリアauを運営しているKDDIの共同出資で生まれたネットバンクのカードローンです。

最大のメリットは、auユーザーなら金利を優遇してもらえる点です。金利2.2%~17.5%のところ、auユーザーなら年0.5%の金利が優遇され申し込みもスムーズです

提携しているATMが多く、利用時間・利用回数に関わらず手数料が必要ないのも、いざという時にも使いやすいです。

しかし、少額融資の場合は金利が高く設定されています。消費者金融とあまり変わらないのがデメリットと言えます。auスマホを使用していて高額融資を考えているならおすすめです。

じぶん銀行公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローン

出典:http://www7.smbc.co.jp/indexD.html?aff=aan5pb040647&um=cpc&us=pc_b0001&kwd-332337748044_300826545240_

実質年率 4.0%~14.5%
限度額 10万~800万

三井住友銀行は、メガバンクの一つに数えられる大手銀行です。大きな信頼感があります。初めてキャッシングサービスを利用するのは不安もあると思いますが、メガバンクの三井住友銀行カードローンなら安心です。

金利年4.0%~年14.5%という低金利で、利用限度額も最高800万円。三井住友銀行はローン契約機が設置されているので、ローン契約機を利用すれば銀行口座がなくても審査や融資を受けられます。

全国の三井住友銀行ATMや提携ATMを利用できるため、借入・返済もスムーズにできます。

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら

銀行のキャッシングカードローン返済シミュレーション

どこの銀行のカードローンを選ぶべきか?

実は、銀行のキャッシングカードローンで一番大事なのは、各カードローン会社の、自分が利用する金額の金利について調べることです。ただ注意が必要です。

気を付けなけらばいけないのは、最低金利と最高金利についてです。Aブラン➡年利4.5~18.0%。Bプラン➡年利5.0~16.0%。最低金利だけを比較すれば、Aの方が金利が低くてお得なようですよね。しかし、年利4.5%が適用されるのは利用可能額300万円以上の人であり、本人の利用可能額は50万円という場合は低いとは言えません。

高額借り入れの予定がないのに最低金利を見ても意味がありませんよね。小口借入を希望なら、最高金利で比較した方が賢い選び方と言えます。最高金利で見るとBの方が低いため小口借り入れならBの方がお得ですよね。

金利を比較するなら利用する金額に合わせて選ぶこと!

金利だけ見ても実際の利息、返済総額についてはわかりにくいですが、返済シミュレーションを利用すれば、利息、返済総額、返済期間などが分かります。シミュレーションをしてみるとイメージと違うこともあります。

シミレーションをしてみることで、返済計画を立てやすくなりますよね。年率が借入金額で細かく分かれている銀行のカードローンは、各カードローン会社の公式サイトで調べることができます。

ご自分の希望している、借入希望金額を入力することで返済のシミュレーションを見てみましょう。じっくり考えるのであれば比較してみることが大事です。

まとめ

消費者金融と銀行のカードローンのキャッシングについてお話してきました。急な出費で早急に少額借りたい!というなら、金利が高めでも、審査が早い消費者金融のキャッシングの方がいいでしょう。

少し時間があり、少額ではなくある程度まとまった金額の借り入れが希望なら、金利の低い銀行のカードローンの方がお得です。ご自身の借入額や状況に応じて自然とキャッシング先は決まるでしょう。

ただ、どちらにしても計画的に借り入れるようにしましょう。お金が足りないからとキャッシングし続けると自転車操業になってしまい、返済できない!なんてことになりかねません。

あくまで、借金だと言うことを念頭に置いてきちんと返済できる範囲で借りるよう心掛けてください。